今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


詐欺でよく使われる団体名

 

 

詐欺でよく使われる団体名について、

 

解説していきます。

 

 

詐欺メールや葉書、手紙などには、

 

公的機関を装った団体名が
 
記載されています。

 

 

公的機関の名称など、
 
誰も全て覚えきることはできませんから、

 

ついつい、騙されてしまうのです。

 

 

詐欺業者は、うまく公的機関っぽい
 
名称を作り出して、

 

我々を信用させて、

 

お金を振り込ませようとします。

 

 

日本人は特に、

 

公的機関に弱いという心理的な特徴

 

持っていますから、

 

そこをうまく狙った詐欺の手口なのです。

 

 

特に、次のような名称の団体から
 
連絡が来たら、詐欺業者であると

 

判断していただくとよいかと思います。

 

 

 

●詐欺でよく使われる団体名

 

 

・特定非営利活動法人消費生活情報センター

 

・日本財務局管理センター

 

・財団法人東京都財務管理局

 

・民事訴訟通達管理事務局

 

・東京都財務管理局

 

・民事訴訟総合通達事務局

 

・NPC

 

・民事訴訟管理事務局

 

・総務省管轄管財事務局執行第2部

 

・全国消費生活保全協会

 

・関東第一財務センター

 

・送金管理センター

 

 

いかがでしょうか。

 

とても公的機関っぽい名称で、
 
騙されてしまいますよね。

 

 

偽りの団体名は、

 

それこそ無限に作り出せますので、

 

よくよく注意する必要があります。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

水道局職員や警察官を装った詐欺の手口
還付金を理由とした詐欺の手口
弁護士や裁判所をかたる詐欺請求の手口
ワンクリック詐欺の手口
裁判員制度に便乗した詐欺の手口
新聞掲載への電話勧誘詐欺の手口
本の出版の勧誘詐欺の手口
出会い系サイトの詐欺手口
パチンコ・パチスロ攻略法詐欺の手口
融資保証金詐欺の手口
自然災害に便乗した詐欺の手口
火災報知器に関する詐欺の手口
有料サイトの退会処理で使われる詐欺の手口
民事裁判告知で使われる詐欺の手口
当選商法による詐欺の手口
保証人紹介ビジネスで使われる詐欺の手口
自宅の電話に出る時は自分の名前を最初に名乗らないこと
嘘をつく心理と詐欺師の心理学
詐欺師は部分的に真実を織り交ぜて騙してくる
自分のことを賢いと思っている人ほど騙される
お人好しであるほど詐欺のターゲットにされる
オレオレ詐欺の手口で使われる心理学
高齢者ほど詐欺業者に狙われる理由
詐欺師は例外なく人間の情に訴えかけてくる
詐欺師は勘違いや早とちりを利用して騙そうとする
ケチな人は詐欺に引っかかりやすい
嫌と言えないイエスマンは詐欺に引っかかりやすい
ウイルスに感染した恐怖を利用した詐欺の手口
コンピューターが壊れたと偽装する詐欺の手口
高額な代金を支払わせるリフォーム詐欺の手口
仕事ほしさの心理を狙う面接詐欺の手口
在宅副業を装った詐欺の手口
有名人と仲良く映っている写真を使う詐欺の手口
詐欺業者がくれるクジやスクラッチカードは当たりしかない
猛犬注意の貼り紙やシールは全く効果がない
詐欺師は老人の愚痴を聞く事で信頼を得ようとする
詐欺師は「私を信じて」が口癖になっている
詐欺師に一度騙されると何度でも狙われる
詐欺業者は非常識な価格から極端な値引きをする
詐欺師は相手の罪悪感を徹底的に利用する
大声を張り上げ近所迷惑を心配させ出てこさせる挨拶商法
詐欺師はまず物を与えて負い目を作る
詐欺業者であってもホームページは素晴らしいことがある

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学