今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


良い作品に感動する人は自分の作品も感動してもらえる

 

 

良い作品に感動する人は

 

自分の作品も感動してもらえる

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

したがいまして、

 

良い作品に感動する人は、

 

やがて自分の作品も

 

他者に感動してもらえる

 

ようになります。

 

 

ですので、いつも

 

他者の作品を認め、

 

感動する心を持っている人は、

 

自分が何かを作った時も、

 

他者に感動してもらえる

 

ということです。

 

 

実は、他者に認められる人は、

 

他者を認めることが

 

できる人であります。

 

 

また、他者を感動させる

 

作品を作ることができる人は、

 

自分自身が他者の作品に

 

感動することができる人

 

であります。

 

 

そこには、鏡の法則の

 

作用がはたらいている

 

からです。

 

 

ただし、鏡の法則の作用は、

 

すぐに返ってくる場合もあれば、

 

何年も何十年もしてから

 

返ってくる場合もあります。

 

 

ちなみに、世の中に

 

素晴らしい作品を発表して、

 

みなに感動を与えている

 

優れたクリエーター達は、

 

ほとんどの人が、

 

幼少時や学生時代、

 

もしくは、素晴らしい作品を

 

世の中に公開する前に、

 

自分自身が他者の作品に

 

感動してきた過去を

 

持っています。

 

 

すなわち、

 

小さい頃に絵画に感動し、

 

さまざまな作品に

 

触れ続けた人が、

 

やがて大人になって

 

素晴らしい絵画を描いて、

 

他者を感動させるように

 

なったとか、

 

幼少時から本が好きで、

 

たくさんの本を読み、

 

いつも感動して成長した人が、

 

今度は自分が優れた本を書き、

 

他者を感動させるような

 

作家になったなど。

 

 

このように考えますと、

 

幼少時や若い時、

 

もしくは、下積み時代に

 

どのようなことに感動し、

 

どのようなことに

 

没頭してきたのかが、

 

将来の使命につながっている

 

ということがご理解いただける

 

と思います。

 

 

感動する作品を

 

世に生み出す使命と役割を

 

持って生まれたからこそ、

 

幼少時から他者の

 

素晴らしい作品に触れて

 

感動しながら成長した

 

とも言えます。

 

 

いずれにしましても、

 

良い作品に感動する人は、

 

後に自分の作品も感動して

 

もらえるようになる

 

ということを

 

覚えておいてください。

 

 

 

 

 

他者の著作権を侵害する人は自分も著作権を侵害される

 

 

他者の著作権を侵害する人は

 

自分も著作権を侵害される

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

したがいまして、

 

他者の著作権を侵害する人は、

 

自分自身も後で必ず

 

著作権を侵害される結果に

 

直面させられます。

 

 

日本の著作権法においては、

 

著作者の表現を法的に

 

保護しております。

 

 

ですから、他者の著作を

 

丸ごとコピーしては

 

いけないのです。

 

 

もし、他者の著作を

 

コピーして権利を侵害すると、

 

親告罪と言って、

 

本人からの訴えがあった場合、

 

公表の差し止めや、

 

損害賠償を支払わないと
 
いけなくなったりするのです。

 

 

しかしながら、

 

鏡の法則を理解しますと、

 

それだけでは

 

終わらないことが

 

お分かりいただけると

 

思います。

 

 

上述のように、差し止めや

 

損害賠償の可能性だけでなく、

 

鏡の法則の作用により、

 

自分自身の著作権も

 

侵害されるようになると

 

いうことです。

 

 

ですので、もし、

 

自分自身の著作が

 

頻繁にコピーされる結果に

 

直面させられた場合は、

 

自分自身が他者の著作権を

 

侵害するようなことを

 

していなかったかどうかを

 

再確認する必要が

 

あるでしょう。

 

 

他者の著作を参考に

 

するのはいいのですが、

 

コピーしたり、丸ごと使っては

 

いけないということですね。

 

 

また、他者のアイデアや著作を

 

あたかも自分の創作であるか

 

のように表現しましたら、

 

