今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


観察するという単純なことが進化の鍵

 

 

観察するという単純なことが進化の鍵である

 

ということについて、解説していきます。

 

 

霊魂を進化させ、悟りにいたるには、
 
どうすればよいのでしょうか。
 

 

実は、方法は、とっても単純で

 

シンプルなものです。

 

 

どうすればいいのかと言いますと、
 
「観察」すればいいのです。
 

 

具体的に言えば、自分の内面にある、

 

思考、感情、イメージなどを、

 

じっと見守り続けるということです。

 

 

「え?それだけで悟ることができるの?」と

 

疑問に思われるかもしれませんが、

 

悟りにいたった聖者たちが
 
長年やってきた修行である瞑想や内観は、

 

まさに、自分の内面を見守る

 

ということなのです。

 

 

彼らは、「私は誰なのか?」、

 

「本当の私はどこにいるのか?」と、

 

自分の内面を観察して、
 
自分自身を探したんですね。

 

 

お釈迦様、すなわち、

 

ゴータマ・シッダールタは、

 

あらゆる苦行をおこないましたが、

 

「これでは何の意味もない」と知り、
 
苦行を止めました。

 

 

そして、様々な修行法を試したところ、

 

行き着いたのは、瞑想だったのです。
 

 

とりわけ、瞑想の中でも、

 

ヴィパサナと呼ばれる呼吸を見守る瞑想を

 

長年実施してきました。

 

 

最終的に、菩提樹の下で悟りを開き、

 

光明を得るのですが、

 

その時にやっていたのが、

 

まさに、ヴィパサナの瞑想、

 

すなわち、呼吸を見守っていた

 

ということなのです。

 

 

ヴィパサナ瞑想には、
 
悟りにいたる効果があります。

 

 

お釈迦様だけでなく、

 

世界各国のあらゆる覚者、聖者が、

 

自分の内面を観察し、

 

見守ることの重要性を説いていますし、

 

それを実践することで、覚醒しました。

 

 

瞑想にも色んなものがありますが、

 

ポイントは、自分の内面を見つめて
 
観察することです。

 

 

形は問いません。

 

必ず座ってしないといけない

 

わけでもありませんし、

 

瞑想に集中しないといけない

 

わけでもありません。

 

 

自分の内面を見守ることが

 

できるのであれば、

 

電車の中だって、歩きながらだって、
 
家事や仕事をしながらでもできます。

 

 

内観もそうです。

 

イメージしたり、思考を操ったりなど、

 

おかしな方向に進んでいる流派もありますが、

 

根本的に効果があるのは、
 
内面を観察することです。

 

 

したがいまして、まずは、

 

自分の呼吸を見守ってみてください。

 

 

そうすると、見守っている自分、
 
観察者の存在に気付きます。

 

 

まずは、この気づきを得ることが、
 
非常に大事なのです。

 

 

なぜなら、普通の人は、

 

これまで一度も、観察者が存在するなど、

 

考えたこともないからです。

 

 

そして、観察者の存在に気付いたら、

 

いつも、その観察者が存在する状態を
 
続けていくといいのです。

 

 

なぜなら、その観察者こそが、

 

本当の自分であり、

 

今までは、ずっと眠りこけていたからです。

 

 

ただし、最初のうちは、

 

とても骨が折れますし、

 

なかなか、見守り続けるのは
 
難しいものです。

 

 

なぜなら、見守っていても、
 
すぐに忘れてしまうし、

 

眠ってしまうからです。

 

 

しかし、忘れたら、また、
 
思い出して見守り始めてください。
 

 

眠ってしまったら、また起きて、

 

観察し始めてください。

 

 

「忘れてしまった」などと、
 
思い悩む必要はありません。

 

最初は、そんなものです。

 

 

そして、何千回、何万回と、

 

忘れては観察してを繰り返しているうちに、

 

だんだん観察して見守っていることができる
 
時間が増えてきます。
 

 

観察力、洞察力の持続時間が

 

付いてくるということです。

 

 

実は、この観察を司っているのが、

 

脳の中心にある松果体と呼ばれる
 
器官なんですが、

 

通常は、全く使われていないので、

 

眠ったままなんです。

 

 

しかしながら、自分の内面を観察し、

 

