今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


左手、左腕、左足をよく使うと右脳が鍛えられる

 

 

左手、左腕、左足をよく使うと

 

右脳が鍛えられるということについて、

 

解説していきます。

 

 

右脳は、左半身を司っています。

 

ですから、左手、左腕、左足をよく使うと

 

 

右脳が鍛えられます。

 

 

では、なぜ、右脳が

 

反対側の左半身を

 

司っているのかと言いますと、

 

神経の約90%が、

 

延髄の部分で交叉している

 

からなんです。

 

 

これも、人間の体の

 

不思議なしくみの一つですよね。

 

 

したがいまして、左半身の

 

ほとんどの機能を右脳が司り、

 

右半身の機能を左脳が

 

司っているのです。

 

 

また、我々人間は、

 

左脳は、よく使うのですが、

 

右脳は、ほとんど使っておらず、

 

一般的な人であれば、

 

右脳の数%しか使っていないと

 

言われています。

 

 

そこで、あらゆる手を使って、

 

右脳を鍛え、

 

活性化することができれば、

 

超人的な能力を開花させることが

 

できるようになるのです。

 

 

したがいまして、

 

左手、左腕、左足をよく使い、

 

右脳を刺激することで、

 

飛躍的な能力アップを

 

図ることができる

 

ということなのです。

 

 

よく、左利きの人は、天才肌、

 

芸術家肌が多いと言いますが、

 

実際に、天才の割合が多いことが

 

調査により分かっています。

 

 

これは、左利きのため、

 

右脳にいつも刺激が行きますので、

 

右脳が発達しているということが

 

言えるのです。

 

 

もちろん、逆も言えます。

 

右脳が発達しているから、

 

自然と、左利きになったとも

 

考えられます。

 

 

まあ、鶏が先か、卵が先か、

 

といった話ですから、

 

どちらでもいいかもしれません。

 

 

いずれにしましても、

 

左手、左腕、左足をよく使うことで、

 

 

右脳が刺激されますので、

 

 

飛躍的な能力アップを

 

図ることができるということを

 

覚えておいてください。

 

 

ちなみに、私、牧村 和幸は、

 

右脳開発のため、右利きなのに、

 

歯を磨く時やパソコンのマウスを

 

使う時などは、

 

あえて、左利きにしています。

 

 

最初は、左利きだと戸惑いましたが、

 

自然と慣れてくるものです。

 

そして、右脳も開発されていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学