今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


怒っているお客さんにペーシングして怒りをおさめる

 

 

怒っているお客さんに

 

ペーシングして怒りをおさめる

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

ペーシングとは、

 

NLP実践心理学で

 

使われる技法ですが、

 

相手に同調することで

 

好感を持ってもらうことが

 

できるテクニックです。

 

 

そして、

 

このペーシングの技法は、

 

クレーム対応でも使えます。

 

 

電話などで怒りを

 

ぶつけてくるお客さんに

 

冷静な態度で

 

「お客さん、冷静になってください」

 

などと言ってしまいますと、

 

これは、ディスペーシングで

 

お客さんに同調しない態度ですから、

 

さらにお客さんを怒らせます。

 

 

「冷静になど、

 

 なっていられるか!!!」と

 

余計に怒り出すのです。

 

 

これは、お客さんと

 

対応者の温度感、すなわち、

 

テンションが異なって、

 

ディスペーシング状態、

 

非同調状態を作り出すからです。

 

 

ですので、

 

ペーシングを使って、

 

怒りの電話をかけてきた

 

お客さんには、

 

こちらもテンションを同調させ、

 

声の大きさや明瞭さも同調させて

 

「いったい、どうしました!?

 

 ご迷惑をおかけし申し訳ありません!

 

 急いで原因を調べます!

 

 はい!申し訳ありません!」と

 

対応すると、お客さんも

 

自分と同じペース、テンション、

 

同じ声の大きさ、明瞭さであるため

 

少し安心して落ち着くのです。

 

 

ペーシングされるとお客さんは

 

自分自身を鏡で見ているような

 

気分になり落ち着きを

 

取り戻します。

 

 

その後は、お客さんの話を

 

しっかりとペーシングを使って

 

聞いていきますと、

 

だんだん落ち着いて、

 

こちらにも好感を

 

持ってくれるのです。

 

 

したがいまして、

 

怒りの電話がお客さんから

 

かかってきましたら、

 

まずは、テンションを同調させて

 

ペーシングを開始させると

 

良いでしょう。

 

 

逆に、冷静沈着に対応して

 

「お客様、冷静に」などと

 

言ってしまうのは

 

お客さんに非同調な態度ですから

 

さらに怒らせてしまうのです。

 

 

しばらくペーシングを続けていくと、

 

今度は、お客さん側がつられて

 

こちら側に同調するようになるので、

 

そこで冷静に、落ち着いて

 

話していけばいいのですね。

 

 

以上、怒っているお客さんに

 

ペーシングして怒りをおさめる

 

というお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

感情と論理を分けて対応すること
事実関係をはっきりさせてから対応する
クレーム対応は聴くことに徹することが大切
「申し訳ございません」は使いすぎないこと
クレーム対応では具体的な数字を出すこと
できることできないことをはっきりと伝える
クレーム対応の担当者を一本化する
法律という言葉を出さないこと
相手の土俵に立たないこと
悪質なクレーマーには事実のみで対抗する
担当スタッフを変えて落とし所を作ってあげる
女性よりも男性の方がクレームを鎮静化しやすい
クレーマーの心理学
自分自身の日頃の感情管理がクレーム対応に役立つ
普段から怒りっぽく不満が多い人はクレーマーにつかまりやすい
悪質なクレーマーにはオウム返しで反撃する
悪質なクレーマーの要求に対しては逆質問で反撃する
クレームに対しては謝罪より感謝攻撃が効果的
悪質なクレーマーに対しては反同調行動で応戦する
悪質なクレーマーの言い分は徹底的に根拠を追求していく
悪質なクレーマーの元に訪問する時は必ず複数名で行く
「おっしゃることは良く分かります」の後に実情を説明する
「なぜ、そう思われたのですか?」と質問して問題を分解する
理不尽な要求をするクレーマーは、まともに相手にしてはいけない
怒りをぶつける人は「何かをしてほしい」と訴えている
何でもかんでもお詫びしたら非を認めたと取られる
お客さんの話を傾聴している時は「でも」「しかし」は禁句
クレームにおいても爆発的な怒りは長くは続かない
事前に知っているとクレームは発生しにくい
お客さんのお客さんになることで怒りは雲散霧消する

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学