今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


鏡の法則を使った性格改善法

 

 

 

鏡の法則を使った性格改善法

 

 

鏡の法則を使った性格改善法について、

 

解説していきます。

 

 

人間誰しも、自分の性格をもっと

 

良いものに変えたいと考えております。

 

 

なぜなら、神様ではない人間には、

 

完璧な性格の持ち主なんていない

 

からです。

 

 

人間は、みな不完全でありますので、

 

やはり、自分の性格のどこかは

 

直したいと考えているものです。

 

 

では、どうすれば、自分の性格を

 

変えることができるのでしょうか。

 

 

性格って、なかなか変えられないと

 

いうことは、多くの人が分かって

 

いるとおりです。

 

 

実は、そのように難しい性格改善に

 

つきましても、鏡の法則を使えば、

 

成し遂げることができるのです。

 

 

したがいまして、性格を変えられない

 

などと、悩んだり、諦めたりする

 

必要はないのです。

 

 

では、鏡の法則を使って性格を

 

変えるとは、どういうことなのか。

 

 

鏡の法則につきましては、

 

常に心に想い、イメージし続けると

 

現実化するという法則でした。

 

 

したがいまして、まずは、自分が

 

なりたい性格を決めます。

 

 

自分がどんな性格になりたいのかを

 

考えてみるということです。

 

 

たとえば、明るい性格になりたい

 

などといった希望があるはずです。

 

 

そこで、そのなりたい性格になった

 

自分を心の中でイメージするのです。

 

 

明るい性格になりたいのであれば、

 

すでに明るい性格になった自分を

 

心の中にイメージするのですね。

 

 

明るい性格になって、どんな生活を

 

送っているのか、周囲からどんな

 

評価を受けているかなどを

 

色々とイメージし続けるのです。

 

 

コツとしては、楽しくワクワクする

 

ように感じるまでイメージし続けると

 

いうことです。

 

 

それを何週間、何ヶ月と続けて
 
いきますと、鏡の法則の作用により、

 

やがて、実際に希望の性格に

 

なっていくということです。

 

 

心の中で、常にイメージしていれば、

 

鏡の法則の作用により、

 

希望の性格になるために必要な

 

様々な閃きとインスピレーションが

 

湧いてきますので、そのとおりに

 

行動していけばいいのです。

 

 

希望の性格になるには、何をすれば

 

いいのか、どんな本を読めばいいのか、

 

どんな人と付き合えばいいのか、

 

どんな場所に行けばいいのか、

 

どんなスポーツをすればいいのか、

 

どんなグループに所属すればいいか

 

などなど、潜在意識が教えてくれる

 

ようになるのです。

 

 

また、鏡の法則の作用により、

 

周囲の環境も変わってくるし、

 

性格を変えるために必要な

 

様々なチャンスも訪れるように

 

なってくるのですね。

 

 

必要なことは、なりたい性格になった

 

自分を心の中でイメージし続けること

 

だけであります。

 

 

それさえできれば、あとは、

 

自然についてくるということなのです。

 

 

 

 

 

鏡の法則を使ってミスや失敗の少ない人になる方法

 

 

鏡の法則を使ってミスや失敗の

 

少ない人になる方法について、

 

解説していきます。

 

 

仕事のみならず、日常生活に

 

おきましても、やたらにミスや失敗

 

ばかりしている人がおりますよね。

 

 

逆に、仕事においても、日常生活に

 

おいても、ほとんどミスや失敗を

 

しない人もいます。

 

 

では、そのような人たちの間には、

 

どのような違いがあるのでしょうか。

 

 

もちろん、慎重な性格や大ざっぱな

 

性格、完璧を求める性格やいい加減な

 

性格など、生まれついての性格も

 

大きな影響を与えています。

 

 

しかしながら、それ以上に、心の中で

 

普段から何を考えているかも、重要な

 

要素となっているのです。

 

 

