今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する

 

 

DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)で診断する

 

ということについて、解説していきます。

 

 

精神疾患を診断する方法としましては、

 

DSMという診断マニュアルを使う

 

方法があります。

 

 

DSMとは、
 
Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disordersの略で、

 

訳しますと、精神疾患の診断・統計マニュアル

 

という意味です。

 

 

通常、精神疾患を診断する際、

 

心の中は、目には見えませんから、

 

クライエントの訴えから病名を
 
診断せざるを得ません。

 

 

身体の病気であれば、
 
血液検査やCTスキャンなど、

 

さまざまな方法を使って、

 

目に見える情報から、

 

病名を診断することができます。

 

 

しかしながら、心の病には、
 
血液検査やCTスキャンなどが使えませんから、

 

どうしても、クライエントの訴えだけが

 

頼りになります。

 

 

そうしますと、熟練したカウンセラーと、
 
そうではないカウンセラーで、

 

診断に大きな誤差が出てくるように
 
なります。

 

 

そこで、客観的な診断方法として、

 

DSMと呼ばれる精神疾患の
 
診断・統計マニュアルを

 

使うことがあるのです。

 

 

DSMにつきましては、

 

当てはまる症状のリストに

 

チェックを入れていき、

 

症状が一定数を超えた際に、
 
その病名を診断できるように
 
なっています。

 

 

したがいまして、

 

非常に客観的に診断することができ、

 

カウンセラーがあまり熟練していない場合でも、

 

正確な病名を診断しやすくなるのです。

 

 

それにより、個々のカウンセラーによる
 
診断のバラつきを

 

少なくすることができるのです。

 

 

ちなみに、2013年5月に、
 
DSMが大改訂されて、

 

DSM-5となりましたが、

 

内容は1,000ページ近くあり、

 

価格は、およそ2万円前後します。

 

 

興味のある方、もしくは、
 
カウンセリング業務で必要な方は、

 

ぜひ、読んでみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

臨床心理学とは何か
健康な心とは物事にとらわれない心の状態である
カウンセリング、心理療法、臨床心理学の違い
臨床心理士とカウンセラーの違い
カウンセリングとは一体何なのか
カウンセリングの実施順序と効果
カウンセラーに向いている人、向いていない人
年代によって心の病の特徴は変化する
神経症と精神病の違い
不安神経症とはどんな病なのか
強迫神経症とはどんな病なのか
双極性障害とはどんな病なのか
適応障害とはどんな病なのか
PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは何か
統合失調症とはどんな病か
解離性同一性障害とはどんな病か
性同一性障害とはどんな病か
抑うつ神経症とはどんな病か
小児の発達障害にはどんなものがあるのか
無意識を意識化して治療する
思い浮かんだことを全て言葉にする効果
心理療法は言葉で癒す治療法
来談者中心療法とはどのようなものか
行動療法とはどのようなものか
認知行動療法とはどのようなものか
内観療法とはどのようなものか
自律訓練法とはどのようなものか
森田療法とはどのようなものか
グループ療法とはどのようなものか
家族療法とはどのようなものか
遊戯療法とはどのようなものか
箱庭療法とはどのようなものか
夢分析を使った心理療法
心理アセスメントとはどのようなものか
心理テストにはどのようなものがあるのか
ひきこもりは必要なプロセス
心理アセスメントとは何か
心理カウンセリングは本当に効果があるのか

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学