今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


前世、カルマ、霊感、オーラ、チャクラについて(スピリチュアル心理学)

 

 

 

前世について(スピリチュアル心理学)

 

 

初めて行った場所のはずなのに、

 

なぜか以前に来たことがある

 

ような気がする・・・と、

 

偶然行った場所や旅行先などで、

 

ふと感じたような経験は

 

ないでしょうか。

 

 

実は、そのような感覚になった

 

場所につきましては、前世と

 

深い場所であります。

 

 

一方、前世なんて本当にあるのか?

 

と疑問に思っておられる方も

 

多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、そんな「前世」について

 

ご紹介していきたいと思います。

 

 

世界中には様々な宗教がありますが、

 

たとえば、「仏教」や「ヒンドゥー教」

 

など多くの宗教で「前世」があると

 

認められています。

 

 

生まれてきた子供に前世の記憶がある

 

というような話も多いです。

 

 

「輪廻転生」(「りんねてんせい」、

 

または「りんねてんしょう」)とも

 

呼ばれていますが、亡くなった後に、

 

あの世に一度かえっていった魂が、

 

また再度この世に繰り返し

 

生まれ変わってきますので、

 

「前世」というものも存在するのです。

 

 

全ての人達が、数年ごと、数十年ごと、

 

数百年ごとなどと生まれ変わりの

 

ペースは人それぞれですが、何度も

 

繰り返されている多くの前世を

 

持っているのです。

 

 

では、前世の記憶は、既視感・

 

デジャヴとは違うのでしょうか。

 

 

「既視感(きしかん)」とは

 

フランス語では「デジャヴ」と

 

呼ばれているのですが、実際は

 

一度も体験や経験をしたことが

 

ないにもかかわらず、以前に

 

どこかで体験や経験をしたことの

 

ように感じることを示す言葉です。

 

 

この現象は、脳の情報処理の関係で

 

起こるとも言われていますが、

 

オーストリアの精神医学者で

 

精神分析学者でもあるジークムント・

 

フロイトは「日常生活の精神病理学」

 

で、このデジャヴというものは

 

「既に見た夢なのだ」、そして、

 

「以前見た夢がよみがえったのだが、

 

無意識のうちに見たものだから意識的

 

には思い出すことができないもの

 

なのだ」としています。

 

 

ただ、これは人間が考えているだけ

 

であって、これらがただの夢ではなく

 

本当に前世があるのであれば、

 

実体験をしている記憶が残っていた

 

という可能性もゼロではないと

 

いうことです。

 

 

これまで行ったことがない場所を

 

なぜか知っていたり、会ったことが

 

ない人なのに以前から知っていて

 

会ったことがあると分かった、

 

などという話は世界中に後を

 

絶ちません。

 

 

色々とありますので、いくつか

 

ご紹介いたしましょう。

 

 

 

●珍しい記憶

 

ある少女が、決して彼女が体験して

 

いないような幼児期の体験を詳細に

 

語るケースがあります。

 

自分の前世の名前を憶えているような

 

子供もいます。

 

以前、ホワイトハウスで働いていたと

 

言い内部の地図を書くことができたり、

 

タイタニック号の絵を詳しく書くこと

 

ができるというような、変わった記憶

 

を話す子供もいました。

 

 

 

●夢について

 

前世の記憶をたどって、何度も

 

同じような夢を見るようなことも

 

あります。

 

それは良い夢のこともあれば、

 

悪夢のこともあります。

 

前世で魂が忘れられない事柄が、

 

今世で夢に出てくるという可能性も

 

考えられそうです。

 

 

 

●恐れについて

 

あなたが今世で体験していないことに

 

対してなぜか恐れを抱くことが

 

あります。

 

たとえば、前世で火災による事故で

 

亡くなったような方は、今世で

 

ライターやマッチを使うことが

 

できなかったり、水害にあった方は、

 

泳げなかったりプールや海に行くのを

 

