今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


カクテルパーティー効果をネットビジネスで使う

 

 

カクテルパーティー効果をネットビジネスで使う

 

テクニックについて、紹介していきます。

 

 

カクテルパーティー効果とは、

 

心理学者のチェリーによって

 

提唱された効果であり、

 

人間は、多くの情報の中で、
 
自分に必要な情報のみを
 
選択的に受け取り、

 

それ以外の情報はシャットアウトする

 

というものです。

 

 

たとえば、人ごみの中で、

 

みんながワイワイガヤガヤと

 

声を出していても

 

自分の恋人に名前を呼ばれたら、
 
アッと気付きますよね。

 

 

また、かなり雑音が多い場所であっても、

 

相手との会話は結構成り立ちますよね。

 

 

このように、人間は、
 
自分に必要な情報のみを
 
脳内で選択して処理し、

 

不要な情報はシャットアウトするように

 

できているのです。

 

 

では、このカクテルパーティー効果を

 

ネットビジネスで使うには、

 

どうすればいいのでしょうか。

 

 

それは、WEBサイトを構築する時に、
 
相手を呼びかけるように

 

トップページでカテゴリー分けすると

 

良いということなのです。

 

 

たとえば、スポーツに関する

 

WEBサイトであれば、

 

サッカー好きな人はこちら」とか、

 

野球好きな人はこちら」とか、

 

ゴルフが好きな人はこちら」とか、

 

トップページの段階から、

 

きちんとカテゴリー分けしてあげると

 

良いということなのです。

 

 

そうしますと、サッカー好きな人は、

 

カクテルパーティー効果により、

 

「サッカー好きな人はこちら」
 
という見出しに、
 
「あ、オレのことだ!」と反応し、

 

選択的にそのカテゴリーに注意が行って、

 

ついクリックしてしまうのです。

 

 

そして、そのカテゴリーに、

 

サッカー好きにはたまらないような

 

濃い情報を書いておけば、

 

めちゃくちゃ喜んでくれるし、
 
物も買ってくれるのです。

 

 

これは、「野球好きな人はこちら」とか、
 
「ゴルフが好きな人はこちら」とか、

 

他のカテゴリーでも同じです。

 

 

ポイントとしては、

 

WEBサイトの訪問者に
 
直接語りかける見出しを
 
付けることです。
 

 

イメージとしては、

 

「●●さん、いますかー?」と

 

呼びかける感じです。

 

 

呼びかけられると、

 

カクテルパーティー効果により、

 

「あ、オレのことだ!」と反応して、
 
そこに神経を集中してくれるのです。
 

 

もちろん、記事も注意深く読んでくれますし、

 

商品も買ってくれる確率が高くなります。

 

 

逆に、人気も出ないし、

 

商品も買ってもらえないWEBサイトは、

 

訪問者への呼びかけがないサイトです。

 

 

単に、記事をだらだらと
 
書いているだけの場合、

 

たとえ、サッカーの内容を書いていても、

 

呼びかけがないので、

 

カクテルパーティー効果がはたらかず、

 

集中してもらえないのです。

 

 

ですので、すぐにどこか

 

他のWEBサイトに行ってしまいます。

 

 

以上、カクテルパーティー効果とは、
 
呼びかけると選択的に
 
集中してくれる効果であり、

 

WEBサイトでも、

 

訪問者に呼びかける見出しを

 

トップページに作ると効果がある

 

というお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

返報の法則をネットビジネスで使う
ザイオンス効果をネットビジネスで使う
松竹梅の法則をネットビジネスで使う
テンション・リダクション効果をネットビジネスで使う
カリギュラ効果をネットビジネスで使う
ツァイガルニック効果をネットビジネスで使う
初頭効果をネットビジネスで使う
宣言効果をネットビジネスで使う
吊り橋効果をネットビジネスで使う
噴水効果をネットビジネスで使う
マジカルナンバー7をネットビジネスで使う
バンドワゴン効果をネットビジネスで使う
マッチングリスク意識をネットビジネスで使う
期待以上のコンテンツでバイラルを起こす
常識的に100回行うより非常識を1回行う方が効果的
情報の価値は人によって全く異なる
ネットビジネスはコンテンツ提供業である
コンテンツのネタを大量に作り出す方法
良いコンテンツを量産したサイトは時間的参入障壁を作れる
インターネットがAIDMA理論をAISAS理論に変化させた
記事を蓄積すると資産になる
自分自身が本当に感動し勉強になったことを記事にする
コツコツ努力しているとある時に爆発しドライブがかかる
アクセスがアクセスを呼ぶ理由
ネットビジネスで失敗しても大きな損害を出すことはない
書いていると楽しくなる記事と虚しくなる記事
有料級の価値あるプレゼントと交換にリストを取得する

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学