徳のエネルギーも減少しますから、

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

ネット炎上の防止策と鏡の法則の関係

 

 

ネット炎上の防止策と

 

鏡の法則の関係について、

 

解説していきます。

 

 

最近よく、ちまたで、

 

ネット炎上という現象が
 
発生しております。

 

 

具体的に言いますと、

 

ブログのコメント欄や

 

ツイッター、FaceBookなどの

 

ソーシャルネットワーク、

 

2chなどの掲示板などで、

 

一度に大多数の人から

 

批判的な書き込みや

 

怒り、恨みのこもった

 

コメントを受けることです。

 

 

また、大きく炎上した時は、

 

多数の個人ブログやサイトから

 

記事の形で一斉攻撃を

 

受けることもあります。

 

 

これは、インターネットが

 

発展してきた結果、

 

特定の情報に大多数の人が

 

アクセスできるようになり、

 

さらには、各自がネット上で

 

自由にコメントなど

 

自己表現が出来るように

 

なってきたことが

 

影響しています。

 

 

インターネットが

 

なかった時代においては、

 

誰かを攻撃する時は、

 

面と向かって文句を言うか、

 

手紙やFAXを送りつけるか、

 

陰口を言い合ったり、

 

直接電話して怒鳴りつけたり、

 

新聞雑誌、テレビで

 

報道という形で攻撃するという

 

方法しかありませんでした。

 

 

しかしながら、

 

インターネットにおいては、

 

みなが自由に書き込んで

 

自己主張できますし、

 

世界中がつながってますので、

 

不平不満や恨みつらみも

 

手軽に表現できるように

 

なったのです。

 

 

その結果、ある特定の人物、

 

もしくは、特定の企業や組織に

 

多数の不平不満や恨みが

 

ぶつけられた時に、

 

ネット上の書き込みや

 

コメントが荒々しいものになり、

 

非難ごうごうの形と

 

なるのです。

 

 

このように、大多数の

 

怒り、怨み、不平不満を

 

ぶつけられた時、

 

みんなが一斉にその気持ちを

 

ネットで公開するので、

 

炎上するということです。

 

 

炎上という言葉通り、

 

炎のように怒りと非難が

 

燃え盛るのです。

 

 

では、どうして、

 

ネット炎上に遭ってしまうのか

 

と申しますと、

 

基本的には、違法行為、

 

誰かを傷つける発言、

 

誹謗中傷、マナー違反、

 

迷惑行為をおこなった
 
個人や企業などが
 
攻撃対象となります。

 

 

ネットの参加者達は、

 

怒りや理不尽を感じたら、

 

すぐにネットに書き込みますので、

 

多くの人達が怒りを感じれば、

 

多くの人達から、あっと言う間に

 

非難や批判が集中します。

 

 

それも、ある程度、

 

有名もしくは多数の人に

 

認知されている人が、

 

その攻撃対象となります。

 

 

なぜなら、大多数の人から

 

ネットの書き込みによって

 

一斉に攻撃されるのが

 

炎上ですから、

 

無名で、誰にも知られていない

 

人におきましては、

 

ネット炎上に遭うことは

 

比較的、少ないのです。

 

 

以上のことから、

 

ネット炎上に遭わないためには、

 

一般的な対策として、

 

メディアなどで露出を増やしすぎず、

 

有名になりすぎないこと、

 

違法行為や迷惑行為を

 

おこなわないこと、

 

他者の怒りや恨みを買わないよう

 

言動にくれぐれも注意すること、

 

誹謗中傷やマナー違反を

 

おこなわないなどが

 

対策として挙げられます。

 

 

しかしながら、

 

それだけでは不十分です。

 

 

以上のことを守っていても、

 

ネット炎上の攻撃に

 

遭ってしまう人がいるのです。

 

 

では、それ以上に、

 

どのようなことに気をつければ

 

いいのでしょうか。

 

 

実は、鏡の法則の観点から、

 

最も効果のある対策が

 

あるのですね。

 

 

鏡の法則は、

 

自分が他者におこなったことが

 

