今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


瞑想をおこなって右脳を開発して強化する

 

 

瞑想をおこなって右脳を開発して

 

強化するということについて、

 

解説していきます。

 

 

瞑想をおこないますと、

 

自然と右脳が開発されていきます。

 

 

なぜなら、瞑想は、

 

左脳から来る内面のおしゃべりを

 

ストップし、右脳の感覚を

 

研ぎ澄ます訓練だからです。

 

 

瞑想におきましては、

 

見守って、観察して、

 

雑念と呼ばれる無駄な思考を

 

落としていき、イメージや感覚に

 

全てを委ねていきます。

 

 

そのため、左脳のざわつきを抑え、

 

右脳が開発されていくのです。

 

 

また、瞑想により、

 

神や天使、神霊といった

 

高次の存在とつながることが

 

できますが、これなども、

 

右脳の力を使っています。

 

 

すなわち、瞑想=右脳開発と

 

言っても過言ではないのです。

 

 

基本的に、瞑想については、

 

修行僧が悟りを開く手段として

 

使われてきました。

 

 

そして、悟りとは、

 

右脳開発の究極のゴールであり、

 

左脳と右脳の両方が開発され、

 

両方の脳の橋渡しがされ、

 

一つの脳、ワンブレインとして、

 

働き始める状態です。

 

 

左脳と右脳の両方が

 

一体化することにより、

 

人は、超人となり、

 

神の領域に入っていくのです。

 

 

いずれにしましても、

 

瞑想は、究極の右脳開発ですから、

 

ぜひ、取り組んでいただきたいと

 

思います。

 

 

瞑想におきましては、

 

右脳を開発するだけでなく、

 

人間性の向上、

 

霊性の向上も図れますし、

 

最終的には、悟りを開くことも

 

できるからです。

 

 

 

 

【広告】あなたは「嫌われる勇気」を持っていますか?




スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング


 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学