なぜなら、この世界には、鏡の法則が

 

流れており、常に考えていることが

 

現実化していくからです。

 

 

もし、常日頃から、

 

「また、失敗するかも」とか、

 

「うまくいくはずがないんだよ」とか、

 

「無理だよ!できないよ」などと

 

考えている人は、やはり失敗して

 

しまうのですね。

 

 

逆に、「絶対うまくいく!」とか、

 

「必ず成功する」とか、

 

「うまくいかないはずがない」などと

 

いつも考えている人は、やはり

 

成功しやすいのです。

 

 

したがいまして、仕事や日常生活に

 

おきまして、ミスや失敗ばかりしたく

 

ないと思うのであれば、

 

「失敗などするものか!」とか、

 

「私はミスなんかしない」などと

 

常日頃から、考えていたらいいのです。

 

 

いつも失敗することばかり考えている

 

人は失敗を引き寄せてしまうし、

 

うまくいくことばかり考えている人は

 

成功を引き寄せることができると

 

いうことなのであります。

 

 

 

 

 

優れた人の周囲には同じように優れた人が集まる

 

 

優れた人の周囲には

 

同じように優れた人が集まる

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

したがいまして、自然と

 

同じような特徴を持つ

 

似たような人が

 

集まってくるように

 

なります。

 

 

なぜなら、似たような

 

人が集まった方が、

 

カルマを返済しやすい

 

からです。

 

 

たとえば、イライラした人が

 

イライラのカルマを

 

返済するためには、

 

周囲にイライラしやすい

 

人を配置した方が

 

返済しやすいですよね。

 

 

愛情深い人が

 

愛情深いという

 

プラスのカルマを

 

身に受けるためには、

 

周囲に愛情深い人を

 

配置した方が

 

成就しやすいですよね。

 

 

そのような理由から、

 

似たもの同士が集まります。
 
 
類友の法則とも

 

呼ばれています。

 

 

このような次第で、やはり、

 

優れた人の周囲には、

 

優れた人が集まってくる

 

ということです。

 

 

したがいまして、

 

自分が優れているかどうかを

 

知りたいのであれば、

 

自分の周囲の人達を

 

観察すればいいのです。

 

 

もし、自分の周囲の人達が

 

優れた人ばかりであれば、

 

自分も優れた人と言えます。

 

 

逆に、自分の周囲の人達が

 

愚かな人ばかりであれば、

 

自分も愚かであることが

 

分かるのです。

 

 

この世界は

 

鏡のような構造に

 

なっておりますから、

 

自分の周囲の人達は、

 

全て自分自身の内面の

 

表れであるということを

 

覚えておいてください。

 

 

 

 

 

責任感の強い人の周囲には責任感の強い人が集まる

 

 

責任感の強い人の周囲には

 

責任感の強い人が集まる

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

ですので、

 

責任感が強い人の周りには、

 

責任感の強い人が

 

集まってきます。

 

 

責任感が強い人は、

 

自分がやるべき仕事を

 

しっかりと引き受けて、

 

最後まで面倒を

 

みようとします。

 

 

その結果、それが

 

鏡の法則により自分に

 

返って来ますので、

 

周囲の人達も

 

責任感を強く持って、

 

やるべき仕事を

 

しっかりと引き受けて

 

くれるのです。

 

 

したがいまして、

 

仕事をおこなう上では、

 

責任感を持って、

 

自分に割り当てられた仕事を

 

しっかりと最後まで

 

何があってもやり抜くという

 

心構えが必要です。

 

 

もし、その心構えが

 

しっかりとできておりましたら、

 

責任感の強い仲間に恵まれ、

 

総合的に仕事が

 

うまくいくでしょう。

 

 

逆に、責任感がなく、

 

何でも中途半端で投げ出し、

 

嫌な仕事は周囲に

 

押し付けるような人は、

 

自分自身も同じような

 

人達に囲まれます。

 

 

