今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


グループ療法とはどのようなものか

 

 

グループ療法とはどのようなものか

 

解説していきます。

 

 

グループ療法につきましては、

 

集団心理療法とも呼ばれますが、

 

5人~10人ほどのクライエントが一室に集まり、
 
同じ症状に苦しむ人、同じような悩みを持つ人が、
 
それぞれの症状や悩みを話し合う療法です。

 

 

一対一のカウンセリングとの違いは、

 

多くの人たちに悩みを聞いてもらったり、

 

共感したり、理解したり、
 
異なる見方を教えてもらったりと、
 
多様な体験をすることができる点です。

 

 

そして、何よりも大きな効果を生むのは、

 

「悩んでいるのは自分だけじゃないんだ」とか、
 
「色んな考え方があって、色んな人がいるんだ」と

 

理解することができる点です。

 

 

このように、自分と同じように
 
悩んでいる人がいると理解するだけで、
 
心の負担は、一気に軽減するものなのです。

 

 

また、自分の考え方一辺倒に

 

偏っていることが原因で、

 

神経症にかかっている人もいますので、

 

他者の考え方を知り、
 
異なる視点を知ることは、
 
心の病の改善に、
 
非常に大きな効果を持ちます。

 

 

なお、注意しないといけないのは、

 

グループ療法における会話の目的は、
 
何らかの結論を出すことではない
 
ということです。

 

 

もし、結論を出そうとすると、討論になり、
 
意見の対立が激化して、
 
お互いの意見がぶつかりあって、

 

傷つけ合ってしまいます。

 

 

これでは、何のためのグループ療法か

 

分かりません。

 

 

ですので、大切なことは、
 
テーマを無理に決めずに、
 
それぞれの人が自由に話すままに
 
会話を進めていくことです。

 

 

ここは、進行役の腕の見せ所です。

 

上手に誘導して、参加者が自由に

 

本音を話せるように持って行きましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