今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


深層心理に抑圧されたものが言い間違いの原因である

 

 

深層心理に抑圧されたものが

 

言い間違いの原因であるということ

 

について、解説していきます。

 

 

世界的に有名な深層心理学者の

 

フロイトによりますと、深層心理に

 

抑圧されたものが、ふっと言い間違い

 

として出てくると考えられていました。

 

 

確かに、人間の言い間違いには、

 

やはり意味があり、全く関連のない

 

言い間違いは、なかなかしないもの

 

であるからです。

 

 

たとえば、浮気をしていた男性が、

 

妻に対して、浮気相手の名前を

 

間違えて言ってしまったりしますよね。

 

 

このような場合も、浮気している

 

事実や深層心理に抑圧していること
 
がなければ、言い間違えないわけです。

 

 

上述の例え話であれば、いつも

 

浮気相手のことを心に想っている

 

のだけれど、妻には絶対に言えないと

 

深層心理に抑圧してきたと

 

いうことです。

 

 

その結果、言い間違いとして、

 

深層心理が、ふっと表に出てきた

 

ということであります。

 

 

その他、政治家がよく失言をして

 

辞職に追い込まれることが

 

ありますよね。

 

 

この場合も、やはり普段から心の中に

 

思っていることが、気を許したときに
 
ふっと出てくるのです。

 

 

ですから、単なる失言としては

 

片付けられないことがお分かり

 

いただけると思います。

 

 

全く心にもなく、考えたこともない

 

ことは、失言として表に出てこない

 

ということであります。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ



 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