今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


学校内の心理カウンセラー

 

 

学校内の心理カウンセラーについて、

 

見ていくことにしましょう。

 

 

学校内の心理カウンセラーについては、

 

スクールカウンセラー、もしくは、

 

学校カウンセラーと呼ばれており

 

小学校、中学校、高等学校、

 

大学、大学院などで、

 

心理カウンセリングをおこなっています。

 

 

ちなみに、文部科学省では、

 

スクールカウンセラーの

 

任用規程を作成しているのですが、

 

「臨床心理士」、「精神科医」、
 
「大学教員」などを

 

資格要件として掲げています。

 

 

そのため、スクールカウンセラーになるには、

 

精神科医、大学教員でなければ、

 

指定大学院または専門職大学院を修了して、

 

臨床心理士の資格を取得するということが

 

必要になってきます。

 

 

もちろん、資格を取得したからと言って、

 

すぐにスクールカウンセラーに
 
なれるわけではなく

 

各学校から、お呼びがかかるほどの

 

実績が必要となります。

 

 

したがいまして、これまでに

 

大学で心理分野を

 

学んでこなかった方には、

 

なることは難しい職種ですし、

 

学んで来た方についても、

 

そう簡単にはなれない職種と

 

考えておいてください。

 

 

なお、成績の評価をおこなわない

 

第三者として雇われるため、

 

相談に来る生徒が、相談内容が成績に
 
影響するという恐れなく

 

気軽にカウンセリングを利用できるような

 

しくみとなっています。

 

 

現代社会では、

 

友人関係間のストレスや学習上の悩みから、

 

精神的な負担を感じている学生が多く

 

スクールカウンセラーの需要は

 

少しずつ増えてきていますが、

 

基本的に、文部科学省の

 

任用規定にのっとって、

 

資格要件を満たした人物だけを

 

雇うような形が多いです。

 

 

なかなか、スクールカウンセラーになる

 

道は険しいですけれど、

 

臨床心理士の指定大学院または

 

専門職大学院で学んでいる方、

 

または、卒業された方は、

 

ぜひ、スクールカウンセラーになる道

 

検討してみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ






 
トップページ 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ 内観と瞑想の心理学