後で必ず自分に返ってくるという

 

根源法則でした。

 

 

そして、ネット炎上に遭って、

 

大勢から痛烈な批判や非難を

 

浴びることになった人は、

 

やはり、自分自身が、

 

過去に、他者に対して、

 

痛烈な批判や非難を

 

繰り返しおこなったり、

 

心の中で他者に対して

 

悪意を持ち続けていた人

 

なのです。

 

 

鏡の法則の作用により、

 

他者に対して、

 

批判や非難を繰り返し、

 

さらには、他者に対して

 

怨みつらみや怒りを

 

感じ続けて来た人は、

 

今度は、自分自身が

 

批判と非難、怨みつらみ、

 

怒りをぶつけられる

 

ことになります。

 

 

また、ネット炎上においては、

 

非難、批判、怒り、恨みの

 

莫大なエネルギーが

 

放出されます。

 

 

したがいまして、

 

それに見合うだけの

 

莫大なマイナスのエネルギーを

 

蓄積してしまった人や企業、

 

組織などが、何らかのきっかけで

 

ネット炎上に遭うということです。

 

 

以上のことから、

 

上述した一般的な対策と

 

あわせて、常日頃から、

 

自分自身が他者に対して

 

批判や非難をしすぎず、

 

怒りや恨みを持ちすぎないよう

 

注意することも

 

必要になってくるのです。

 

 

ネット炎上の爆発には、

 

非常に莫大な

 

マイナスのエネルギーが

 

必要になります。

 

 

エネルギーが足りなければ、

 

炎上の炎は、すぐに

 

消えてしまいます。

 

 

したがいまして、

 

長続きするネット炎上に

 

遭う人や企業は、

 

相当に、他者を批判、非難し、

 

怒りや恨みを感じ続けて、

 

莫大なマイナスのエネルギーを

 

溜め込んできたことが

 

分かるのです。

 

 

 

 

 

いつも嬉しいと考えていたら嬉しい出来事が起きる

 

 

いつも嬉しいと考えていたら

 

嬉しい出来事が起きる
 
ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

したがいまして、いつも

 

心の中にイメージしたり、

 

想っていることは、

 

やがて現実世界に成就し、

 

実現するようになっています。

 

 

もちろん、ちょっと考えたり、

 

一瞬だけ考える場合では、

 

エネルギーが弱いので、

 

現実化はしにくいです。

 

 

ですが、毎日毎日

 

常に考え続けていたり、

 

イメージし続けておりますと、

 

ものすごい想念エネルギーが

 

はたらきますので、

 

本当に現実化してしまう

 

ということです。

 

 

鏡の法則には、

 

このような不思議な

 

作用があるのですね。

 

 

はじめて聞いた人には、

 

まるで魔法であるか、
 
もしくは詐欺のように

 

聞こえるかもしれません。

 

 

しかしながら、それは、

 

真理であり、真実であり、

 

我々は、知らず知らずの内に、

 

その作用の中で

 

生活しているのです。

 

 

私達人間は、知らず知らず、

 

不幸な人生を創造したり、

 

貧しい生活を創造したり、

 

事故や病気、離婚や喧嘩を

 

引き寄せてしまっている

 

ということなのです。

 

 

それでは、いけませんよね。

 

もっと、思考やイメージの

 

力を知らないといけません。

 

 

思考やイメージの力を

 

プラスの方向に向けることで、

 

人生を、プラスの方向に

 

方向転換できるからです。

 

 

その中でも、とりわけ、

 

嬉しいこと、楽しいことを

 

想像し、イメージすることが

 

大切でしょう。

 

 

もし、いつもいつも

 

嬉しいこと、楽しいこと

 

ばかり考えておりましたら、

 

鏡の法則の作用により、

 

本当にそのような現実が

 

創り出されるのです。

 

 

ですので、いつも、

 

嬉しいこと、楽しいことを

 

考えて、頭の中や

 

心の中をハッピーで

 

満たしておいてください。

 

 

それが、正真正銘、

 

幸せな人生を創造する

 

方法であるからです。

 

