今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ピンク色が心理に与える効果

 

 

ピンク色が心理に与える効果について、

 

見ていきましょう。

 

 

ピンク色は、愛情と思いやり、甘えや優しさ

 

美しさと若さを司るカラーです。

 

 

また、ピンク色と言えば、かわいいとか、

 

女性について表現されている色でもあり、

 

女性ホルモンの分泌を促す色と

 

言われています。

 

 

ピンクと言うと、夜のネオン街を想像する人

 

いるかもしれませんが、それは、

 

女性についてのイメージカラーと

 

なっているからです。

 

 

なお、ピンク色を使用することで、

 

交感神経や脳に刺激を与えたり

 

血の巡りを良くすることもできると

 

言われています。

 

 

さらには、愛情と思いやりの心理を
 
引き起こす色ですので、

 

ピンク色をあらゆる面で使用することで、

 

争いのない平和な

 

環境の実現も可能となってきます。

 

 

したがいまして、

 

愛と平和をかかげるならば、

 

ピンク色の服装で出かけていくのが

 

いいですね。

 

まさに、ラブ&ピースです。

 

 

林家ペー&パーさんのピンク色の服装も、

 

愛と平和をかかげているようです。

 

たぶん・・・。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学