今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


体外離脱(幽体離脱)を科学的に説明できるか

 

 

体外離脱(幽体離脱)を科学的に

 

説明できるかということについて、

 

解説していきます。

 

 

体外離脱(幽体離脱)とは、

 

自分の身体から

 

霊魂だけが抜け出て、

 

部屋の上方から自分の身体を

 

見下ろすという体験のことです。

 

 

世界中の多くの人達が、

 

体外離脱(幽体離脱)を

 

経験したと言っており、

 

その報告数は、

 

とても膨大であります。

 

 

しかしながら、

 

この体外離脱(幽体離脱)を

 

科学的に説明できる

 

のでしょうか。

 

 

脳のあらゆる場所に

 

電気刺激を与えていく

 

という実験にて、

 

「角回」という部分を刺激すると、

 

自分自身がベッドの上に

 

寝ているのが見えたり、

 

ベッドから2mほど上の方に

 

自分が浮いている感覚に

 

なったという結果が

 

報告されています。

 

 

したがいまして、

 

科学的には、

 

「角回」の刺激により、

 

脳内に生み出された

 

自分が浮いているような感覚が、

 

体外離脱(幽体離脱)の

 

原因であると

 

考えることができます。

 

 

要するに、この結果から、

 

体外離脱(幽体離脱)は、

 

脳内における夢のようなものと

 

言えそうです。

 

 

ただし、世界中で起きている

 

全ての事例が、

 

「角回」の刺激に

 

よるものであったのかは、

 

定かではありませんから、

 

あくまでも可能性として

 

考えられるという

 

段階にあると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学