今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


箱庭療法とはどのようなものか

 

 

箱庭療法とはどのようなものか

 

解説していきます。

 

 

箱庭療法につきましては、

 

72cm × 57cm × 深さ7cmの箱を用意し、

 

その中に砂を入れ、

 

自由に人形や家や車のおもちゃなどを配置し、

 

自分の心を表現してもらう心理療法であり、
 
芸術療法の一種です。

 

 

基本的には、自由に人形やおもちゃ、

 

模型などを配置してもらいますが、

 

配置が終わりましたら、
 
どのような意味があるのかを
 
言葉でもクライエントに
 
説明してもらいます。

 

 

そうすることで、自分の内面世界を
 
表に出すことができて、

 

自分が何を考えているかについて、

 

クライエント自身の気づきを

 

促すことができます。

 

 

また、外部に表現することそのものに、
 
心の内に溜まっていたストレスや
 
わだかまりを吐き出す効果があります。

 

 

もともとは、子供に対する心理療法でしたが、

 

大人にも効果があるため、
 
現在では年齢に関係なくおこなわれています。

 

 

なぜ、部屋一面に、

 

自由におもちゃや人形を

 

並べてもらうのではなくて、

 

箱庭が必要なのかと言いますと、
 
境界線(枠)があることが、
 
非常に重要であるからです。

 

 

なぜなら、境界線(枠)があることにより、

 

一つの世界ができあがり、

 

キャンバスのように自己表現が
 
可能になりますし、
 
創作意欲がかきたてられるからです。

 

 

 ちなみに、どんな人形やおもちゃを使うかは、
 
特に決まっておらず、
 
治療者が、自由に選んで探してきます。

 

 

この箱庭療法は、日本だけではなく、
 
世界中で広まっており、

 

かなりポピュラーな心理療法として

 

有名となっております。

 

 

また、箱庭療法セットの既成品を買うと

 

何万円もしますので、

 

72cm × 57cm × 深さ7cmの箱を  

自分で作り、その中に
 
砂を敷き詰めることをおすすめします。

 

 

その方が、ずいぶんと

 

安上がりになります。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学