今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


深層心理学とは何か

 

 

深層心理学とは何かについて、

 

解説していきます。

 

 

深層心理学につきましては、
 
無意識を研究して、

 

人間の行動や経験の意味を

 

探ろうとする心理学です。

 

 

深層心理学の代表的な人物については、

 

精神分析学派のジークムント・フロイト、
 
分析心理学派のカール・グスタフ・ユング、
 
個人心理学派のアルフレッド・アドラーがいます。

 

 

人間の意識には、
 
もっと深い深層意識というものがあり、

 

人間が表面意識では気づかないうちに、

 

水面下で様々な活動が進行して、

 

人生に大きな影響を与える

 

という考え方です。

 

 

なお、フロイトは、催眠術で
 
被験者を催眠状態にし、
 
被験者に指示を与えた後に、
 
催眠状態を解いたところ、

 

被験者は指示通りの行動をしたけれども、

 

自分では指示があったことを

 

思い出せませんでした。

 

 

すなわち、意識せずに、

 

指示通りの行動したということです。

 

 

この実験結果から、
 
フロイトは、無意識というものが、
 
実際に存在することを
 
確信したと言います。

 

 

また、ユングは、
 
個人的な無意識のさらに深い層に、

 

人類の歴史における記憶が

 

眠っている貯蔵庫として、

 

集合的無意識が存在することを

 

仮定しました。

 

 

ちなみに、集合的無意識については、

 

トランスパーソナル心理学では、

 

アカシックレコードと呼んでいる
 
宇宙の記憶庫と非常に概念が
 
似ています。

 

 

以上のように、

 

人間の表面意識では
 
気づかない無意識の行動や、

 

深層意識の活動に焦点を当てた

 

心理学が、深層心理学なのです。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学