すなわち、周囲の人達も、

 

責任感がなくて、

 

何でも中途半端で投げ出し、

 

嫌な仕事は、こちらに

 

押し付けてくるように

 

なるのです。

 

 

その結果、総合的にも、

 

仕事はうまくいかないし、

 

はかどらないし、

 

業績は伸びないでしょう。

 

 

以上、責任感の強い人の

 

周囲には責任感の強い人が

 

集まるというお話でした。

 

 

 

 

 

他者に頼ろうとしない人は自分も他者から頼られない

 

 

他者に頼ろうとしない人は

 

自分も他者から頼られない

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

この世界には、鏡の法則が

 

流れております。

 

 

したがいまして、

 

他者に頼らず、自分で全て

 

何とかしようとする人は、

 

自分も他者に頼られる

 

ことはなくなります。

 

 

ただし、

 

他者に頼られるのが

 

好きな人も嫌いな人も

 

おりますから、

 

まずは、自分がどちらの

 

タイプであるかを

 

自己分析する必要が

 

あるでしょう。

 

 

そして、他者に

 

頼られたいのであれば、

 

自分も他者に頼るように

 

する必要があります。

 

 

なぜなら、鏡の法則の

 

作用につきましては、

 

自分が他者にしたことだけが

 

返ってくるというもので
 
あるからです。

 

 

したがいまして、

 

他者に頼られたいなら、

 

自分も他者に頼る必要が

 

あるということです。

 

 

もし、友人や家族に

 

頼るのは照れくさい、

 

プライドが許さない

 

という人であれば、

 

信頼できる専門家を

 

頼ればいいのです。

 

 

弁護士、医者、税理士、

 

カウンセラー、

 

コンサルタントなど、

 

様々な専門家が

 

おりますから、

 

そのような人たちを

 

全面的に信頼して

 

頼ればいいのですね。

 

 

逆に、他者から

 

頼られるのは面倒で

 

嫌だという人は、

 

自分自身が誰かに

 

頼ることをやめないと

 

いけないということです。

 

 

もし、誰かを頼って

 

ばかりおりましたら、

 

今度は自分が誰かに

 

頼られることに

 

なるからです。

 

 

いずれにしましても、

 

自分がどうされたいのか、

 

ここをまずは

 

はっきりさせないと

 

その後の方針が

 

定まりません。

 

 

したがいまして、

 

まずは、自分が他者から

 

頼られたいのか、

 

頼られたくないのか、

 

しっかりと自己分析を

 

おこないましょう。

 

 

それが分かれば、

 

あとは、鏡の法則を

 

上手に作用させるだけで

 

良いということです。

 

 

 

 

 

試合に負けると思い込むと鏡の法則により本当に負ける

 

 

試合に負けると思い込むと

 

鏡の法則により本当に負ける

 

ということについて、

 

解説していきます。

 

 

スポーツの試合に臨むなら、

 

必ず勝つと自分に言い聞かせる

 

必要があります。

 

 

なぜなら、この世界には鏡の法則が

 

流れておりますし、この世界

 

そのものが人間の認識処理の結果で

 

あるからです。

 

 

たとえば、オリンピック選手は

 

イメージトレーニングをみっちりと

 

おこないまして、優勝して表彰台で

 

金メダルを首にかけてもらう情景を

 

何度も何度もイメージします。

 

 

また、最高の演技ができている自分を

 

何度も何度もイメージトレーニング

 

するのですね。

 

 

ここまでして初めて、優勝の可能性が

 

開かれますし、メダルの獲得争いにも

 

参加できるということです。

 

 

もし、試合に必ず負けるとか、

 

勝てないとか、無理だなどと少しでも

 

考えておりましたら、やはり

 

勝てません。

 

 

気持ちの上で負けていますし、

 

潜在意識に負けることをインプット

 

してしまっているからです。

 

 

潜在意識は、インプットされた思いを

 

忠実に現実化しようとします。

 

