今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


子供を叱ると怒るの違い

 

 

子供を叱るのと、怒ることの違いについて

 

解説していきます。

 

 

子供を育てるためには、
 
叱ることが大切です

 

 

なぜなら、子供は善悪の区別が

 

まだできていないため、

 

何が悪いのか、何が良いのか、

 

分からないからです。

 

 

したがいまして、

 

叱ってもらえないで大きくなると、

 

悪いことを悪いと感じずに、
 
平気でやってしまう大人になります

 

 

そうなると、いろんなところで
 
イザコザが起こったり

 

常識のないやつだと言われて、

 

敬遠されたり嫌われたりして、

 

社会生活をうまく進めて

 

いけなくなります。

 

 

ですから、しっかりと叱ってあげるのは、
 
親の義務であり、責任でもあります。

 

 

しかしながら、叱るのではなく、

 

感情に任せて怒る親が

 

あまりにも多いです。

 

 

感情に任せて怒ってばかりいると

 

子供は心に傷が残り、

 

人間に対する不信感と恐怖感を

 

抱くようになります。

 

 

そして、親の顔色をうかがい、
 
恐怖の中で生活するように
 
なってしまうのです。

 

 

そりゃそうです。

 

意味も分からないことで

 

ガミガミ怒鳴られるのですから。

 

 

このような場合、

 

大きくなって力がついてくると、

 

これまでの恨みとばかりに
 
一気に親に反抗しだし

 

家庭内暴力で親を傷つけたり、

 

非行に走って警察のお世話になる

 

こともあります。

 

 

叱るのと、怒るのでは、
 
明確に違います

 

 

このことに、まずは

 

気付いてください。

 

 

叱るとは、感情的ではなく冷静に、

 

やってはいけないことを

 

子供に教えてあげることです。

 

 

ここには、子供にきちんとした
 
大人になってほしいという

 

親からの強い愛情が含まれています。

 

 

しかしながら、怒るのは、
 
ただ単に腹が立つから

 

むしゃくしゃするから、

 

感情に任せて怒鳴り散らし、

 

子供に対して手をあげてしまったり

 

するのです。

 

 

そして、腹が立つ原因も、
 
親自身が仕事がうまくいってなくて

 

イライラしていたり、

 

人間関係でつまずいていたりして、

 

親自身の問題で発生したイライラを、

 

子供に八つ当たりしていることが

 

ほとんどです。

 

 

感情に任せて怒るのは、
 
ただ腹が立つから怒るだけであり、

 

そこに、子供にきちんとした

 

大人になってほしいので

 

教育しようという愛情は

 

含まれていません。

 

 

また、感情に任せて怒ることが

 

過剰になってくると、

 

ヒステリーであったり、
 
虐待やDV(ドメスティックバイオレンス)に

 

発展してしまいます。

 

 

感情に任せて怒ることは、

 

その動機そのものが、

 

ヒステリーや虐待、DVと
 
同じ次元にあるのです

 

 

ですから、叱ると怒るを明確に区別し

 

子供がやってはいけないことをしたら、

 

その場ですぐに、

 

「こんなことはやってはいけません!」と

 

きちんと叱るようにしましょう。

 

 

きちんと叱ってあげれば、

 

その場の雰囲気で、
 
自分のためを思って言ってくれていると
 
子供は理解しますし、

 

悪いことは悪いときちんと

 

認識してくれます。

 

 

逆に、感情に任せて
 
怒ってばかりの状態には

 

くれぐれも陥らないでください。

 

 

ヒステリーや暴力が出てきたら、

 

危険信号です。

 

 

そして、感情に任せて

 

怒っているだけなのに、

 

これは躾なんだ!」とか、

 

子供のために怒っているんだ!

 

などと言わないでください。

 

 

それこそ、偽善と言われても

 

仕方がありません。

 

 

単に腹が立つから怒っているだけで、

 

本当の躾ではないことは、

 

子ども自身も心の奥底で見抜き、
 
軽蔑し始めます。
 

 

そして、大きくなったら

 

仕返しをしようと決意するのです。

 

 

「叱る」と「怒る」は違うのだということを

 

しっかりと理解していただければ、

 

子育てはうまくいきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

見て見て攻撃は全て受け止めましょう
イヤイヤ攻撃は自我の目覚め
赤ちゃん帰りでは少し甘えさせてあげましょう
子供に必要なのは普通の環境と愛情
「寝る子は育つ」は本当です
遊びこそが本当の勉強
お膳立て症候群に陥らないために
飽きるとは卒業すること
夫婦間コミュニケーションが育児不安を減らす
褒められて育った子供は感謝の心を持つ
叱る時は必ず理由を伝える
子供が大きくなるにつれて手綱を緩める
育児不安の原因は社会からの断絶にある
子育てで「時間がない」と感じる心理学
本質的な育児能力は男性と女性に差はない
親の価値観を押し付けると反抗期に爆発する
自分の進路は自分で決めさせる
短所は将来の長所
子供は観察学習の使い手
子供は親が言うことより親のすることを見ている
厳しく叱りすぎると恐くなって何もできなくなる
発達について他の子と比べすぎないようにする
胎教の効果は科学的にははっきりとしていない
母親を信頼できた赤ちゃんは世界も信頼できる
人見知りも列記とした発達の印
子育てでは過保護と過干渉に注意する
言葉にたくさん触れる環境を作ってあげるとよい
子供の質問や疑問には真摯に答えてあげること
遊べば遊ぶほど子供は賢くなり発達していく
褒めることを多くし叱ることは少なくするといい
叱る時は理由をきちんと納得いくまで説明する
発達障害を疑うべき状態
脳性麻痺とはどのような障害なのか
子供同士のケンカには親は介入しないこと
睡眠不足は心と体の発達を妨げる
子供のことは心から信じてあげて心配してはいけない
早く大人になりたいと思わせると成長が速まる
子供が描く絵で分かる心理学
教育心理学とは何か
子供に命令や強制は禁物
子供が自分で選択したように錯覚させるテクニックが必要
子供が自らの意志を発揮するとすぐに変わることができる
親は黙ってしっかりと見守ることが大切
反抗期の会話のコツは話さないこと
何かを伝えるのは子供の話を全部聞いてからにする
「後にしてくれる?」と言うたびに親は信頼をなくす
どんな話でも耳を傾けてくれる親だから子供は信頼する
好きな人がいる子供の方が成績が良い理由
子育てにおいては親子喧嘩をする方が健全に育つ
父と母の仲が悪かったら子供が情緒不安定になる
親のスタンスが変わらないことが子供には最適な環境である
中学生になると外見が変化し完璧な外見に憧れ始める
子供の悪い点を指摘してばかりではなく頼んでみる
おもちゃは資産にはならないが子供の体験学習への投資である
子供であっても自分の決断には納得するし言い訳をしない

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