今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


社員の成熟度によりリーダーシップを変える

 

 

社員の成熟度により、リーダーシップを変える
 
テクニックについて、紹介していきます。

 

 

社員がどれくらい成熟してきたかによって、

 

リーダーシップの形を変化させる必要が
 
あります。
 

 

同じ形のリーダーシップ一辺倒では、

 

うまくいかないのです。

 

 

そのつど、ギアチェンジをおこなって、

 

各社員に適切なリーダーシップの形を使うことで、

 

大変効果的なリーダーシップを図ることが

 

できるのです。

 

 

では、リーダーシップには、
 
どのような形があるかと言いますと、

 

大きく分けて、次の4つがあります。

 

 

●リーダーシップの形

 

(1)指示的リーダーシップ
 
   ・・・細かいところまで具体的な指示をおこなう。 

 

(2)説得的リーダーシップ
 
   ・・・説得をおこなって協力してもらう。

 

(3)参加的リーダーシップ
 
   ・・・プロジェクトに参加してもらう。

 

(4)委任的リーダーシップ
 
   ・・・完全に任せてしまう。

 

 

新入社員など、社員がまだまだ未成熟で、

 

自分で仕事を遂行できない場合は、

 

細かいところまで一つ一つ具体的に
 
指示する必要があります。

 

 

そうしないと、未成熟な社員は、

 

何をしたらいいのか分からず、

 

全く仕事が進まないからです。

 

 

よく、「指示待ち族」と
 
呼ばれることがあります。

 

 

でも、この時にきちんと
 
具体的に指示することによって、

 

しっかりとした仕事のやり方を学び、

 

成長して、指示待ち族から

 

抜け出してくれます。

 

 

次に、社員が少し成熟して、
 
細かい指示が必要なくなりましたら

 

何かをやってもらう時には、

 

理由と効果をきちんと説得して、

 

仕事を協力的に遂行してもらうように

 

誘導するといいです。

 

 

これくらい成熟してきますと、

 

具体的な指示をしなくても、

 

目的と理由を納得するだけで、
 
きちんと仕事をしてくれるようになります。

 

 

この時期に、きちんと説得することを

 

繰り返していくことで、

 

会社に対する責任感が生まれ、
 
協力関係ができあがってきます。

 

 

そして、さらに社員が成熟してきて、

 

説得をしなくても仕事をするようになれば、

 

今度は、参加的なリーダーシップスタイルに
 
変化させるといいです。

 

 

たとえば、プロジェクトに参加させるとか、
 
会議に参加させるとか、

 

参加させて意見を言ってもらい、

 

共同で仕事を進めていくのです。

 

 

ここまで成熟してくると、

 

仕事も自分だけでほとんどできますし、

 

いろいろな意見やアイデアも
 
蓄積されてきていますから、

 

プロジェクトや会議にも、

 

どんどん参加してもらうようにすると

 

いいのです。

 

 

そして、さらに社員が成熟してきますと、

 

何も言わなくても会社に貢献する
 
仕事を選択して実践できるようになります。

 

 

この段階にまでなってきますと、

 

会社に対する責任感も協力的な
 
気持ちもできあがっておりますので、

 

あとは全て任せてしまって、

 

自由に活動してもらうといいのです。

 

 

経営者の悩みの最たるものは、
 
後継者問題ですが、

 

後継者に選ぶのであれば、

 

(4)委任的リーダーシップの段階までに

 

成熟した社員を選ぶとよいでしょう。

 

 

ただし、自分で何でも考えて行動したり、

 

組織を作ったり、会議を開いたり、

 

活動したりできるようになっている反面、

 

自分の意見や個性も強くなってきますから、

 

しっかりとした人間関係を築いておく
 
必要があります。

 

 

なぜなら、あなたとの人間関係が壊れたり、

 

不満に思うことが出てきたり、

 

あなたの理念についていけなくなったりした場合は、

 

会社を辞めて、他の会社に移ったり、
 
自分で新たに会社を起こすことが多いからです。

 

 

ですので、会社にしっかりと
 
つなぎとめておけるだけの報酬と、

 

あなたとの人間関係を太いパイプで

 

結んでおく必要があるのです。

 

