今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


マジカルナンバー7をネットビジネスで使う

 

 

マジカルナンバー7をネットビジネスで使う
 
テクニックについて、紹介していきます。

 

 

アメリカの心理学者であるジョージ・ミラーは、

 

短期記憶の容量が7プラスマイナス2で

 

あることを発見しました。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

一度聞いて覚えることができるのは、

 

7つのまとまり、もしくは、

 

そのプラスマイナス2くらいである

 

ということです。

 

 

ですので、人間は、5つ~9つの物事しか、
 
すぐに覚えることはできないのです。

 

 

したがいまして、何かを相手に伝える時は、

 

一度に7つ前後までにしておく必要がある
 
ということなのです。

 

 

もちろん、このマジカルナンバー7については、

 

ネットビジネスでも使っていくことができます。

 

 

たとえば、WEBサイトやブログ、

 

メルマガなどで、商品の特徴を紹介する時、

 

あれやこれやと何十個もの特徴を
 
書いてしまいますと、
 
多過ぎて覚えることができないのです。
 

 

そのため、時間が経つと、

 

ほとんど忘れてしまうという

 

結果になります。

 

 

そこで、商品の特徴を紹介する時は、

 

7つ前後のまとまりに絞って、

 

紹介していくといいのです。

 

 

そうすると、脳の短期記憶の容量に
 
見合いますので、

 

しっかりと覚えてくれる

 

ということなのです。

 

 

また、商品の特徴だけではなく、

 

何かを説明したり伝達したりする時も、

 

あまり一度にたくさん
 
書いてしまわないようにしてください。
 

 

多くても、7つ前後までに

 

抑えておく必要があります。

 

 

このように、あまりにたくさんの情報を
 
一度に与えすぎると、

 

短期記憶がついてこれず、

 

覚えることができないということを

 

ぜひ、ご理解ください。

 

 

そして、WEBサイトやブログ、

 

メルマガなどで何かを紹介したり

 

説明する時は、

 

どんなに多くても7つ前後までに
 
まとめて紹介するようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

返報の法則をネットビジネスで使う
ザイオンス効果をネットビジネスで使う
松竹梅の法則をネットビジネスで使う
カクテルパーティー効果をネットビジネスで使う
テンション・リダクション効果をネットビジネスで使う
カリギュラ効果をネットビジネスで使う
ツァイガルニック効果をネットビジネスで使う
初頭効果をネットビジネスで使う
宣言効果をネットビジネスで使う
吊り橋効果をネットビジネスで使う
噴水効果をネットビジネスで使う
バンドワゴン効果をネットビジネスで使う
マッチングリスク意識をネットビジネスで使う
期待以上のコンテンツでバイラルを起こす
常識的に100回行うより非常識を1回行う方が効果的
情報の価値は人によって全く異なる
ネットビジネスはコンテンツ提供業である
コンテンツのネタを大量に作り出す方法
良いコンテンツを量産したサイトは時間的参入障壁を作れる
インターネットがAIDMA理論をAISAS理論に変化させた
記事を蓄積すると資産になる
自分自身が本当に感動し勉強になったことを記事にする
コツコツ努力しているとある時に爆発しドライブがかかる
アクセスがアクセスを呼ぶ理由
ネットビジネスで失敗しても大きな損害を出すことはない
書いていると楽しくなる記事と虚しくなる記事
有料級の価値あるプレゼントと交換にリストを取得する

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学