今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


内観や瞑想をおこなうと内面から幸福になれる

 

 

内観や瞑想をおこなうと内面から

 

幸福になれるということについて、

 

解説していきます。

 

 

人間が真に幸せになるためには、

 

内面から幸福になる必要があります。

 

 

なぜなら、外的世界における幸福は、

 

非常に移ろいやすいからです。

 

 

たとえ、嬉しい出来事があっても

 

すぐに移ろい、消え去ってしまいます。

 

 

ですので、内面における幸福を

 

手に入れなければ、いつまでたっても

 

真の幸せは、手に入らないということ

 

であります。

 

 

では、内面を幸せにするには

 

どうすればいいかということですが、

 

まずは、常に幸せなことをイメージ

 

することです。

 

 

また、怒りや恨み、ねたみ、そねみ、

 

猜疑心、葛藤、悲しみ、落ち込む

 

などのマイナスの感情を持たない

 

ことです。

 

 

すぐには無理ですが、常に

 

心を平安に、幸せに保つ訓練を

 

おこなっておりましたら、次第に

 

幸せな内面がつくられていきます。

 

 

さらには、内観や瞑想、

 

マインドフルネスをおこない続けると、

 

内面が平安になり、幸せに包まれます。

 

 

なぜなら、内観や瞑想、

 

マインドフルネスにつきましては、

 

心の中から雑念や汚れ、

 

あらゆる無駄な物を排除し、消滅させ、

 

心をクリアーにしてくれる行法で

 

あるからです。

 

 

これらの行法は、インドを始め、

 

様々な国で、何千年も前から実施

 

されてきた優れた行法です。

 

 

したがいまして、内観や瞑想、

 

マインドフルネスを毎日の日課として、

 

内面を清めることが、幸せへの

 

もっとも確実な近道なのであります。

 

 

なお、内観や瞑想については、

 

当ポータルサイトの

 

内観と瞑想の心理学という

 

カテゴリーに詳しい記事を書いて

 

おりますので、ぜひお読みください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ





関連ページ

幸福は外からやってくるものではなく内からやってくる
内面が幸福であると外界も幸福な環境になっていく
常に幸せなイメージを持ち続けると幸せになる
常に幸せな言葉を言っていると幸せになる
人間関係の円滑さも幸せには重要である
経済的な豊かさも幸せには重要な要素となる
寄付すると精神的&物質的豊かさを手に入れやすくなる
鏡の法則を理解することは幸福への早道
天から与えられた使命を全うすると幸せになれる
日々の仕事に全力を尽くし他者に奉仕すると幸せになれる
徳を積むことで幸せな気持ちが増大する
徳を積み霊位霊格を上げることで幸福感が増大する
争いは極力避けることが幸せな生活には欠かせない
他者を幸せにすることができれば自分も幸せになれる
他者に奉仕した時の喜びは幸せな人生には欠かせない
ソウルメイトと出会えば幸せ感は急激に増大する
結局のところ幸せは自分の気持ちの持ちようである
自分が不幸だと言ったり思ったりする人は幸福にはなれない
他者にかける言葉に注意すると幸せ感が増大する
大好きなことをやり続けると非常に幸せな人生となる
他者の悪口を言うと不幸が引き寄せられる
愚痴ばかり言っていると幸福になれない
他者をいじめたり他者を攻撃ばかりする人は不幸になる
世の中に恐怖や不安を広めたら徳を失い不幸になる
世の中に真実と安心、笑いと明るさを広めると幸せになれる

 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学