今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ピカソの絵の良さが分かるには目の訓練が必要

 

 

ピカソの絵の良さが分かるには
 
目の訓練が必要ということについて、

 

解説していきます。

 

 

初めて、ピカソの絵を見た時、

 

はっきり言いまして、

 

何なのか分かりませんし、

 

グチャグチャですので、

 

意味が分かりません。

 

 

どこがいいのか理解できませんし、

 

どこに価値があるのかも
 
理解できません。

 

 

しかしながら、

 

何度も何度も見ることによって、

 

その美しさや素晴らしさが
 
分かるようになってきます。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

最初は、頭の中に、

 

ピカソの絵の美しさを判断する
 
回路がないため、

 

何度も見ることで、

 

脳内の回路を作っていく必要が

 

あるのです。

 

 

ピカソの絵そのものは美しいのですが、

 

それを見る側の脳が、
 
追いついていないのです。

 

 

したがいまして、ピカソに限らず、

 

本当に良いもの、素晴らしいもの、

 

美しいものを認識できるように

 

なりたいのであれば、

 

何度も何度も繰り返し、
 
接するようにするといいのです。

 

 

たとえば、骨董品を鑑定する
 
職業についている人は、

 

いつも素晴らしいもの、

 

美しいものを見るようにして、

 

目を養うようにしています。

 

 

これは、いつも素晴らしいもの、

 

美しいものを見ることで、

 

脳内に、それを判断できる
 
回路を作っているのです。

 

 

そうすることによって、

 

骨董品の価値が分かりますし、

 

本物か、ニセモノかの区別も
 
つくようになってくるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学