今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ストレスへの対処行動のパターン

 

 

ストレスへの対処行動のパターン
 
について、見ていくことにしましょう。

 

 

ストレスが溜まってきたと実感した場合、

 

ストレスに対処する行動としましては、

 

次のようなパターンがあります。

 

 

(1)問題解決型

 

この対処行動は、ストレスの原因となる

 

問題を解決することによって、

 

ストレスそのものを解消させようと

 

いうものです。

 

この方法で解決できれば、

 

ストレスの原因そのものを取り除くことが

 

できるので、もっとも好ましい解決法です。

 

 

(2)情動処理型

 

この対処行動は、ストレスによる

 

つらさや怒り、悲しみなどの情動を

 

親しい友人や周囲の人などに

 

話して聞いてもらい、

 

心の中から発散してストレスを

 

失くそうという方法です。

 

しかしながら、ストレスの根本原因は

 

残ったままですので、

 

繰り返し、同じ状況にいたります。

 

 

(3)認知的処理型

 

この対処行動は、ストレスの原因となる

 

問題を客観視して、遠くから眺めることで、

 

問題の小ささを実感して、心理的負担を

 

取り除くという方法です。

 

ストレスの原因から距離を置くことで、

 

ストレスを軽減することができます。

 

しかしながら、ストレスの原因が

 

あまりにも巨大であると、

 

客観視すればするほど、

 

逆にストレスが増大してしまうことも

 

あります。

 

 

(4)社会的支援型

 

国や地方の機関、

 

民間の心理的な機関、

 

さらには、友人、家族、

 

カウンセラーなどに助けを求めて、

 

支援してもらうという方法です。

 

自分ひとりでは解決できなかった

 

ストレスの原因も、この方法で

 

専門家に支援してもらうことで、

 

あっけなく解決してしまうことがあります。

 

したがいまして、非常に有効な方法と

 

なります。

 

 

基本的に、ストレスに対処する場合は、

 

上記の(1)~(4)のどれかの方法を

 

使うことになります。

 

 

まず、最初にやってほしいのは、
 
(1)の方法により

 

ストレスの原因となる問題を

 

解決してしまうことです。

 

 

(1)の方法で解決してしまうことができれば、

 

もっともシンプルに、問題を解決して

 

ストレスとサヨナラすることができます。

 

 

しかしながら、(1)の方法では

 

解決できない場合は、

 

(4)の方法にて、他者や心理的な機関に
 
支援を求めてください。
 

 

専門家に任せることで、

 

あっけなく解決することが多いからです。

 

 

ただし、すぐには問題が解決しない場合も多く、

 

解決までには時間がかかることがありますから、

 

それまでの間は、(2)の方法で、
 
一時的にストレス発散をおこない、

 

しのいでいってください。

 

 

そして、(3)の方法で、
 
ストレスとなる問題を客観視することで、

 

ストレスの軽減を図ってください。

 

 

まとめますと、

 

まずは(1)の問題解決を試み

 

無理な場合は、(2)のストレス発散と
 
(3)の客観視によるストレス軽減を

 

おこないながら、

 

(4)の他者や心理的機関に相談して
 
支援を受けるとよいのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

カタルシス効果でイライラを解消する
いろいろなストレス解消法
病気のことをいつも考えていたら病気になる
ストレスは必ずしも悪者ではない
笑うと健康になる
涙はストレス物質を取り除く
ストレスを予防する方法
思い込みはストレスを誘発する
心臓病になりやすい人の心理
いい人になり過ぎないように注意する
感情的な人はストレスに強い
頑固な人は変化のストレスに非常に弱い
完璧主義者はストレスがたくさん溜まる
嫌なら嫌と断ってもいい
本音を話せる友人や家族を大切にしよう
欠点をさらけ出すと楽になれる
パニック障害の症状と原因
パニック障害を克服する方法
うつ病の主な症状
うつ病を改善する方法
うつ病の人に「頑張って」は禁句
燃え尽き症候群は重度の心の病
同じ作業を長く続けると心に負担がかかる
楽しいと食が進み悲しいと食欲がなくなる
食事中にケンカすると消化が悪くなる
恐れたり心配してばかりだと腎臓を患ってしまう
食べ物と考え方を正せば、ほとんどの病気は治っていく
心配性は本当は病気の範疇に入れてもいい
健康を大切にすれば健康が残る
素直に自分を表現できる人はストレスに強い
「私は満ち足りている」とイメージして、うつを解消する
ストレス解消にとてもよく効くレモン健康法
マイペースで楽観的な人はストレスに強い
自分が好きでリラックスしている人はストレスに強い
男性より女性が便秘になりやすい心理的な理由
腹が立ったことを紙に書くと心が癒される
いつも音楽を聴いている人は鬱病になりにくい
頭を使いまくると痩せるのでダイエットに使える
「私は超健康体になった」とイメージすると本当に健康になる
コーピングを使ってストレスを撃退する
心に太陽を思い浮かべるとウツや落ち込んだ心が解消される
会うだけで体調が悪くなる人からは距離を置く
体のメンテナンスは魂にとっての大切な学びである
風邪をひく時は必ず精神的にも弱っている時である
アレルギーを持っている人は徹底的に拒絶する性格である
完璧主義者で極端な性格の人はリウマチになりやすい
身体を大事にすることは神様への最低限のマナー
健康になりたければ、とにかく飲食物に気をつける
マインドフルネスを使ってストレスを解消する
胃腸がおかしい時はヨーグルトを400~450g毎日食べる
吃音(きつおん)は精神的ストレスや不安に影響される
強いストレス、恐怖、不安、心配は熟睡を妨げる

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学