今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


うららかな春は厳しい冬の後から来る

 

 

うららかな春は厳しい冬の後から来る

 

という宮本 百合子の名言について、

 

解説していきます。

 

 

「うららかな春は、厳しい冬のあとからくる。」

 

宮本 百合子のことばより

 

 

宮本 百合子(みやもと ゆりこ)

 

昭和期の小説家、評論家。

 

プロレタリア文学の作家、

 

民主主義文学のリーダー、

 

左翼運動家として活動した。

 

 

みな、たいていは、うららかな春を好みます。

 

そして、厳しい冬を嫌います。

 

 

もちろんそうではない人もいますが、

 

たいていは、厳しい冬を嫌います。

 

 

でも、厳しい冬の後には、

 

必ず春が来るのです。

 

 

自然の移り変わりが

 

きちんと変わっていくように、

 

人の運命も、どんどんと

 

移り変わっていきます。

 

 

厳しくて苦しいとき、春はもうすぐです。

 

楽しいときがやってきます。

 

 

ですから、あきらめないでください。

 

ふんばりどころです。

 

 

どんなに苦しいときであっても、

 

必ず後には、春になるのです。

 

 

また、厳しい冬を乗り越えなければ、

 

春はやってこないのです。

 

 

ですから、苦しければ苦しいほど、

 

春が近いということを

 

認識しておいてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生
人はパンのみによって生きるのではない
人は海のようなものである
空想は知識より重要である
科学そのものの探求は決して唯物論ではない
あなたが会う人はみんな厳しい闘いをしているのだから
親切で付き合いやすい人間は貴重な存在
幸福になる義務ほど過小評価されている義務はない
力が正義ではない。正義が力だ
どこに行くのか知らないなら、どの道を通っても同じだ
涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない
学習を伴わない行動は致命的である
女性の間では醜い女が愛されチヤホヤされる
強さは肉体的な力から来るのではない
愛するとは誰かに親切を施したいと望むことである
科学と芸術は全世界に属する
他人に対しても自分に対しても親切であること
神は強い筋肉を持っているが人格は持たない
人々は驚くことを愛する
多くの事をするのは易しいが一つの事を永続するのは難しい
親切は社会を結び付けている黄金の鎖である
怒りは敵と思え
学校で学んだことを全て忘れた時に残っているものが教育
自分の経験は価値ある財産である
学問なき経験は経験なき学問に勝る
行動なくしては幸せはない
人間を判断するには行動から判断したほうがいい
幸福とは幸福を問題にしない時をいう
やってみせ言って聞かせて褒めてやらねば人は動かず
とかくあまり人生を重くみず捨て身になって何事も一心になすべし
苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし
私は今だかつて嫌いな人に会ったことがない
人間は元来一人で生まれて一人で死んでいくものである
もうこのへんでいいやと思ったら敗北している
努力だ。勉強だ。それが天才だ。
科学は不思議を生み出すものである
我々は、したいことの出来るものではない
人生は近くで見ると悲劇だが遠くから見ると喜劇である

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学