今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


ドリーム・ワークで深層意識を浄化する

 

 

ドリーム・ワークで深層意識を浄化する
 
ということについて、解説していきます。

 

 

ゲシュタルト療法には、
 
ドリーム・ワークと呼ばれる

 

夢を使ったテクニックがあります。

 

 

これは、頻繁に見る夢について、

 

自分自身が夢の一部になったつもりで
 
思いつくまま話してみる

 

というテクニックです。
 

 

「夢を生きる」セラピーとも

 

呼ばれています。

 

 

夢に登場してくる人物や物事に、
 
クライエントがなりきって演じ、

 

言葉や行動を使って、

 

夢を表現していきます。

 

 

そうしますと、夢には深層意識からの
 
深いメッセージが隠されていますから、

 

夢の一部になりきって、

 

いろんなことを話したり行動しているうちに、

 

様々な気づきを得ることができるように

 

なるのです。

 

 

「夢は自分自身の一部である」という
 
ユング夢分析理論から、

 

このテクニックが生まれたと

 

考えられています。

 

 

たとえば、夢に女性や車、
 
鳥や犬などが出てきたとします。
 

 

このような場合は、クライエントには、

 

その女性を演じてもらいます。

 

そして、思いつくままに話をしてもらいます。

 

 

さらには、車になりきってもらったり、
 
鳥や犬になりきって、

 

思いつくままに話をしてもらいます。

 

 

また、どのような感情が湧いたかも、
 
話してもらいますと、

 

非常に多くの気づきが、

 

クライエントに得られるのです。

 

 

そして、夢は自分の一部ですから、

 

夢について自分で思いつくままに話すことで、

 

深層意識に溜まっていた
 
マイナスの感情エネルギーを吐き出して、

 

深層意識を浄化することもできる

 

ということなのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学