今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


速聴をおこなうと右脳が開発され強化される

 

 

速聴をおこなうと右脳が開発され

 

強化されるということについて、

 

解説していきます。

 

 

早いスピードで物事を聴く、

 

すなわち、速聴をおこないますと、

 

右脳が開発されていきます。

 

 

なぜかと言いますと、

 

ある一定のスピードを超えると、

 

左脳がついてこれなくなり、

 

右脳の瞬時に判断する能力が

 

必要になってくるからです。

 

 

そのため、速いスピードで

 

音声を聴いておりますと、

 

右脳が活性化して、

 

開発されていくのです。

 

 

ちなみに、速聴には、

 

2倍速とか、3倍速とか、

 

通常の音声の何倍もの

 

スピードが用意されております。

 

 

また、2倍速とか、3倍速とか、

 

音声の再生スピードを調節できる

 

CDプレーヤーなども

 

販売されていますから、

 

アマゾンや楽天、ヤフオクなどで、

 

一度、探してみてください。

 

 

スピードラーニングという教材が

 

人気がありますが、これなどはまさに、

 

スピードの速い音声を聴き続けるという

 

学習方法です。

 

 

たとえば、英会話を習得したい場合、

 

普通の速度で音声を聴くと、

 

左脳が一つ一つ理解しながら、

 

ゆっくりと解釈していきます。

 

 

でも、これでは、本当の会話の時に、

 

スピードが追いつかないのです。

 

 

しかしながら、速聴をおこないますと、

 

猛スピードで英会話の音声が流れ、

 

それに追いつこうと右脳が

 

働き始めますので、

 

非常に効果的に英会話の能力が

 

アップしていくのです。

 

 

また、学習の際に、速聴をおこなえば、

 

右脳が活性化しますので、

 

記憶されやすくなります。

 

 

実は、右脳は、左脳と比較すると、

 

なんと100万倍以上もの

 

記憶容量を持っているのです。

 

 

したがいまして、速聴をおこない、

 

右脳を活性化して学習すれば、

 

膨大な量の知識を

 

記憶することができるのです。

 

 

低速学習は、左脳の仕事、

 

高速学習は、右脳の仕事と

 

能力開発の分野では

 

言われています。

 

 

したがいまして、

 

より多くの物事を記憶したいのなら、

 

高速学習をおこなって、

 

右脳に仕事をさせればよい

 

ということなのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学