今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ユング心理学は現代心理学に大きな影響を与えた

 

 

ユング心理学は現代心理学に

 

大きな影響を与えたということ

 

について、解説していきます。

 

 

カール・グスタフ・ユングは、

 

スイスの精神科医であり、

 

心理学者であり、

 

深層心理について研究して、

 

分析心理学を提唱した

 

非常に有名な人物です。

 

 

そして、ユングが提唱した

 

無意識を基盤とする

 

人間の心の構造は、

 

現代心理学にも大きな影響を

 

与えてきました。

 

 

現代の心理学の主要な柱は、

 

行動主義心理学、

 

ゲシュタルト心理学、

 

精神分析の3本であります。

 

 

 そのうち、

 

精神分析については、

 

ユングの提唱した心の構造が

 

基礎の一部となって

 

発展してきました。

 

 

また、ユング心理学は、

 

臨床心理学の発展に

 

大きく寄与し、

 

精神疾患の治療の基盤とも

 

なりました。

 

 

ユングは、精神科医でも

 

ありましたため、

 

臨床経験も豊かであり、

 

洞察もひときわ優れたもので

 

あったのですね。

 

 

さらには、ユング心理学は、

 

心理学全般に大きな影響を

 

与えてきましたので、

 

影響力という視点から見ると、

 

ユング心理学は
 
現代心理学の礎となる
 
重要なものであったと

 

考えられます。 

 

 

ユング心理学につきましては、

 

無意識など科学的に証明できない

 

範囲にまで及びますので、

 

批判が多いのは事実です。

 

 

しかしながら、

 

科学で実験できないからと言って、

 

そこに真理が存在しないとは

 

言えないのです。

 

 

それは単に、
 
科学実験の技術が

 

まだそこに到達していない

 

というだけであるからです。

 

 

科学で証明できなくても、

 

真理はあるのです。

 

 

したがいまして、

 

多くの批判があるにしましても、

 

やはり重要な概念を

 

教えてくれますので、

 

心理学を勉強するのであれば、

 

ユング心理学を学ぶことは

 

必須とも言えるでしょう。

 

 

以上、ユング心理学は

 

現代心理学に大きな影響を

 

与えたというお話でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