 

あと、豊かさについても、

 

常にイメージしてください。

 

 

そうすれば、だんだん

 

豊かになっていきまして、

 

さらに幸せになれるからです。

 

 

 

 

 

空想家であるほど活発に行動するし買い物も多くなる

 

 

空想家であるほど活発に行動するし

 

買い物も多くなるということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が流れて

 

おりますから、常に心に想い描く

 

ことは、やがて現実化していきます。

 

 

また、想いを現実化する際には、

 

想念と物理世界の橋渡しのために、

 

「行動」が必要となります。

 

 

いくら心に想い描いていても、それを

 

現実化するためには、「行動」が必要

 

となるということであります。

 

 

逆に言いますと、空想家であるほど

 

活発に行動するということで

 

あります。

 

 

空想すればするほどに、より多く、

 

現実化のための行動が必要となり、

 

行動したいという衝動や情熱が

 

ほとばしり出るからです。

 

 

また、空想家は、自分が色々な物を

 

手に入れたイメージもたくさん心に

 

思い浮かべますので、物を手に

 

入れたいという気持ちや衝動も

 

強くなります。

 

 

その結果、空想家であればあるほどに、

 

買い物も多くなる傾向にあります。

 

 

以上、空想家であるほど活発に

 

行動するし買い物も多くなるという

 

お話でした。

 

 

もし、節約して、お金を貯めたい

 

のでありましたら、あまり

 

あれこれと欲しい物について

 

考えないようにすることを

 

おすすめいたします。

 

 

なぜなら、欲しい物について

 

考えれば考えるほどに、

 

ついつい買ってしまう強い衝動が

 

心の底から湧きあがってくるように

 

なるからです。

 

 

 

 

 