見守っていると、

 

観察を司る松果体という器官が動き出し、
 
覚醒し始めるのです。

 

 

最初は、松果体が眠っている状態なので、

 

大変なのですが、

 

毎日、内観や瞑想を続けていると、
 
ようやく松果体が起き始めます。

 

覚醒するということです。

 

 

継続していると、

 

松果体が完全に目を覚まし、

 

24時間、観察して、

 

見守っていることができるようになります。

 

 

実は、この状態が、

 

悟りに必要な最低条件なのです。

 

 

松果体が目を覚ましますと、

 

クンダリニーと呼ばれる強大なエネルギーが、

 

尾てい骨から、とぐろを巻きながら上昇し、

 

全てのチャクラを開いていきます。

 

 

そして、眉間にある第三の目である

 

アジナーチャクラや、

 

頭頂にある神とつながる

 

サハスラーラチャクラが開き、

 

悟りへといたるのです。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

内観と瞑想とは何なのか
本当の自分は観察者
観察の炎を点すと暗闇は消え失せる
天国ってどこにあるの?
7つのチャクラ
サハスラーラチャクラが開く時
直感は天からのお知らせ
物質の耐久期間と霊魂の永遠性について
霊魂は男性と女性の両方の人生を経験して成長する
内観とは何か
見守ること、観察することを習慣化する
自然をお手本にするとうまくいく
内観や瞑想はチャクラを開花させる
周波数が上がると受信する思考のレベルが上がる
人格者は柔らかく、そばにいて楽しい
内観や瞑想のコツは離れること
内面をおさめると存在するだけで周囲がまとまる
自分の中心を据えるために内観や瞑想をおこなう
本当の自分が一番パワフルである
カルマ(業念)と呼ばれる、からまった紐をほどく
内観や瞑想を行なって第三の目を開く
思考や感情は見守ると消える
利口な人は、とりこし苦労が多い
形のないもの、目に見えないものが重要
気づくことは大きな財産
スシュムナー浄化法
モバイル内観
賢人は問われれば答えるが問われなければ何も言わない
インスピレーションは天からのメッセージ
素直さは才能の一つ
相手のない喧嘩はできない
愛を発する人物と憎悪を発する人物
内観や瞑想を行うと本当の自分が浮かび上がる
人によって違う部分とそうでない部分
悪い芽は早い内に摘んでおく
意識の進化と禅の十牛図
物心ともに不要なものはどんどん捨てていこう
内観や瞑想とは気づきそのもの
運動しながら内観することも可能
大人物は自分がなく、ただ自然に従うのみ
内観や瞑想を続けていると、あるとき爆発が起こる
内観や瞑想でも大切なのは継続すること
内観とひらめきの関係
苦しみや悩みを取り除いていくと楽しみが現れる
社会は頭の中にあることに気づく
朝早い時間は内観や瞑想にもってこいの時間
愛情と憎しみは同じエネルギーの裏表である
科学と内面的真理は究極的には同じ結論に達する
現世と俗世を受け入れよう
自己啓発は何回もの人生をかけた壮大なプロジェクト
内観や瞑想にてテレパシーという能力も開花する
クンダリニーの爆発
インターネットはアカシックレコードと良く似ている
天才と凡人の違いは右脳にある
ワクワクすることを実行すると霊的に成長する
インスピレーションをもとに創造と建設に力を入れよう
天に語りかけると答えが返ってくる
内観や瞑想をおこなうとシンプルになる
自らが大霊であることを思い出す
全ての出来事を霊的成長に使う
至上の徳に達した人は何も考えない
立派な人物は高い地位についても驕らない
カイロプラクティックでエネルギー通路を確保しよう
観察者だけが不滅
知識と知恵の違いを知る
内観や瞑想をおこなって生老病死を超越する
欲望は前進するためのエネルギー
人はみんな神様に生かされている
優れた人物には水の性質が現れる
知らないから恐怖がある
自分のどのチャクラが動くかで相手の霊的レベルが分かる
自我(エゴ)を捨てると大我が現れてくる
瞑想を実践していた有名人達
マインドフルネスは瞑想を科学的に研究した技法
怒ると腹が立つ理由はスヴァディスターナチャクラにある

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学