今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


メタ認知とメタ記憶とは何か

 

 

メタ認知とメタ記憶とは何かについて、

 

解説していきます。

 

 

認知心理学には、
 
タ認知とメタ記憶という
 
捉え方があるのですが、

 

では、メタ認知とメタ記憶とは、

 

いったい何なのでしょうか。

 

 

まず、メタ認知ですが、
 
これは、人間が自分の思考や行動を
 
客観的に把握して、認識することです。

 

 

また、この能力を

 

メタ認知能力と言います。

 

 

メタ認知は、人間の活動において

 

様々な場面で、重要な役割を

 

果たしています。

 

 

たとえば、学校の勉強をするならば、
 
自分を客観的にメタ認知することで、

 

自分の強みや弱みを知り、

 

どのような問題があるかを認識し、

 

軌道修正したり、より効率的な学習法を

 

選択できるようになります。

 

 

孫子の兵法に、

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず

 

という言葉がありますが、

 

まさに、メタ認知で自分を知ることで、

 

物事に成功しやすくなるのです。

 

 

また、メタ認知能力は、
 
使えば使うほど、発達していきます。
 

 

ちなみに、座禅や内観、瞑想については、

 

自分を客観的に観察するメタ認知を
 
鍛える手法です。

 

 

したがいまして、メタ認知能力の発達は、

 

人間が悟りにいたるために、
 
どうしても必要になってくるものです。

 

 

悟りを開いたお釈迦さんなどは、

 

メタ認知能力が最大限に発達して、

 

開花したものです。

 

 

以上のように、メタ認知能力は、

 

人間が人間を超えて、
 
悟りを開くためには、
 
どうしても発達させないといけない
 
能力であるということを

 

覚えておいていただきたいと思います。

 

 

次に、メタ記憶につきましては、

 

自分の記憶の中に、

 

ある事柄が存在するかどうかに

 

ついての記憶です。

 

 

認知心理学では、「記憶についての記憶」と

 

呼ばれています。

 

 

たとえば、昨日覚えたはずの数式が、

 

どうしても思い出せないという場合は、

 

自分の中に該当の数式が記憶されている
 
というメタ記憶はあるけれど、
 
肝心の数式は、
 
忘れてしまったという状態です。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