今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


スポーツメンタルトレーニングの資格制度

 

 

スポーツメンタルトレーニングの資格制度

 

見ておきましょう。

 

 

スポーツメンタルトレーニングの資格としましては、

 

スポーツメンタルトレーニング指導士」という

 

資格があります。

 

 

これは、スポーツ選手の心理面における技術を

 

向上させるための専門家に与えられる資格であり、

 

日本スポーツ心理学会が認定する資格です。

 

 

ただし、大学院でスポーツ心理学か、

 

関連領域を専攻して修士号を

 

取得した人が対象となります。

 

 

書類審査もありますし、

 

認定講習会を必ず受講する
 
必要があります。

 

 

認定されますと、

 

「認定証」と「認定カード」が交付され、

 

スポーツメンタルトレーニング指導士名簿一覧

 

に登録されます。

 

 

資格の有効期間は5年間で、

 

更新も可能です。

 

 

また、「スポーツメンタルトレーニング指導士」には、

 

上位資格があり

 

「スポーツメンタルトレーニング上級指導士」

 

「スポーツメンタルトレーニング名誉指導士」

 

があります。

 

 

これらの資格は、

 

大学院でスポーツ心理学か、

 

関連領域を専攻している人だけが

 

対象となっているため、

 

一般の人には取得困難な資格です。

 

 

それだけに、この資格には大きな権威があり、

 

資格取得者は、スポーツメンタルトレーナーとして

 

活躍をしています。

 

 

残念ながら、

 

大学院でスポーツ心理学か、

 

関連領域を専攻したことがない人は、

 

この資格を取得することはできませんが、

 

スポーツメンタルトレーニングにも
 
資格があるのだなということだけ

 

理解しておいていただくとよいかと

 

思います。

 

 

ちなみに、認定資格ですので、
 
この資格がないと

 

スポーツメンタルトレーナーの

 

仕事をしてはいけない

 

というわけではありません。

 

 

そのような制限をかける

 

法的根拠もありませんので

 

スポーツメンタルトレーナーとしての

 

技能と知識が十分にある人は、

 

資格がなくとも、この分野で

 

活躍していただけます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学