今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


来談者中心療法とはどのようなものか

 

 

来談者中心療法とはどのようなものか、

 

解説していきます。

 

 

来談者中心療法とは、
 
アメリカの臨床心理学者である
 
カール・ロジャースにより
 
創られた心理療法であり、

 

来談者の話をよく聞き、

 

来談者の自発的な気づきを促すことで、

 

心の病が癒されていくという心理療法です。

 

 

この心理療法の特徴としましては、

 

あくまでも来談者を中心となって
 
治療が進んでいくことであり、
 
心理療法家はサポート役に徹します。

 

 

ここで重要なのは、心理療法家は、
 
心理学の知識を振りかざしたり、
 
細かい指示をおこなったりする
 
必要はないということです。

 

 

来談者には、自分で気づき、
 
自分で心の病を癒す潜在的な力があります。
 

 

したがいまして、心理療法家は、

 

その力が引き出されるように、

 

サポートするだけでよいのです。

 

 

来談者中心療法では、何よりも、
 
共感的理解を大切にします。
 

 

心理療法家が共感的理解を示せば、

 

来談者の自発的な気づきや癒しを

 

促すことができるからです。

 

 

そして、来談者に対して、
 
無条件の興味や関心を持ち、
 
積極的に、来談者の話を聞く
 
姿勢も重要です。

 

 

来談者中心療法は、
 
カウンセリングの基本となっておりますので、

 

カウンセラーや心理療法家になるには、

 

必ずマスターしておく必要があります。

 

 

逆に、これができないのであれば、
 
カウンセラーや心理療法家には向いておらず、

 

職を変える必要があるでしょう。

 

 

来談者中心療法では、

 

人間には自己治癒力が備わっているため、

 

その力を引き出すだけでいいとしています。

 

 

ですので、副作用も少ないし、
 
来談者の負担も少ないため、

 

比較的、安心して使える療法でもあります。

 

 

したがいまして、カウンセラーや
 
心理療法家になりたい方は、

 

何よりも、来談者中心療法を学び、

 

マスターするようにしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学