今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


他者にかける言葉に注意すると幸せ感が増大する

 

 

他者にかける言葉に注意すると

 

幸せ感が増大するということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が流れて

 

おりますから、他者を幸せにすると、

 

自分も幸せになれます。

 

 

他者にしたことは、必ず自分に

 

返ってきますから、他者は本当は

 

自分なのですね。

 

 

いずれにしましても、他者を幸せな

 

気分にしてあげましたら、こちらも

 

幸せな気分でいられるし、

 

幸福感が一気に増すのです。

 

 

そこで、他者も自分も幸せにするには

 

どうすればいいかと言いましたら、

 

やはり、口から出る言葉に気を付けて

 

いただきたいと思います。

 

 

口から出る言葉には、言霊(ことだま)

 

のパワーがありますから、気を付けて

 

使わないといけないのです。

 

 

もちろん、よく使えば、他者を幸せに

 

導くこともできます。

 

 

したがいまして、口から出る言葉は、

 

すべて他者を喜ばせる言葉だけを

 

口にするようにしてください。

 

 

すなわち、他者を誉めて、励まして、

 

勇気づけて、慰めて、前向きな

 

気持ちになれるよう、プラスの言葉を

 

かけてあげるようにしてください。

 

 

どんな相手にだって、平等に、

 

同じように言葉をかけてください。

 

 

誰か特定の人だけに

 

悪口を言ったり傷つく言葉を

 

投げかけるなどといったことは

 

しないでください。

 

 

相手が誰であれ、言葉で相手を

 

傷つけてはいけません。

 

 

それに、悪口や陰口も言っては

 

いけません。

 

 

相手が誰であっても、相手が喜び、

 

勇気と自信を持てるような言葉、

 

愛と思いやりを感じ取れるような
 
幸せな言葉だけを話すように
 
しましょう。

 

 

最初は難しいかもしれませんが、

 

次第に慣れてきますから、安心して

 

ください。

 

 

自分が口に出そうとしている言葉が、
 
相手を傷つけるマイナスの言葉で
 
あるなら、すぐにストップしてください。

 

 

逆に、相手を喜ばせて、幸せにして、

 

勇気づける言葉なのであれば、

 

どんどん口に出せばいいのです。

 

 

このことをしっかりと実践するだけで、

 

不思議と、どんどん幸せになって

 

いけるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

幸福は外からやってくるものではなく内からやってくる
内面が幸福であると外界も幸福な環境になっていく
常に幸せなイメージを持ち続けると幸せになる
常に幸せな言葉を言っていると幸せになる
人間関係の円滑さも幸せには重要である
経済的な豊かさも幸せには重要な要素となる
寄付すると精神的&物質的豊かさを手に入れやすくなる
鏡の法則を理解することは幸福への早道
天から与えられた使命を全うすると幸せになれる
日々の仕事に全力を尽くし他者に奉仕すると幸せになれる
徳を積むことで幸せな気持ちが増大する
徳を積み霊位霊格を上げることで幸福感が増大する
争いは極力避けることが幸せな生活には欠かせない
他者を幸せにすることができれば自分も幸せになれる
他者に奉仕した時の喜びは幸せな人生には欠かせない
ソウルメイトと出会えば幸せ感は急激に増大する
結局のところ幸せは自分の気持ちの持ちようである
自分が不幸だと言ったり思ったりする人は幸福にはなれない
大好きなことをやり続けると非常に幸せな人生となる
他者の悪口を言うと不幸が引き寄せられる
愚痴ばかり言っていると幸福になれない
他者をいじめたり他者を攻撃ばかりする人は不幸になる
世の中に恐怖や不安を広めたら徳を失い不幸になる
世の中に真実と安心、笑いと明るさを広めると幸せになれる
内観や瞑想をおこなうと内面から幸福になれる

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学