今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


作り笑いをおこなうと実際に楽しい気分になる

 

 

作り笑いをおこなうと実際に楽しい気分になる

 

ということについて、紹介していきます。

 

 

普通、楽しい気分になると、
 
自然に顔に笑いが出てきますよね。
 

 

では、逆に、顔の筋肉を動かして、

 

作り笑いをおこなうと、

 

楽しい気分になるのでしょうか。

 

 

実は、トムキンスという心理学者が、

 

顔の表情筋の顔面フィードバック仮説

 

というものをたてており、

 

顔の表情筋を動かすことによって、

 

脳にその信号がフィードバックされて、

 

気持ちにも変化が現れるだろう

 

という仮説です。

 

 

また、ストラックという心理学者は、

 

歯でペンをくわえて漫画を読むと、

 

唇でペンをはさんで漫画を読んだ時よりも、

 

はるかに楽しい気分になることを

 

実験で証明しました。

 

 

唇でペンをはさむと、

 

真面目な顔になりますが、

 

歯でペンをくわえると、
 
強制的に笑顔になりますよね。
 

 

そして、笑顔にすると、

 

楽しい気分が増加することが

 

分かったということです。

 

 

したがいまして、作り笑いは、
 
楽しい気分を引き起こし、

 

本当の笑いに変わっていく

 

ということなのです。

 

 

ですから、悲しい時、つらい時ほど、
 
笑うといいというのは、

 

迷信やウソではなく、

 

本当に効果があるとお考えください。

 

 

このようなことから、

 

しかめっ面をして、
 
いつも真面目な顔をしている人は、

 

いつも笑顔でいるように

 

心がけている人と比較すると、

 

人生において、とても損をしている

 

ということになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

あなたもぜひ、悲しい時こそ笑い、
 
つらい時こそ笑顔になるようにして、

 

人生の逆境を乗り越えてほしいと

 

思います。

 

 

また、多くの成功者が、
 
いつも鏡を見て、
 
笑顔の練習をしているということを

 

ご存知でしたでしょうか。

 

 

笑顔は、自分の気分を楽しく

 

させてくれるだけではなく、

 

出会った相手の気持ちも明るくし、
 
好感を持ってもらえる武器なのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学