今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


徳が才能を支配する主人にしておかないとならない

 

 

徳が才能を支配する主人に
 
しておかないとならない

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

徳、人間性と才能が
 
うまく噛みあえば、

 

とても大きな効果を生みます。

 

 

しかし、才能が徳を超えて

 

大きくなると、

 

コントロールがきかなくなって、

 

大変なことになります。

 

 

「才子、才に倒れる」
 
ということに

 

なってしまいます。

 

 

才能が先走ってしまうと、

 

大きな失敗をしてしまったり、

 

周りからつまはじきにされたりと、

 

取り返しのつかないことに

 

なることが多いので、

 

注意が必要です。

 

 

いつも、才能よりも

 

人間性が優っているように
 
努めましょう。

 

 

才能を磨くのは

 

とても大切なことです。

 

 

しかし、人間性を磨くことも
 
同時に行っていかないと、

 

偏って、失敗を

 

招いてしまいます。

 

 

人間性が高く優れていれば、

 

少々才能がなくても

 

社会から必要とされ、

 

尊ばれます。

 

 

しかし、人間性が欠けていれば、

 

どんなに才能があっても

 

社会から取り除かれてしまいます。

 

 

才能と人間性であれば、

 

人間性を磨くことの方が
 
大事です。

 

 

優先順位は、
 
常に人間性におきましょう。
 

 

徳、人間性が主人である

 

状態を保てば、

 

大過なく進んでいけるのです。

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

徳を積むと成功して幸せをつかみやすくなる
徳を積むと魅力がアップして人気が出る
人気が出た芸能人が急落するのは徳が減ったため
徳を積むと天界に入ることができる
徳が多くなるとオーラも巨大になる
徳が減ると病気になり才能が低下する
金運というものが存在している
金運がマイナスになると失業しやすくなる
この世界は階層構造になっている
株式投資や為替、先物などで儲けると金運を失う
マスコミやメディアなどでの露出を控える
安物買いをおこなうと金運を失う
誰かに何かをしてもらうと徳を消費する
質問して価値ある回答をもらうと徳を消費する
徳をもって業念(カルマ)を中和できる
徳と金運を積む方法のまとめ
価値を受け取った分の徳を失う
金運はオーラに記録される
貨幣経済の不公平は金運が調整してくれる
消費者金融の過払い請求は金運減少により発生した
創造神界に入ったら徳を生成できる
大量の徳を生成できれば台風や伝染病さえも消去できる
「全ては一つ」を意識すると徳が増える
癌や統合失調症の原因は莫大な業念
徳高き人物が動けば無数のさざ波が発生する
政治家に選挙貧乏が多い理由は金運にある
社会や他者の心を軽く明るくしてあげると徳が増える
他者や社会に恐怖や迷惑を与えると徳が大幅に減少する
徳を積んでいる人には他者を圧倒する風格が備わる
お金や名誉があっても徳を積んだ人にはかなわない
持っている知識や知恵は出し惜しみせずに他者に与える
金運が多い人にはアイデアや閃きが多くやって来る
願望実現にはプラス発想だけでなく徳のエネルギーも必要
徳で感化する
徳を拠り所として生きていても時として不遇の時がある
人徳が備わると話さなくても人が慕い寄って来る
なぜ無欲な人が豊かになるのか
給料の倍、働こう
利益を得るのに人より先に得ようとすると失敗する
徳はあらゆる組織が繁栄する根本である
人生の豊かさと幸せを保証してくれるのは徳と金運だけ
金運の観点から見ると株や為替より不動産投資が良い
お金や不動産を保有し続けると徳や金運が減っていく
老齢になっても来世のために才能を磨き続ける
来世のために寄付をして徳と金運を積んでおく
感謝すると徳が積まれる
人類に貢献し徳を積むと未来に生まれ変わりやすい
人類に害を及ぼし徳を減らすと過去に生まれ変わりやすい
アイデアや閃きは徳を対価として与えられる
超能力や霊能力を使うと徳を大量に消費する
高度な理解には大量の徳を必要とする
徳が多ければ多いほどたくさんの知恵が湧いてくる
徳のエネルギーは他者に提供することができる
アイデアや閃きを使う仕事は徳の消費量が多い
高度な理解力を使う仕事は徳の消費量が多い
芸能人など大人数グループになると勢いが出やすい理由
大企業であっても金運がマイナスになると倒産する
妊娠中絶は莫大な徳を失い統合失調症の原因の一つとなる

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学