今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


見た目の印象を変えるなら服の色をガラリと変えるのが最も効果的(外見心理学)

 

 

見た目の印象を変えるなら

 

服の色をガラリと変えるのが

 

最も効果的ということについて、

 

解説していきます。

 

(外見心理学)

 

 

たとえば、中学生から高校生に

 

上がる時や、会社員が会社を

 

転職する時などには、

 

キャラクターを変えたい場合が

 

ありますよね。

 

 

俗に、イメージチェンジとも

 

言われています。

 

 

では、なぜ、イメージチェンジを

 

したくなるのかと言いますと、

 

気持ちを新たに一転させて、

 

リフレッシュした環境で

 

やりなおしたいからです。

 

 

ですから、どちらかと言うと、

 

これまでの環境では、あまり

 

うまくいかなかった、パッと

 

しなかった場合が多いです。

 

 

そんな時には、やはり服の色を

 

ガラリと変えるのが、もっとも

 

効果的です。

 

 

もちろん、制服の場合は、

 

ガラリと変えるのは難しい

 

でしょうが、アクセントを

 

付け加えたりして、可能な限り、

 

工夫してみるといいでしょう。

 

 

私服オーケーの学校であれば、

 

学生さんは、服の色をガラリと

 

変えることが可能でしょう。

 

 

会社員であれば、転職後の

 

会社において、特に服装に

 

決まりがないのであれば、

 

スーツの色を変えてみると

 

良いのです。

 

 

やはり、見た目の印象や

 

キャラクターを変えたいなら、

 

面積が大きな服装を変えることが

 

重要となってきます。

 

 

そして、色は、心理的に

 

大きな影響を与えるパワーを

 

持っています。

 

 

色彩心理学という心理学分野も

 

ありますし、随分と研究されて

 

おります。

 

 

そのため、色が与える心理効果に

 

ついての書籍や文献も、たくさん

 

本屋さんに並んでいます。

 

 

このことからも、色には心理に

 

影響を与える力があることは、

 

お分かりいただけると思います。

 

 

ですから、服の色を変えることで、

 

大きな面積で色の心理効果を

 

発揮させて、相手にガラリと変わった

 

印象を与えることができると

 

いうことなのです。

 

 

また、第一印象は、とても

 

大事であります。

 

 

学校で新たなクラスになったり、

 

転職して会社を変わったなら、

 

イメージチェンジを図るために

 

外見と見た目を変えることは

 

非常に有効です。

 

 

なぜなら、人は外見に大きく

 

影響されますし、第一印象は

 

特に強い印象を与え、

 

キャラクター形成に一役

 

買ってくれるからです。

 

 

実際、第一印象がどうであったか、

 

外見が与える印象がどうで

 

あったかにより、今後の人間関係も

 

微妙に変化していくのです。

 

 

もちろん、長い付き合いとなると、

 

結局は、中身がばれますし、

 

中身での勝負となります。

 

 

それでも、最初のうちは、

 

外見にも注意をはらった方が

 

良いですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

外見で性格や能力が判断される
美人は依存心が強く寛容でない傾向がある
半袖シャツを着ていると舐められる
女性がジーンズを履いてきた場合の心理学
女性が露出の多い服装である場合の心理学
女性が清楚な服装をしてきた場合の心理学
電話しながら頭を下げる人の心理
美人は一緒にいる男性の評価を上げる
男性が好むのはウエスト:ヒップが0.7の女性
ネクタイをしていると信頼感が高まる
メガネ・アレルギー体質・左利きは頭がいい証拠
背の高い人はプライドが高い
常識外れの服装をすると注目が集まる
男性は女性の化粧にだまされる
化粧をすると男性から親切にされる
化粧をすると性格まで変わる
権威ある制服を着た人の指示には従ってしまう
制服は集団の連帯感を高めてくれる
個性のない平均的な顔が好まれる
男性と女性で異性に求めるものが異なる
露出の多い服装をする女性は自己中心的
いつもリュックサックを背負っている人の心理学
シンプルなアクセサリーを付ける女性は自分に自信がある
大きなカバンを持ち歩く人は心配性で臆病な面がある
ストライプのスーツを着る人は非常に目立ちたがりである
三白眼の人は、きつい性格の人が多い
いつもサングラスをかけている人の心理学
サングラスをかけるとおしゃべりになる理由
パンチパーマをする人は強さに憧れている
魅力的な人ほど有能で仕事もできる人が多い
おしゃれに積極的な人ほど出世する傾向にある
急にイメージチェンジをする人の心理学
服装の趣味がどんどん変わる人の心理学
いつもカバンを持ち歩かない人は自信家で大胆な人
七三分けのヘアースタイルは信頼感を出したい人
髭を生やしている人の心理学
急に顔色が悪くなり血の気が引いた時の心理学
派手なファッションを好む人は内気な人が多い
いつも無表情でクールな人の心理学
ブランド品ばかり身に付ける人の心理学
おちょぼ口な人は神経質で気が小さく用心深い
スーツのすごい影響力を考える心理学
靴に紐が付いている人と付いていない人の心理学
いつも地味な服装をしている女性の心理学
男性は女性が化粧していなくても基本的に問題ない
ポケットの多いカバンを持ち歩く人の心理学
いつもアタッシュケースを持ち歩く人の心理学
いつも同じ古びたカバンを持ち歩く人の心理学
いつも紙袋をカバンとして持ち歩く人の心理学
毎年、同じ手帳を愛用している人の心理学
いつも伊達メガネをかけている人の心理学
派手な化粧をしている女性の心理学
髪型を頻繁に変える人の心理学
指輪や腕輪などアクセサリーを付けたがる人の心理学
整形手術を受けると性格までも変わってしまう
化粧をして目を大きく見せるのは好意を示すため
いつも透明のビニール傘を使う人の心理学
自分独自のきちんとした傘を使う人の心理学
頑丈で丈夫な傘を使う人の心理学
地味な色の傘を使う人の心理学
フリルやヒラヒラのついた傘を使う人の心理学
イケメン(美男子)の性格と心理
鷲鼻の人の性格と心理
無表情な人の性格と心理
面食いな人の性格と心理
黒い服を好む人の性格と心理
ピアスをいつも付けている人の性格と心理
水玉模様の傘を使う人の心理学
カラフルな色の傘を使う人の心理学
自宅に何本もビニール傘を置いている人の心理学
いつも傘を置き忘れる人の心理学
いつもマスクを付けている人の外見心理学
春になって薄着になると何となく不安になる理由
本当のセレブは細かいところまで外見に気を配っている
自分の容姿は自分で選んで生まれてきている
外見に悩む時間を節約したいなら良いもの一つに絞る(外見心理学)
美人や美男子の顔はあまり記憶に残らない(外見心理学)
白い服は誠実で清潔感をアピールしたい人が選びやすい(外見心理学)
自宅でも外見を綺麗にして化粧も欠かさない人は警戒心が強い(外見心理学)
他人の評価を気にしない人ほどファッションには無頓着になる(外見心理学)



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 出版物一覧 オススメ教材 鏡の法則について