嫌がったりなど、異常にこれらを

 

怖がることがあるのです。

 

 

 

●知らない文化を知っている

 

遠く離れた土地のことで、他の地域に

 

住んでいる人は知る由もないような

 

文化を生まれながらに知っている人が

 

存在します。

 

本やテレビなどで見たというわけでも

 

ありませんので、前世でそのあたりに

 

住んでいて実際に体験していたと

 

考えられています。

 

 

 

●生まれつきのアザ(バースマーク)

 

バースマークと呼ばれる、生まれた時

 

からある目立つ「アザ」や「ホクロ」

 

などがある人は、それが前世で

 

起こったことに対しての記憶の印と

 

なっていることがあります。

 

槍などで刺されて亡くなったような方

 

であれば、その部分にアザがあるとも

 

言われています。

 

何らかの役目があるような子供が

 

このようなアザを目印として生まれて

 

くるとも言われています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

魂が前世の記憶を持って、今世にまた

 

生まれてきている、これが真実である

 

ならば、私達はみんな輪廻転生をし、

 

ひとつの人生が終わるごとに教訓を

 

たくさん学び、多くの役に立つ知識を

 

身につけたりしながら、魂を向上

 

させていることになります。

 

 

そして、実は、それこそが、

 

この世の真実なのであります。

 

 

なぜ、あなたがこの世に生まれて

 

来たのか、何かこの世に生まれて

 

あなたしかできない使命があるので

 

ないか、この世に生きている意味が

 

あるのではないか、それを探すために

 

この世に生を受けたと考えると、

 

今世の一分一秒も無駄にできない

 

気持ちになると思います。

 

 

 

 

 

カルマについて(スピリチュアル心理学)

 

 

一生懸命やっているのに、なぜか

 

報われない。

 

 

みんなはうまくいっているのに、

 

自分だけうまくいかない・・・。

 

 

そんなことが続いた時には、

 

「きっとこれはカルマなのか」

 

などと考えることがあるかも

 

しれませんね。

 

 

「カルマ」とはよく聞く言葉だと

 

思いますが、具体的には一体

 

どのようなものなのでしょうか?

 

 

今回は、「カルマ」について

 

ご紹介いたします。

 

 

 

●カルマとは何か

 

カルマは、サンスクリット語で、

 

「行い」や「行為」、「作業」、

 

「用事」などを意味する語ですが、

 

日本語では、「業(ごう)」とも

 

呼ばれるものです。

 

 

業というとなじみがあるという方も

 

多いのではないでしょうか。

 

 

「カルマ」や「業」は、上記の意味の

 

他にも、「所作」、「意志による

 

身心の活動や生活」を意味すること

 

もありますし、行為の結果として

 

蓄積される「宿命」という意味もあり、

 

幅広い意味を持つ語であります。

 

 

そして、これらは仏教などの教えでも

 

説かれています。

 

 

 

●カルマや業は悪い意味だけではない

 

ただ、カルマや業などと聞くと、

 

なんだかオカルトめいた怖いもので

 

あったり、何かおどろおどろしい

 

悪いもののように思っておられる方も

 

多いかもしれませんね。

 

 

今世で何か悪いことが起こって

 

しまった場合、「前世に背負った

 

カルマがあるから仕方がないのだ」

 

などというような話も聞かれたことが

 

あるでしょう。

 

 

しかしこれは、その人が前世で

 

悪の業を作ってしまい、因果の道理で

 

「苦」の報いを受けてしまった場合の

 

ことです。

 

 

反対に、善い行いをした場合には、

 

「楽」の果報が生じるのです。

 

 

ですから、カルマや業などを決して

 

悪い意味だけにとらえる必要は

 

ないでしょう。

 

 

 

●カルマの法則とは

 

日本語でも、「因果応報」という

 

言葉がありますが、カルマの法則も

 

このようなものです。

 

 

前世で何か悪い行為をしてしまった

 

場合には、その清算のために今世で

 