スポンサーリンク




関連コンテンツ




関連ページ

鏡の法則とは何か
鏡の法則を使った心理テクニック
鏡の法則を使って悪い噂を消すテクニック
鏡の法則を使えば絶対安全の境地に達することができる
世の中が厳しいのは、鏡の法則が流れているから
鏡の法則を使うと他者から許してもらえる
他者に愛されたいなら、まず自分から愛すること
鏡の法則を使って仕事の効率を上げる方法
鏡の法則を使って成功する方法
鏡の法則は内面を現実化する
戦争・災害・病気と鏡の法則
内面が幸福だと良いことが起こる
哺乳類の肉を食べると癌になりやすくなる
批判や非難が好きな人は後ほど危機が訪れる
内面をおさめた人がいるだけで周囲がまとまる
家庭と職場はつながっている
自分の周りには過去の自分がいる
店員さんも同じ人間
収入は社会に対する貢献度
すでに満ち足りていると考えると良い
幸せは自分でつくりだすもの
人に完璧を求めない
うまくいく人とうまくいかない人の違い
他者に悪意を抱かないようにする
誰も見ていなくても天が見ている
鏡の法則にえこひいきなし
全ての人を許せるようになろう
他者を立てて自分を低い位置に置くのが最上
順境の時に逆境の原因を作ってしまう
人に好かれるコツ
プラスの原因をたくさん蓄えよう
思考やイメージを支配するために内観をする
子供時代に養ってもらった分、親を養うことになる
鏡の法則を使って考える
法則に従う者を法則に従わない者が攻撃しても失敗する
固定観念を捨てて根源法則から判断する
従うべきルールの優先順位
善行を行うのに躊躇してはならない
鏡の法則にのっとった生き方
苦境から逃げても追いかけてくる
鏡の法則の連鎖
縁と鏡の法則の関係
人から受けた仕打ちに対して、いつまでも根に持たない
縁とは鏡の法則により生じたエネルギーの集まり
自分に対する想念と鏡の法則の効果
仕事とは一体何なのか、鏡の法則から考えてみる
モーセの杖と思考増幅装置
じっとしていると水は澄んでくる
情報の発信と受信のバランスを取る
前世のたどりなおし
出すということは、とても大切
動植物に対しておこなってきたこと
絶対に逃れられないことからは逃れようとしないこと
勤勉の美徳と鏡の法則
天の道に従うと地位の高い人の前でも引け目を感じない
計画、行動、修正の繰り返しで鏡の法則を体得する
神様はカルマ(業念)の返済を絶対に許してくれない
嘲笑すると今度は自分が嘲笑される環境に置かれる
家庭内暴力に遭う人は過去生で他者に同じことをした
上司にガミガミ言われるなら過去生で自分もしてきた
心配ばかりすると心配事を呼び込んでしまう
想念を管理できるようになるため地球に生まれてきた
この世界は無限の富とエネルギーで溢れている
自分は運がいいと考えて口に出していれば運が良くなる
幸せな気分は幸せな出来事を呼び寄せる
現実を前向きなフィルターをかけて見るようにする
私達はカルマを返済するため親を選んで生まれてくる
金持ちが更に金持ちになり貧乏人が更に貧乏になる理由
健康な人が更に健康になり病弱な人が更に病弱になる理由
強運な人が更に強運になっていく理由
他者を嘲笑すると自分が嘲笑される出来事が起こる
楽しみと幸せを感じる時間を意識的に増やす
来世のために業念(カルマ)をできる限り清算しておく
目標や夢を書いたり写真を周囲に貼っておく
自分は一流といつも考えていると本当に一流になれる
いつもつらいと考えているとつらい出来事を引き寄せる
いつも面倒と考えていると面倒な出来事を引き寄せる
いつもイライラしていると腹が立つ出来事が起きる
いつも幸せと考えていると幸せな出来事を引き寄せる(鏡の法則)
いつも豊かさを考えていると豊かさが引き寄せられる
前向きに考えれば前に進み、後ろ向きに考えれば後ろに進む
暴力的な人生を送ると戦乱の時代に生まれ変わりやすい
この世界では、なぜお金がないと生きていけないのか
嫌われたらどうしようと考える前に自分の心を正す
悪く思われたらどうしようと考える前に自分の心を正す
鏡の法則を理解すると他者からの仕打ちを怨まなくなる
日本には物余り時代を超えて心余り時代がやって来る
周囲に迷惑をかけていると思い込みすぎてはいけない
自分を過小評価すると惨めに思う出来事が頻繁にやってくる
他者を大切にするからこそ自分も大切にされる
他者の欠点探しをやめると非常に生きやすくなる(鏡の法則)
平和は自分の中から創り出すもの
素直に話を聞いてほしいなら自分こそ素直に聞く
文句ばかり言う人間に対しては誰もが文句ばかり言うようになる
