今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


満員電車でイライラするのは縄張り意識が原因

 

 

満員電車でイライラするのは縄張り意識が原因

 

ということについて、解説していきます。

 

 

満員電車に乗ると、非常にイライラ感が募り、

 

別に他の人が自分に対して、

 

ちょっかいをかけてくるわけでもないのに、

 

だんだん腹が立ってきます。

 

 

そして、音楽を聴いている音が

 

ちょっとでも漏れてきたり、

 

ペラペラと話している声や

 

笑い声を聞くだけでも、

 

非常に不快感がアップしていきます。

 

 

これはなぜかと言いますと、

 

縄張り意識が関係しており、

 

他者の縄張りに無理やり
 
引き込まれたと感じるからです。

 

 

電車内で音楽を聴いたり、

 

物をどんと置いたり、化粧をしたり、

 

周囲を気にせず大声で話をして

 

笑ったりするのは、実は、

 

本能的に、ここはオレの縄張りだと
 
主張しているということなのです。

 

 

周囲にこのような縄張りを

 

主張する人間がおりますと、

 

相手の縄張りに入ってしまったので、
 
すぐにそこから出たくなります。

 

 

しかし、満員電車のため、

 

すぐにそこから出て行くこともできず、

 

身動きすらできない状態なので、
 
イライラは最高潮に達するのです。

 

 

ですので、満員電車は
 
イライラするものだと割り切って、

 

できるだけ時間をずらして

 

乗車するなどの工夫がほしいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