 

その結果、勝てないと考えてばかり

 

いた人におきましては、本当に

 

勝てない状況に追い込まれます。

 

 

たとえば、病気や怪我、失敗やミスが

 

多発したりするのです。

 

 

それ以前に、やる気も起きませんから、

 

練習もサボるようになったりして、

 

勝てるわけがない状態となるのです。

 

 

したがいまして、スポーツの試合に

 

勝ちたいのであれば、絶対に勝てると

 

信じて、試合に勝った状態をしっかりと

 

イメージし続ける必要があります。

 

 

そうすれば、潜在意識が勝利のために

 

活躍してくれまして、やる気が湧き、

 

何をすれば良いか、様々なアイデアを

 

もたらしてくれますし、食事にも気を

 

つけるようになりますから、体調も

 

良くなります。

 

 

それに、潜在意識から、コツや効率的

 

な方法を教えてくれることもあります。

 

 

なんとなく、こうしてみたら、

 

うまくいったとか、なんとなく、

 

このコーチに質問しないといけない

 

気になったので質問してみると、

 

非常に素晴らしいコツを教えて

 

くれたなど、これらも全て潜在意識の

 

働きであり、鏡の法則の働きなのです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

鏡の法則とは何か
鏡の法則を使った心理テクニック
鏡の法則を使って悪い噂を消すテクニック
鏡の法則を使えば絶対安全の境地に達することができる
世の中が厳しいのは、鏡の法則が流れているから
鏡の法則を使うと他者から許してもらえる
他者に愛されたいなら、まず自分から愛すること
鏡の法則を使って仕事の効率を上げる方法
鏡の法則を使って成功する方法
鏡の法則は内面を現実化する
戦争・災害・病気と鏡の法則
内面が幸福だと良いことが起こる
哺乳類の肉を食べると癌になりやすくなる
批判や非難が好きな人は後ほど危機が訪れる
内面をおさめた人がいるだけで周囲がまとまる
家庭と職場はつながっている
自分の周りには過去の自分がいる
店員さんも同じ人間
収入は社会に対する貢献度
すでに満ち足りていると考えると良い
幸せは自分でつくりだすもの
人に完璧を求めない
うまくいく人とうまくいかない人の違い
他者に悪意を抱かないようにする
誰も見ていなくても天が見ている
鏡の法則にえこひいきなし
全ての人を許せるようになろう
他者を立てて自分を低い位置に置くのが最上
順境の時に逆境の原因を作ってしまう
人に好かれるコツ
プラスの原因をたくさん蓄えよう
思考やイメージを支配するために内観をする
子供時代に養ってもらった分、親を養うことになる
鏡の法則を使って考える
法則に従う者を法則に従わない者が攻撃しても失敗する
固定観念を捨てて根源法則から判断する
従うべきルールの優先順位
善行を行うのに躊躇してはならない
鏡の法則にのっとった生き方
苦境から逃げても追いかけてくる
鏡の法則の連鎖
縁と鏡の法則の関係
人から受けた仕打ちに対して、いつまでも根に持たない
縁とは鏡の法則により生じたエネルギーの集まり
自分に対する想念と鏡の法則の効果
仕事とは一体何なのか、鏡の法則から考えてみる
モーセの杖と思考増幅装置
じっとしていると水は澄んでくる
情報の発信と受信のバランスを取る
前世のたどりなおし
出すということは、とても大切
動植物に対しておこなってきたこと
絶対に逃れられないことからは逃れようとしないこと
勤勉の美徳と鏡の法則
天の道に従うと地位の高い人の前でも引け目を感じない
計画、行動、修正の繰り返しで鏡の法則を体得する