他者を信頼する人は他者からも信頼される
争ってばかりの人間には争いがつきまとう
裁判所に訴えてばかりの人間は自分も訴えられる
誰に対しても親切で優しい人間は誰からも優しくされる
通報してばかりの人間は自分も通報される
事細かく注意ばかりする人は自分も事細かに注意される
告げ口ばかりする人間は自分も告げ口される
他者の秘密を暴露する人間は自分の秘密も暴露される
自分勝手な人間の周りには自分勝手な人が集まる
律儀な人間の周りには律儀な人間が集まる
正直な人間の周りには正直な人間が集まる
他者を見下す人間は自分も見下される
他者を深く愛する人は自分も深く愛される
他者との関係を簡単に切る人は自分も関係を切られる
電話ばかり架けている人は自分にも電話が多く架かってくる
丁寧な人の周りには丁寧な人が集まってくる
順番を守らない人の周囲には順番を守らない人が集まる
他人が困った時に助ける人は自分が困った時も助けてもらえる
他者に冷たく当たる人は自分も冷たく当たられる
他者に憧れてばかりいる人は自らが憧れの存在になる
純粋な心の持ち主の周囲には純粋な心の持ち主が集まる
人を騙してばかりの人は自分も騙される
他者を軽蔑する人間は自分も軽蔑される
言葉の荒い人の周りには言葉の荒い人が集まってくる
誰か一人でも不幸にしていたら幸せになれるはずがない
従業員満足が大切な理由と鏡の法則の関係
鏡の法則の作用により、無視すれば無視される
鏡の法則の前では秘密は通用しない
怒鳴ってばかりの人は後で自分も怒鳴られる
鏡の法則の作用により大らかな人は非常に生きやすくなる
愛想の良い人は周囲からも愛想良くされる
反抗的な態度の人は自分も反抗される
本当に賢い人は問題の種を最初から摘み取っておく
他者を追い詰めた人は自分も追い詰められる
頻繁に食事に誘う人は自分も頻繁に誘われる
誘いを断ってばかりの人は自分も断られる
拒否してばかりの人は自分も拒否されてばかりになる
ぶつかった時に先に謝る人は自分も先に謝ってもらえる
他者を命がけで守る人は自分も命がけで守ってもらえる
礼儀正しい人は自分も周囲から礼儀を守ってもらえる
義理と人情に厚い人は自分も困った時に助けてもらえる
相手の話を聞かない人は自分も話を聞いてもらえない
口論をふっかける人は自分も口論をふっかけられる
いつも遅刻する人は自分も時間を守ってもらえない(鏡の法則)
仕事を休んでばかりの人は周囲の人も休みがちになる
申し出を素直に受け容れる人は自分の申し出も受け容れられる
上司に反抗してきた人は部下に反抗される
王に忠実に仕えた家臣の部下は忠義の士が多い
他者を心から大切にする人は自分も大切にされる
つきあいが打算的な人は自分も打算的な人に囲まれる
他者にプレゼントを贈る人は自分も贈ってもらえる(鏡の法則)
他者を養う人は自分も後に養ってもらえる
クレクレ精神こそが貧しさを引き寄せる原因の一つ
失敗やミスした時に許されるかどうかは過去の言動で決まる
他者を認めることができる人は自分も認められる
他者を馬鹿にする人は自分も馬鹿にされる
他者を笑う人は自分も笑われる
悪意を持って他者に接すれば自分も悪意を持って迎えられる
他者を賞賛すれば自分も賞賛される
仲間意識が強い人は自分も仲間として迎えられる
協調性の高い人の周囲には協調性の高い人が集まってくる
借りた物を返さない人は自分も返してもらえない
他者を裏切る人は自分も裏切られる
他者に失望する人は自分も失望される
他者の言葉の揚げ足を取る人は自分も揚げ足を取られる
理屈っぽい人の周囲には理屈っぽい人が集まる
自分の管轄ばかり主張する人は常に管轄争いに巻き込まれる
他者の才能を見抜く人は自分の才能も見抜いてもらえる
人間が嫌いな人は誰からも嫌われる(鏡の法則の作用)
他者を可愛いと思う人は自分も可愛いと思ってもらえる(鏡の法則)
この人がいないとダメと思う人は自分も同じように思われる
結婚したいと思う人は自分も誰かから同じように思われる
厄介な事を持ち込む人は自分も厄介な事に巻き込まれる
他者に不満を持ったら自分も不満を持たれる
妻に不満がある夫は自分も不満を持たれている
他者を守ってあげたいと思う人は自分も同じように思われる
ミスや失敗を厳しく指摘する人は自分も厳しく指摘される
仲良くしようと努力する人は他者から同じように思われる
誰かをライバル視すると自分も同じようにライバル視される
隣地との境界に不平がある人は隣から同じように思われる
常に言動に注意している人に接すると自然と身が引き締まる
