今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 

 

心理カウンセリングは

 

本当に効果があるのかについて、

 

解説していきます。

 

 

心理カウンセリングとは、

 

心理療法家との面談を繰り返して、

 

心の治療をおこなって

 

いくものですが、

 

結論から言いますと、

 

非常に効果があるものです。

 

 

実は、心理学者のハワードらの

 

研究によっても、

 

その効果が実証されています。

 

 

心理カウンセリングを受ける

 

回数が増えるたびに、

 

症状が改善していくことが、

 

データとして残ったのです。

 

 

そして、ほぼ1割以上の人は、

 

心理カウンセリングを受けようと

 

決意した時に、

 

すでに改善してしまいます。

 

 

また、8回の心理カウンセリングを

 

受けた人の約半数が、

 

改善したという結果が出ています。

 

 

さらには、1年間のカウンセリングを

 

受けることで、8割以上の人が、

 

改善したというデータも

 

ありますから、

 

効果は実証済みと言えるのです。

 

 

したがいまして、

 

心理カウンセリングは、

 

何度もおこなうことで、

 

確実に効果があると

 

認識していただくと

 

よいでしょう。

 

 

そして、効果があるのですから、

 

精神的な症状に悩んでいる人は、

 

どんどん心理カウンセリングを

 

受けるべきですし、

 

治療者としても、

 

心理カウンセリングを

 

心理療法の柱として、

 

しっかりとおこなうべきなのです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学