神様はカルマ(業念)の返済を絶対に許してくれない
嘲笑すると今度は自分が嘲笑される環境に置かれる
家庭内暴力に遭う人は過去生で他者に同じことをした
上司にガミガミ言われるなら過去生で自分もしてきた
心配ばかりすると心配事を呼び込んでしまう
想念を管理できるようになるため地球に生まれてきた
この世界は無限の富とエネルギーで溢れている
自分は運がいいと考えて口に出していれば運が良くなる
幸せな気分は幸せな出来事を呼び寄せる
現実を前向きなフィルターをかけて見るようにする
私達はカルマを返済するため親を選んで生まれてくる
金持ちが更に金持ちになり貧乏人が更に貧乏になる理由
健康な人が更に健康になり病弱な人が更に病弱になる理由
強運な人が更に強運になっていく理由
他者を嘲笑すると自分が嘲笑される出来事が起こる
楽しみと幸せを感じる時間を意識的に増やす
来世のために業念(カルマ)をできる限り清算しておく
目標や夢を書いたり写真を周囲に貼っておく
自分は一流といつも考えていると本当に一流になれる
いつもつらいと考えているとつらい出来事を引き寄せる
いつも面倒と考えていると面倒な出来事を引き寄せる
いつもイライラしていると腹が立つ出来事が起きる
いつも幸せと考えていると幸せな出来事を引き寄せる(鏡の法則)
いつも豊かさを考えていると豊かさが引き寄せられる
前向きに考えれば前に進み、後ろ向きに考えれば後ろに進む
暴力的な人生を送ると戦乱の時代に生まれ変わりやすい
この世界では、なぜお金がないと生きていけないのか
嫌われたらどうしようと考える前に自分の心を正す
悪く思われたらどうしようと考える前に自分の心を正す
鏡の法則を理解すると他者からの仕打ちを怨まなくなる
日本には物余り時代を超えて心余り時代がやって来る
周囲に迷惑をかけていると思い込みすぎてはいけない
自分を過小評価すると惨めに思う出来事が頻繁にやってくる
他者を大切にするからこそ自分も大切にされる
他者の欠点探しをやめると非常に生きやすくなる(鏡の法則)
平和は自分の中から創り出すもの
素直に話を聞いてほしいなら自分こそ素直に聞く
文句ばかり言う人間に対しては誰もが文句ばかり言うようになる
他者を信頼する人は他者からも信頼される
争ってばかりの人間には争いがつきまとう
裁判所に訴えてばかりの人間は自分も訴えられる
誰に対しても親切で優しい人間は誰からも優しくされる
通報してばかりの人間は自分も通報される
事細かく注意ばかりする人は自分も事細かに注意される
告げ口ばかりする人間は自分も告げ口される
他者の秘密を暴露する人間は自分の秘密も暴露される
自分勝手な人間の周りには自分勝手な人が集まる
律儀な人間の周りには律儀な人間が集まる
正直な人間の周りには正直な人間が集まる
他者を見下す人間は自分も見下される
他者を深く愛する人は自分も深く愛される
他者との関係を簡単に切る人は自分も関係を切られる
電話ばかり架けている人は自分にも電話が多く架かってくる
丁寧な人の周りには丁寧な人が集まってくる
順番を守らない人の周囲には順番を守らない人が集まる
他人が困った時に助ける人は自分が困った時も助けてもらえる
他者に冷たく当たる人は自分も冷たく当たられる
他者に憧れてばかりいる人は自らが憧れの存在になる
純粋な心の持ち主の周囲には純粋な心の持ち主が集まる
人を騙してばかりの人は自分も騙される
他者を軽蔑する人間は自分も軽蔑される
言葉の荒い人の周りには言葉の荒い人が集まってくる
誰か一人でも不幸にしていたら幸せになれるはずがない
従業員満足が大切な理由と鏡の法則の関係
鏡の法則の作用により、無視すれば無視される
鏡の法則の前では秘密は通用しない
怒鳴ってばかりの人は後で自分も怒鳴られる