高圧的な態度をとる人は自分も高圧的な態度をとられる
納期を守る人は自分も納期を守ってもらえる(鏡の法則)
依頼事項を素早く仕上げる人は自分も素早く仕上げてもらえる
メールなどの返事が早い人は自分も早く返事してもらえる
家族のおやつを勝手に食べたら自分のおやつも勝手に食べられる
他者に気を遣う人は自分も他者から気を遣われる
他者の秘密を守らない人は自分の秘密も暴露される
悩みを打ち明ける人は自分も悩みを打ち明けられる
相手を理解しようとしない人は自分も理解してもらえない
無口な人は他者からも話しかけられることは少ない
たくさん本を読む人は自分の著作もたくさん読んでもらえる
子供を可愛がる人は子供からも愛される
部下を愛し敬意を払う上司は部下や重役からも尊敬され愛される
動物を愛する人は動物からも愛される
植物を愛する人は植物からも愛される
他者を手伝ってあげる人は自分も手伝ってもらえる
お願いや依頼ばかりする人は自分も色々とお願いされる
他者に自分の趣味を押し付けたら自分も趣味を押し付けられる
使いっぱしりを頼む人は自分も使いっぱしりを頼まれる
嫌な仕事を誰かに押し付ける人は自分も嫌な仕事を押し付けられる
面倒な用事を押し付ける人は後で自分も面倒に巻き込まれる
いつも楽しいと考えていたら楽しい出来事が起きる
つらいと考えていたらどんどんつらくなっていく
無理なお願いばかりする人は自分も無理を言われる
緊張ばかりしている人は他者にも緊張される
ネットで他者の情報を晒す人は自分の情報も晒される
他者を利用価値で判断する人は自分も利用価値だけで判断される
人の言うことを聞かない人は自分の言うことも聞いてもらえない
鏡の法則の作用により、他者を捨てると自分も捨てられる
他者をいじめる人は自分も周囲からいじめられる
他者を笑わせて幸せにする人は自分も笑わされて幸せになる
他者に譲る習慣のある人は自分も譲ってもらえる
約束を破る人は自分も約束を破られる
人生は鏡の法則を実体験から学習する道場である
仕事は鏡の法則を徹底的に訓練される強制合宿である
親の面倒を見ない人は自分の老後も面倒を見てもらえない
多少のマナー違反を許してもらえるのは自分が許した結果である(鏡の法則)
悪気がなかったとしても鏡の法則の作用からは逃れられない
値切ってばかりの人は自分も値切られる
プラスのカルマを積むことで幸せになれる
他者からもらってばかりの人は、どんどん貧しくなっていく
他者を引き上げる人は自分も引き上げてもらえる
人助けが習慣の人は周囲からも助けてもらえる
多くのメールを送る人は自分にも多くのメールが来る
ケチばかりつける人は自分もケチばかりつけられる
重要な仕事を任せる人は自分も重要な仕事を任せられる
人事異動の際は鏡の法則が特に大きく作用する
人間関係での思いつきは鏡の法則の作用であることが多い
世の中に多大な貢献をした人は豊かさを約束される
無料の物をもらってばかりだと貧しくなっていく
電話でわめき立てる人は自分も電話でわめき立てられる
そっけない態度をとる人は自分もそっけない態度をとられる
他者に相談する人は自分も相談される
自然体で人と接する人は相手からも自然体で接してもらえる
余計な用事を作りたくないなら他者への依頼を最小限に抑える
いつも悲しいと考えていたら悲しい出来事が起きる
他者に耳寄り情報を提供する人は自分も情報をもらえる
感覚的な人の周囲には感覚的な人が集まる
本音で話す人は他者からも本音で話してもらえる
自分は美しいと思い込むと鏡の法則により本当に美しくなる
試験に落ちると思い込んでいたら鏡の法則により本当に落ちる
自信満々の弁護士に依頼すると勝てる鏡の法則上の理由
自分は人気がないと思い込むと鏡の法則により人気がなくなる
思い込む力は最高の才能である
鏡の法則を使った性格改善法
鏡の法則を使って大らかな性格になる方法
シュヴァルの理想宮と鏡の法則の作用
鏡の法則を使って人を許せる性格になる方法
頭の中で色んな商品を想い描く人は金遣いが荒くなる
鏡の法則を使って問題を次々と解決できるようになる方法
鏡の法則を使って物事を長続きできる性格になる方法
鏡の法則を使って明るくて朗らかな性格になる方法
みんなから尊敬され愛されるようになる方法
争いを好まず柔和な性格になる方法
何事にも怯まない強い性格になる方法



引き寄せの法則オススメ教材






ツイッターやってます






 
トップページ ツイッター 出版物一覧 オススメ教材