今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


家族療法とはどのようなものか

 

 

家族療法とはどのようなものか
 
について、解説していきます。

 

 

心の病を抱えたクライエントの

 

病理を見ていくと、

 

実は、本人の問題だけではなくて、
 
家族全体の問題であることが
 
多いです。

 

 

この場合、クライエントの心を病を癒すには、

 

本人だけではなくて、家族全体を癒さないと、

 

根本的な解決にはなりません。

 

 

根本的な解決にならないため、

 

カウンセリングにより、
 
一時的に症状が改善しましても、

 

家に帰るといつもと同じ環境であるため、

 

結局、同じ症状が、
 
ぶり返してしまうのです。

 

 

したがいまして、

 

クライエントの治療だけではなくて、

 

クライエントを取り巻く家族関係や
 
家族員全体を対象として、
 
カウンセリングをおこなっていくのが、
 
家族療法です。

 

 

そして、家族療法の特徴につきましては、

 

家族間の問題を解決するために、

 

さまざまな気づきを促し、

 

クライエントや家族が本来持っている
 
問題解決能力を引き出していく点です。

 

 

たとえば、不登校になって、
 
家に引きこもった子供が
 
クライエントである場合、

 

確かに、脳の障害など、

 

本人が生まれつき持っている

 

器質の問題であることもあります。

 

 

しかしながら、そうではなくて、

 

家族全体の誤った価値観や考え方が、

 

クライエントに長年に渡って、
 
大きな影響を与えてきたために、
 
何らかのキッカケによって、
 
その問題が表面上に噴き出して、

 

不登校になったり、

 

家に引きこもったりすることの方が

 

多いのです。

 

 

特に、夫婦喧嘩が日常茶飯事であったり、

 

学歴などに偏重した価値観や

 

完璧主義が蔓延した家庭であったり、

 

親が家に帰ってこなかったり、
 
子供への虐待が見られる場合などに、

 

問題が爆発することが多いです。

 

 

そしてまた、不登校になったり、

 

家に引きこもったりすることにより、

 

そのことが原因で、
 
夫婦喧嘩がさらに激しくなったり、
 
虐待がきつくなったりして、

 

どんどんと悪循環が進んでいくのです。

 

 

不登校になったり、

 

引きこもってしまう子供は、

 

家族がもっと調和して、

 

協力的になってほしいという気持ちを、

 

不登校や引きこもりをおこなって、
 
家族全体に警告を発しているのです。

 

 

そこで、クライエントの不登校や

 

引きこもりを皮切りに、

 

家族全体がよりよく機能できるように
 
介入していくのが、

 

家族療法ということなのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