今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


相手の調子を気遣う言葉も雑談の取っ掛かりに使える

 

 

相手の調子を気遣う言葉も

 

雑談の取っ掛かりに使える

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

雑談の取っ掛かりには、

 

天気の話題が

 

よく使われますが、

 

相手の調子を気遣う言葉も

 

同じように有効に使えます。

 

 

「最近、調子どう?」

 

「元気?」「うまくいってる?」

 

「最近、見なかったねえ」

 

「顔色いいねえ」

 

「こないだ言ってた、

 

 あの趣味は続けてるの?」

 

などなど、

 

他にも色々あります。

 

 

いずれにしましても、

 

相手の調子を気遣う

 

話題から入りますと、

 

相手も自分のことを

 

気遣ってくれてるんだなと感じ、

 

悪い気はしませんし、

 

人間誰しも自分のことに

 

一番関心を持っていますから、

 

自分のことを聞いてくれて

 

嬉しくもなるのです。

 

 

そして、相手の調子を

 

聞いただけなのに、

 

そこから話題が膨らみ、

 

自然と楽しい会話に

 

つながっていくことも

 

多いのです。

 

 

たとえば、

 

「最近、調子どう?」と

 

切り出していけば、

 

「最近、調子良くてね」と

 

最近起きた良いことを

 

色々と話してくれますから、

 

その話題に乗っかって、

 

雑談を広げていけば

 

いいのです。

 

 

逆に、「最近、調子悪くてね」

 

と言われましても、

 

そこから最近、何に調子が

 

悪いのかを話してくれますから、

 

その話題に乗っかれば、

 

やはり、雑談が広がって

 

いくのですね。

 

 

相手の調子を気遣う言葉が

 

最初にクリーンヒットすれば、

 

特に努力しなくても

 

雑談が自然と広がっていき、

 

楽しい会話になります。

 

 

 

スポンサーリンク




当サイトの人気カテゴリーランキング

関連ページ

雑談を制するものは人生を制す
人生に潤いを与えて楽しくするには雑談が欠かせない
雑談上手は人間関係をスムーズに進めることができる
雑談が上手だと家族関係もうまくいきやすくなる
雑談上手は恋愛もうまくいきやすい
雑談の取っ掛かりに最適なのが天気の話題
その場の状況を観察して言葉にするだけで雑談になる
相手の外見を褒めたり話題にしても雑談が膨らむ
相手の変化を見つけて話題にしても雑談が膨らむ
雑談の目的は相手を喜ばせることと心得る
天気、趣味、時事、旅行、人間関係、健康、仕事、衣食住が雑談になる
天気の話→時事ニュース→相手の話という流れが雑談の王道
常にテレビや雑誌、新聞、書物、ネットで情報を仕入れておく
常に新しい体験をするよう努力して雑談のネタを仕入れる
常日頃から何にでも興味を持ち調べる癖をつけておく
色んな体験を積んでいる人ほど雑談が面白い
「好きな食べ物は何ですか」からも雑談は広げられる
ほとんどの人が失敗談を話すと心を開いてくれる
自分を良く見せようとすると雑談でも緊張してしまう
話題を広げる能力は右脳の力から来る
出身地を聞き出し地方の特徴を話すと会話が盛り上がる
相手が好きなこと興味があることに話題を集中させる
恋愛のデートにおける雑談は事前準備をしておくと完璧
最も雑談しづらいのはマニアックな人
マニアックな人と雑談するとマニアックな話題にしかならない
相手が専門家なら、その分野の雑談が無難
どうしても雑談が広がらない相手であれば無理しない方が良い
相手の話に上手に驚いて共感すると雑談が弾んでいく
相手の言葉を繰り返して何かを付け加えると雑談は続いていく
相手が口にした言葉を全て雑談を広げる糸口につなげる
家族の話をする時は相手の気分を害さないよう慎重におこなう
新たな情報と気持ちを付加し合わないと雑談は広がらない
雑談では質問ばかりになると尋問になってしまう
会話が途切れたら相手の現状を聞くと話が広がりやすい
雑談が弾まない時は「ところで」という魔法の言葉を使う
会話が途切れたら質問して相手の言葉を引き出して広げていく
雑談は何を話しても良いので人間性が浮き彫りになる
簡単な心理判断を披露すると興味が湧き話が弾んでいく
雑談は「最近、調子はどうですか」から始めると無難
雑談上手になるには話し上手より聞き上手になると良い
自分が2割話して相手に8割話させるのが雑談の極意
自分の昔の話や子供の時の話は良い雑談ネタとなる
人間関係を良くしたいなら雑談を広げていく努力をする
誰かを見かけたとか出会ったという話は雑談のネタになる
動物を飼っている人には動物ネタが最も効果的
パーティでは皆を楽しませようと考えながら話しかけると良い
相手の何気ない話から趣味や興味あることを見抜く
相手の話のどこにフォーカスするかで話題が変わっていく
噂話も立派な雑談だが悪口や陰口は言わないようにする
旅行の話をすると盛り上がるし前向きな気分になる
相手の話を否定すると雑談は終了してしまう
相手が自分の趣味の話に熱くなり始めたら雑談は大成功
雑談が広がりやすい質問と雑談が終了しやすい質問
芸能人に似ていると告げると喜んで雑談も弾む
「すごいですね」は雑談を膨らませる魔法の言葉
さりげなく褒めて相手をいい気分にさせて雑談を弾ませる
スポーツをやっている相手にはスポーツの話題がいい
社会人同士であれば学生時代の話題も盛り上がる
時事問題を話題にするなら誰でも知っている内容にする
雑談では政治と宗教の話はしないようにする
「いいこと言いますね」と相手の言葉を褒めると良い
普段から面白い人を見つけて、その人を話題にする
相手が映画好きなら映画の話に持っていくと良い
最近子供が生まれた相手なら子供ネタが間違いない
相手の言った言葉にすかさず共感を示すと会話が弾みだす
自分の気持ちや感情を率直に感想として付け加えて返す
うなづきと相槌だけで終わると雑談が終了してしまう
相手の気持ちを言葉に表して共感してあげると効果大
男性には無口で雑談が好きではないタイプの人もいる
相手がマイナスの発言をしてきても上手に褒めて乗り切る
相手の趣味が分かっているなら単純にその話をすれば良い
単調にならないよう色んな種類の相槌を用意しておく
誰かの良い噂を話すのなら積極的に参加すると良い
時に大げさなくらい驚いて見せるのも効果がある
反論したり否定したりすると雑談は終了してしまう
雑談をするなら飽くまでも理解と共感を基盤として話す
「さすがですね」という言葉には相手を持ち上げる力がある
「それからどうなった?」と身を乗り出して聞いてみる
答えるのが難しい質問をしてしまうと雑談が終わってしまう
「観察力が鋭いですね」と褒めると相手は喜んで話し始める
雑談ではお互いの共通事項を探り、そこを攻めると良い
健康法やダイエット法を話題にすると雑談は膨らみやすい
人相学や手相学を勉強しておくと話題に事欠かない
手相が分かれば正々堂々と好きな異性の手を握ることができる
プロ野球の雑談は、どのチームのファンなのかに注意する
「ここだけの話」は非常に盛り上がる雑談につながる
雑談上手だと老人になっても人気者でいられる
組織の方向性さえも雑談が決めていく
人間関係もセールスも取っ掛かりには雑談が必要
失敗談や笑い話、ミスした話などを常にストックしておく
「はあ、そうですか」で終わらず自分の気持ちを付け足す
落差(オチ)が笑いを生む

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学