 

ちなみに、人間関係の太いパイプを
 
結んでおくために、

 

自分の子供と結婚させたり、

 

家族ぐるみで仲良くなったりと、

 

世の社長さんは、いろんな工夫を

 

されているようです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

公平理論を経営に応用する
マズローの欲求5段階説を経営に応用する
従業員満足がなければ顧客満足は図れない
給料は上げ過ぎると効果が薄くなる
リンゲルマン効果を経営に応用する
経営者が変われば従業員も変わる
幹部は次期社長候補として育てていく
一番でないと印象に残らない
包み込み戦略と顧客の心理
長所伸展法を使った経営戦略
一点突破法を使った経営戦略
異常値づくり法を経営に活かす
飲食店ではびっくりメニューを作るとよい
圧縮付加法と顧客の心理
ラポール(信頼関係)を作らないと部下は動かない
賃金が安い理由は感情に訴えると反発が少ない
急成長を遂げると必ずお手入れが入る
目標達成にパレートの法則を活用する
顧客リストは商売上の最大の財産
YouTube動画をチラシ広告に入れて宣伝力アップ
10人でやる仕事を5人でやれるようになる方法
事業においては住み分けが大切
志が大きい人には霊格の高い守護神霊が付く
借金ができるのは信用がある証拠
金利が安い借金はした方がいい
納期どおりに納品することを繰り返すと信用が生まれる
お金を大切にすればお金が集まってくる
事業の成功は小さな芽から始まり最後に大木になる
お客さんは声をかけられたいし話をしたがっている
お店では掃除と明るさが商売の基本
繁盛店の特徴は視察ばかりしている
会社やお店の近隣に誠心誠意の真心を持って回る
事業は人のつながりが根底になって出来ている
人を徹底的に育てたら後に会社に大きな利益が返ってくる
ケチな人は大局的な利益や経営を考えるのは苦手
他人から勧められたり誘われた事業はうまくいかない
事業に成功するには囲い込みがどうしても必須となる
経営の世界では勝てば官軍、成果を上げた者が勝ち
事業の利益は青天井
人を使うことが上手だとお金を稼ぐことができる
知名度を上げるにはTV、新聞、ラジオ、出版、ネットも使う
起業する時は既に存在しているビジネスモデルに乗っかる
人数が減って忙しくなると作業効率と質が上がる
社長の仕事は失敗から学んで改良すること
何度も失敗して改良を繰り返すといずれ成功する
いろんなことが改良できるなら、どんな事業でも成功できる
お客さんに喜ばれた分が売上になって返って来る
全財産を失っても経験や知恵、知識や人脈があれば再起可能
七五三の定理を使うと何ヶ月かしたら売上が倍になる
最初は1円も使わずにお客さんを集めることを考える
ポータルサイトを立ち上げメルマガを出すと低コストで集客できる
繁盛店は必ず多くのリピート客を獲得している
商いはお客さんが飽きないように常に変わり続ける必要がある
寄り合って事業をおこなうと失敗する可能性が高い
商売は頭脳労働であり考えながら行動しないといけない
仲間で協力し合い知恵を出し合うと全体で発展していける
売れるものを前面に出すと繁盛店になっていく
最初は売れるものから始めて繁盛の勢いを作るのが大切
休みの日は他の同業者のお店を視察する習慣を付ける
商売はお客さんから如何に感謝の言葉を引き出すかのゲーム
どんな事業も先に始めた者が勝つ
商売は釣りと非常に良く似ている
ある業種とある業種をミックスすると大成功の種が見つかる
自分がお客さんにされてばかりでは一向に利益が上がらない
忙しさでお店の温度を上げて沸騰させると繁盛する
手を広げすぎると温度を上げるための熱が足りなくなる
コストを徹底的に削り倒して毎月の収入をプラスにする
お客さんを大切にすればお客さんが集まってくる
商売の基本は信用を積み重ねること
事業では損をして得を取れ
トイレが汚れたままのお店にはお客さんは二度と来ない
安全と危険のグレーゾーンに繁盛する道筋がある
スタッフにお洒落を義務付けて集客する事例がある
一見さんお断りは希少性の原理により価値を上げる

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