何か悪いことが起こってしまったり、

 

逆に前世で人に喜ばれるような

 

正しく良い行為をしていたのであれば、

 

今世でも良いことが起こりやすい

 

ということです。

 

 

このように、私たちが普段何気なく

 

行っている行為というものは

 

なんらかの報いを生じることが

 

多いものなのです。

 

 

前世や今世とは限らず、いつも

 

そうなのです。

 

 

「天は見ている」などという言葉も

 

ありますが、今世の未来や来世に

 

おいて幸せでより良い人生を送る

 

ためには、他者を傷つけず、

 

他者に喜んでもらえるように、

 

品行方正に正しく生きる

 

ということが大切となってくる

 

でしょう。

 

 

 

●カルマを解消するためには

 

では、前世で悪いことをしてしまった

 

場合のカルマは、どのように解消

 

すればよいのでしょうか。

 

解消することは可能なのでしょうか?

 

 

まずは「カルマの法則」により、

 

悪いことをした場合には悪いことが

 

起こるとするならば、今世で何か

 

悪いことが起こった場合にも、

 

潔く報いであることを認めてしま

 

うことです。

 

 

そして、決してそれに対して怒りを

 

持ったり、人を恨んだり、悪いことが

 

起こったことを人のせいなどには

 

しないことです。

 

 

自分で全てそれらを受け止めるような、

 

潔く、広い心が必要です。

 

 

そして、そのようなマイナスのカルマ

 

を解消するためには、今世において

 

できるだけ多く他の人の役に立てる

 

ように、人を幸せにできるように

 

力を尽くすとよいでしょう。

 

 

自分のことだけを考えて生きることは

 

オススメできません。

 

 

「私が、私が」と自分のことばかり

 

考えていると、なかなかカルマを

 

解消したり、今世や来世で幸せになる

 

ことは難しいのです。

 

 

思いやりを持ちながら人のためになる

 

生き方をしてこそ、実りのある人生と

 

なり、幸せな来世へのパスポートと

 

なるのです。

 

 

 

●前向きに生きていくことが大切

 

近頃は「カルマ」というものが

 

なんだか私たちの手に負えないような

 

もので、まるで前世から定められた

 

宿命のような拘束力があるパワーでも

 

あるかのように受け止められがち

 

なのですが、そうではありません。

 

 

たとえ、何か悪いことが起こって

 

しまったとしても、霊媒師などに

 

すがったり拝んでもらったりする

 

必要はありません。

 

 

そのようなことをしなくても、

 

今世の行いを正しくし、人の役に立ち、

 

前向きに生きていけば、時間はかかる

 

かもしれませんが、前世のカルマや業

 

は解消していきます。

 

 

正しく人のためになる良いことをし、

 

前向きに生きていきさえすれば、

 

将来や来世で必ず良いことが

 

起こります。

 

 

その場合も、カルマのために、

 

自分のためになどと、よこしまな

 

考えを持ってはいけません。

 

 

清らかな良い心で行うことが

 

大切です。

 

 

そうすれば、あなたの心の状態も

 

良いものとなることでしょう。

 

 

誰も見ていないからと思って

 

悪いことをしてしまった場合には、

 

後に必ず悪いことが起こって

 

しまいます。

 

 

前世で亡くなって、あなたの肉体が

 

なくなってしまったとしても、

 

魂はずっと残ります。

 

 

今世のあなたは、たとえ忘れて

 

しまっていても、あなたの魂は、

 

前世で体験したことやそれらの記憶を

 

しっかりと覚えています。

 

 

そうして魂が何度も生まれ変わり、

 

成長することによって、より良い魂に

 

なっていくのです。

 

 

カルマや業というものをしっかりと

 

正しく理解して、より良い人生を

 

歩んでいきたいものですね。

 

 

 

 

 

霊感について(スピリチュアル心理学)

 

 

あなたには霊感はありますか?

