今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


無能力に対する劣等感が問題行動の原因

 
 
無能力に対する劣等感が問題行動の
 
原因であるということについて、

 

解説していきます。

 

 

アドラー心理学では、

 

子供は無能力について劣等感を持っている

 

と言っています。

 

 

もちろん、子供のうちは、
 
自分で問題解決ができず、

 

自分一人ではやれないことが多いので、

 

自然と劣等感を持つようになります。

 

 

これは、子供であるがゆえに
 
感じる劣等感ですから、

 

例外なく、全ての子供が

 

持っているものです。

 

 

そのため、大人に対する
 
そのような劣等感があるために、

 

いろんな問題行動を

 

起こすようになります。

 

 

たとえば、いじめや家庭内暴力、
 
無免許運転や喫煙、

 

パチンコやお酒を飲むなどです。

 

 

そして、なぜ、

 

そのような問題行動を
 
起こすかと言いますと、

 

子供が持っている大人に対する

 

劣等感の裏返しなのです。

 

 

少しでも大人に近づいて、

 

劣等感を解消しようとするために、

 

喫煙したり、パチンコに行ったり、
 
お酒を飲んで大人の真似をしてみたり、

 

無免許で自動車やバイクを乗り回して

 

自分の力を誇示したりするのです。

 

 

このように、子供達の問題行動の多くは、

 

大人に対する無能力が引き起こす
 
劣等感であるということを

 

まずは、認識していただきたいと思います。

 

 

そして、必要なことは、常日頃から、
 
子供に勇気づけをおこなって、

 

自分自身で問題解決できたという

 

成功体験を数多く体験させるように

 

してあげてください。

 

 

また、常日頃から、

 

子供に「君ならできる!」とか、

 

「あなたなら解決できる」といった

 

勇気づけの言葉を

 

かけてあげるようにしてください。

 

 

そのように、常日頃から

 

勇気づけされている子供達は、

 

日々、自分が問題解決できるという
 
自信が積み重なってきますから、

 

子供であることに対する劣等感も薄れ、

 

問題行動など、

 

微塵もおこなさなくなるのです。

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

アルフレッド・アドラーという人物の経歴
人生の意味は自分で決める
嫌われる勇気を持つ大切さ
教育では勇気づけることが大切
問題行動の目的は大人の注目を引くこと
子育てでは原因より目的が大切
子供の問題解決能力を信じて見守ること
子供に結末を体験させる重要性
子供の課題を親がやらないこと
あなたは今したいことをしているか
他人の目を気にするな
人生はシンプルなものである
できるだけ子供には自分で判断させる
失敗を恐れないことが何よりも大切
他者のために生きているのではない
自分に価値があると思えた時だけ勇気が持てる
自分を好きにならない限り幸福にはなれない
自分の内なる声に従う勇気を持とう
人間の悩みは全て対人関係の悩みである
まず目的があり手段が考え出される
人から幸福と見られるだけでは意味がない
与えられているものをどう使うかが重要
親の期待を満たす必要はないことを再認識する
進路、結婚相手、職業の選択は子供自身の課題
自分の価値は他者への貢献によって得られる
人生の課題から逃げていては幸福にはなれない
理由なくデートに遅れる相手と結婚してはならない
劣等感は課題から逃げるための単なる口実
甘やかしとは子供の課題を親がやってしまうこと
自分の課題は自分で行い助けが必要な時だけ頼る
親に結婚を反対されても知ったことではない
競争しない生き方をする
好きなことに対する努力は努力とは言わない
自分が正しいと信じたことを言う責任を取ろう
病気をすると世界への見方が大きく変わる
あらゆる関係は対等でなければならない
分業は男女に分かれていることから始まった
世界は危険に満ちていると考えすぎないこと
人間関係では共感する能力が大切である
ありのままの自分でいること
本当に自分を生きれば嫌われることもある
人生の快適さと不快さを共に受け入れること
自分を違う角度から見てみることも大切
人間誰しも一人では生きられない
人生最後の試練は加齢と死を恐れることである

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