今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


「私は超健康体になった」とイメージすると本当に健康になる

 

 

「私は超健康体になった」と

 

イメージすると本当に健康になる

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

そして、鏡の法則とは、

 

いつも頭で思っていることが、

 

現実化するという法則です。

 

 

引き寄せの法則とも、

 

原因と結果の法則とも

 

呼ばれております。

 

 

したがいまして、

 

いつも頭の中で、

 

超健康体になった自分を

 

映像化し、イメージしていると、

 

鏡の法則の作用により、

 

本当に健康になります。

 

 

もちろん、魔法のように、

 

すぐにぱっと健康になる

 

のではありません。

 

 

そうではなくて、

 

頭の中でいつも

 

イメージすることで、

 

健康になるには

 

何をすればいいかが

 

インスピレーションとして

 

湧き上がるようになり、

 

健康になるために

 

必要なことを

 

どうしてもしたくなる

 

衝動が湧き上がるのです。

 

 

たとえば、アレルギーで

 

悩んでいたのなら、

 

超健康体になるイメージを

 

持ち続けることで、

 

なぜか、亜麻仁油と

 

トランス脂肪酸に興味が湧き、

 

亜麻仁油について

 

調べてみると、

 

アレルギーに効果があり、

 

トランス脂肪酸を調べると、

 

アレルギーを引き起こす

 

危険な油であることが

 

分かるというように、

 

つながっていくです。

 

 

そして、亜麻仁油をどうしても

 

摂取したくなって、

 

早速、購入して試し始めます。

 

 

さらには、トランス脂肪酸を含む
 
マーガリンや熱した植物油などの

 

食物の摂取を厳しく制限し、

 

徹底的に食事療法を

 

おこないたくなって、

 

実践することになります。

 

 

その結果、アレルギーが

 

どんどん良くなっていくという

 

流れになります。

 

 

実際のところ、アレルギーには

 

亜麻仁油が非常に効果があり、

 

アトピー性皮膚炎なども

 

亜麻仁油で改善します。

 

 

また、トランス脂肪酸が

 

アトピー性皮膚炎の原因の

 

一つであることも

 

分かってきています。

 

 

アメリカでは危険な油として

 

トランス脂肪酸は使用を

 

禁止されております。

 

 

いずれにしましても、

 

頭の中で健康な自分を

 

イメージし続ければ、

 

どうすれば健康になれるか

 

必要なことが

 

インスピレーションと

 

衝動として湧いてくるので、

 

そのとおりに行動すれば、

 

結果的に本当に

 

健康になれるということです。

 

 

ちなみに、イメージする時は、

 

過去形で思うと効果が高いです。

 

 

「健康になりたい!」

 

という考え方ではいけません。

 

 

それでは、ただの欲求であり、

 

健康になりたいという

 

状況を作り出してしまうので、

 

いつまでたっても

 

健康にはなれません。

 

 

そうではなくて、

 

「すでに健康になった!」と

 

過去形で考えるです。

 

 

そうすると、潜在意識は

 

健康になった状態を

 

現実化しようとするので、

 

本当に健康になれるのです。

 

 

以上、

 

「私は超健康体になった」

 

とイメージすると

 

本当に健康になる

 

というお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

カタルシス効果でイライラを解消する
いろいろなストレス解消法
病気のことをいつも考えていたら病気になる
ストレスは必ずしも悪者ではない
笑うと健康になる
ストレスへの対処行動のパターン
涙はストレス物質を取り除く
ストレスを予防する方法
思い込みはストレスを誘発する
心臓病になりやすい人の心理
いい人になり過ぎないように注意する
感情的な人はストレスに強い
頑固な人は変化のストレスに非常に弱い
完璧主義者はストレスがたくさん溜まる
嫌なら嫌と断ってもいい
本音を話せる友人や家族を大切にしよう
欠点をさらけ出すと楽になれる
パニック障害の症状と原因
パニック障害を克服する方法
うつ病の主な症状
うつ病を改善する方法
うつ病の人に「頑張って」は禁句
燃え尽き症候群は重度の心の病
同じ作業を長く続けると心に負担がかかる
楽しいと食が進み悲しいと食欲がなくなる
食事中にケンカすると消化が悪くなる
恐れたり心配してばかりだと腎臓を患ってしまう
食べ物と考え方を正せば、ほとんどの病気は治っていく
心配性は本当は病気の範疇に入れてもいい
健康を大切にすれば健康が残る
素直に自分を表現できる人はストレスに強い
「私は満ち足りている」とイメージして、うつを解消する
ストレス解消にとてもよく効くレモン健康法
マイペースで楽観的な人はストレスに強い
自分が好きでリラックスしている人はストレスに強い
男性より女性が便秘になりやすい心理的な理由
腹が立ったことを紙に書くと心が癒される
いつも音楽を聴いている人は鬱病になりにくい
頭を使いまくると痩せるのでダイエットに使える
コーピングを使ってストレスを撃退する
心に太陽を思い浮かべるとウツや落ち込んだ心が解消される
会うだけで体調が悪くなる人からは距離を置く
体のメンテナンスは魂にとっての大切な学びである
風邪をひく時は必ず精神的にも弱っている時である
アレルギーを持っている人は徹底的に拒絶する性格である
完璧主義者で極端な性格の人はリウマチになりやすい
身体を大事にすることは神様への最低限のマナー
健康になりたければ、とにかく飲食物に気をつける
マインドフルネスを使ってストレスを解消する
胃腸がおかしい時はヨーグルトを400~450g毎日食べる
吃音(きつおん)は精神的ストレスや不安に影響される

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学