鏡の法則の作用により大らかな人は非常に生きやすくなる
愛想の良い人は周囲からも愛想良くされる
反抗的な態度の人は自分も反抗される
本当に賢い人は問題の種を最初から摘み取っておく
他者を追い詰めた人は自分も追い詰められる
頻繁に食事に誘う人は自分も頻繁に誘われる
誘いを断ってばかりの人は自分も断られる
拒否してばかりの人は自分も拒否されてばかりになる
ぶつかった時に先に謝る人は自分も先に謝ってもらえる
他者を命がけで守る人は自分も命がけで守ってもらえる
礼儀正しい人は自分も周囲から礼儀を守ってもらえる
義理と人情に厚い人は自分も困った時に助けてもらえる
相手の話を聞かない人は自分も話を聞いてもらえない
口論をふっかける人は自分も口論をふっかけられる
いつも遅刻する人は自分も時間を守ってもらえない(鏡の法則)
仕事を休んでばかりの人は周囲の人も休みがちになる
申し出を素直に受け容れる人は自分の申し出も受け容れられる
上司に反抗してきた人は部下に反抗される
王に忠実に仕えた家臣の部下は忠義の士が多い
他者を心から大切にする人は自分も大切にされる
つきあいが打算的な人は自分も打算的な人に囲まれる
他者にプレゼントを贈る人は自分も贈ってもらえる(鏡の法則)
他者を養う人は自分も後に養ってもらえる
クレクレ精神こそが貧しさを引き寄せる原因の一つ
失敗やミスした時に許されるかどうかは過去の言動で決まる
他者を認めることができる人は自分も認められる
他者を馬鹿にする人は自分も馬鹿にされる
他者を笑う人は自分も笑われる
悪意を持って他者に接すれば自分も悪意を持って迎えられる
他者を賞賛すれば自分も賞賛される
仲間意識が強い人は自分も仲間として迎えられる
協調性の高い人の周囲には協調性の高い人が集まってくる
借りた物を返さない人は自分も返してもらえない
他者を裏切る人は自分も裏切られる
他者に失望する人は自分も失望される
他者の言葉の揚げ足を取る人は自分も揚げ足を取られる
理屈っぽい人の周囲には理屈っぽい人が集まる
自分の管轄ばかり主張する人は常に管轄争いに巻き込まれる
他者の才能を見抜く人は自分の才能も見抜いてもらえる
人間が嫌いな人は誰からも嫌われる(鏡の法則の作用)
他者を可愛いと思う人は自分も可愛いと思ってもらえる(鏡の法則)
この人がいないとダメと思う人は自分も同じように思われる
結婚したいと思う人は自分も誰かから同じように思われる
厄介な事を持ち込む人は自分も厄介な事に巻き込まれる
他者に不満を持ったら自分も不満を持たれる
妻に不満がある夫は自分も不満を持たれている
他者を守ってあげたいと思う人は自分も同じように思われる
ミスや失敗を厳しく指摘する人は自分も厳しく指摘される
仲良くしようと努力する人は他者から同じように思われる
誰かをライバル視すると自分も同じようにライバル視される
隣地との境界に不平がある人は隣から同じように思われる
常に言動に注意している人に接すると自然と身が引き締まる
高圧的な態度をとる人は自分も高圧的な態度をとられる
納期を守る人は自分も納期を守ってもらえる(鏡の法則)
依頼事項を素早く仕上げる人は自分も素早く仕上げてもらえる
メールなどの返事が早い人は自分も早く返事してもらえる
家族のおやつを勝手に食べたら自分のおやつも勝手に食べられる
他者に気を遣う人は自分も他者から気を遣われる
他者の秘密を守らない人は自分の秘密も暴露される
悩みを打ち明ける人は自分も悩みを打ち明けられる
相手を理解しようとしない人は自分も理解してもらえない
無口な人は他者からも話しかけられることは少ない
たくさん本を読む人は自分の著作もたくさん読んでもらえる
子供を可愛がる人は子供からも愛される
部下を愛し敬意を払う上司は部下や重役からも尊敬され愛される
動物を愛する人は動物からも愛される
植物を愛する人は植物からも愛される
他者を手伝ってあげる人は自分も手伝ってもらえる
お願いや依頼ばかりする人は自分も色々とお願いされる
他者に自分の趣味を押し付けたら自分も趣味を押し付けられる
使いっぱしりを頼む人は自分も使いっぱしりを頼まれる
嫌な仕事を誰かに押し付ける人は自分も嫌な仕事を押し付けられる
面倒な用事を押し付ける人は後で自分も面倒に巻き込まれる
いつも楽しいと考えていたら楽しい出来事が起きる
つらいと考えていたらどんどんつらくなっていく
無理なお願いばかりする人は自分も無理を言われる
緊張ばかりしている人は他者にも緊張される
ネットで他者の情報を晒す人は自分の情報も晒される
他者を利用価値で判断する人は自分も利用価値だけで判断される
人の言うことを聞かない人は自分の言うことも聞いてもらえない
鏡の法則の作用により、他者を捨てると自分も捨てられる
他者をいじめる人は自分も周囲からいじめられる
他者を笑わせて幸せにする人は自分も笑わされて幸せになる
他者に譲る習慣のある人は自分も譲ってもらえる
約束を破る人は自分も約束を破られる
良い作品に感動する人は自分の作品も感動してもらえる
人生は鏡の法則を実体験から学習する道場である
仕事は鏡の法則を徹底的に訓練される強制合宿である
親の面倒を見ない人は自分の老後も面倒を見てもらえない
多少のマナー違反を許してもらえるのは自分が許した結果である(鏡の法則)
悪気がなかったとしても鏡の法則の作用からは逃れられない
値切ってばかりの人は自分も値切られる
プラスのカルマを積むことで幸せになれる
他者からもらってばかりの人は、どんどん貧しくなっていく
他者を引き上げる人は自分も引き上げてもらえる
人助けが習慣の人は周囲からも助けてもらえる
多くのメールを送る人は自分にも多くのメールが来る
ケチばかりつける人は自分もケチばかりつけられる
重要な仕事を任せる人は自分も重要な仕事を任せられる
人事異動の際は鏡の法則が特に大きく作用する
人間関係での思いつきは鏡の法則の作用であることが多い
世の中に多大な貢献をした人は豊かさを約束される
無料の物をもらってばかりだと貧しくなっていく
電話でわめき立てる人は自分も電話でわめき立てられる
そっけない態度をとる人は自分もそっけない態度をとられる
他者に相談する人は自分も相談される
自然体で人と接する人は相手からも自然体で接してもらえる
余計な用事を作りたくないなら他者への依頼を最小限に抑える
いつも悲しいと考えていたら悲しい出来事が起きる
他者に耳寄り情報を提供する人は自分も情報をもらえる
感覚的な人の周囲には感覚的な人が集まる
本音で話す人は他者からも本音で話してもらえる
自分は美しいと思い込むと鏡の法則により本当に美しくなる
試験に落ちると思い込んでいたら鏡の法則により本当に落ちる
自信満々の弁護士に依頼すると勝てる鏡の法則上の理由
自分は人気がないと思い込むと鏡の法則により人気がなくなる
思い込む力は最高の才能である
鏡の法則を使って大らかな性格になる方法
シュヴァルの理想宮と鏡の法則の作用
鏡の法則を使って人を許せる性格になる方法
頭の中で色んな商品を想い描く人は金遣いが荒くなる
鏡の法則を使って問題を次々と解決できるようになる方法
鏡の法則を使って物事を長続きできる性格になる方法
鏡の法則を使って明るくて朗らかな性格になる方法
みんなから尊敬され愛されるようになる方法
争いを好まず柔和な性格になる方法
何事にも怯まない強い性格になる方法



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 出版物一覧 オススメ教材 鏡の法則について