 

生まれ持って霊感が備わっている

 

ような人や、たとえ小さいころは

 

霊感が全然なかったとしても

 

何かをきっかけにしてから

 

霊感を持つようになった人など、

 

人によってさまざまです。

 

 

一方、霊感が全くなく、テレビや雑誌

 

など各種メディアなどで霊感の話題が

 

あったとしても「なんだか胡散臭いな」

 

と思っておられる方も多いでしょう。

 

 

今回は、そんな「霊感」について

 

ご紹介いたします。

 

 

 

●霊感とは

 

霊感とはその文字の通り、霊的な

 

ものを感じとる心の働きのことを

 

指します。

 

 

霊感があるとかないとか言いますが、

 

「私は幽霊など見たことがないから、

 

霊感がないのだろう」と思って

 

おられる方も多いのでは

 

ないでしょうか。

 

 

しかし、本来は、「霊感」は、

 

すべての人にあるのです。

 

 

「でも、そう言われても、私は

 

霊なんか見たことがない」という方も

 

おられるかと思いますが、実は

 

それは、ただ単に霊感が強いか弱いか

 

という違いだけであって、感じ取る力

 

が強いか弱いかということであります。

 

 

簡単に言えば、ラジオなどには電波を

 

受けるアンテナがありますが、霊を

 

感じるアンテナの感度が強い人も

 

いれば弱い人もいるということです。

 

 

 

●霊感の強い人ってどんな人?

 

では、霊感が強い人というのは

 

どういった人で、どのような特徴を

 

持った人に多いのでしょうか。

 

 

・第六感がある人

 

「何か嫌な予感がしたから、旅行に

 

行くのをとりやめたら、その飛行機が

 

事故にあった」などというように、

 

「虫の知らせ」のようなものがある人、

 

「第六感」が働く人というのは

 

一般的に霊感も強い傾向にあります。

 

 

・心穏やかで優しい人

 

心が穏やかで優しい性格の人は、

 

人だけではなく霊も近寄ってくる

 

傾向にあります。

 

霊も、もともとは亡くなる前は

 

人間として生きてきたわけですから、

 

自分を知ってもらいたい、わかって

 

もらいたいと思ったら、あなたも

 

怖い人ではなく優しい人に話しかけ

 

ようと思いますよね。

 

霊の場合も同じような感じです。

 

優しい人に対して自分を知って

 

もらいたくて、霊がその人に霊感を

 

持たせるということもあります。

 

 

・特徴のある手相を持っている人

 

手相が好きで良く見てもらうと

 

いう人もおられるかもしれませんが、

 

霊感がある人は特徴のある手相を

 

持っている人が多いようです。

 

たとえば、手の親指の第一関節に

 

ある目のような形の線は、「仏眼」と

 

呼ばれるのですが、この線がある人は

 

霊感が強いと言われています。

 

また、「神秘十字線」と呼ばれる、

 

手のひらの真ん中付近、感情線と

 

知能線の間にある十字型の線があると

 

先祖に守られているとか、

 

スピリチュアルなことや神秘的なこと

 

に興味があったりすることが多いです。

 

霊感も強い傾向にあります。

 

その他にも、「直感線」と呼ばれる、

 

月丘から小指の付け根部分の水星丘に

 

向かって半弧を描く線があります。

 

この線を持っている人は直感が鋭い

 

のでインスピレーションが湧きやすく、

 

直感で思ったことなどが本当に

 

なりやすいため、霊感も強く、

 

よく当たる占い師などもこの手相を

 

持つことが多いです。

 

 

・裏表がなくピュアな性格の人

 

大人になってくると、どうしても

 

裏表が必要となってくることも

 

あるかと思いますが、表裏が少なくて

 

ピュアな性格の人は、霊感も強い傾向

 

にあります。

 

このような性格の方は、人にも

 

霊にも好かれるところがあります。

 

 

・音やニオイに非常に敏感

 

少しの音でも驚いたり、ニオイにも

 

敏感に反応するような人は、繊細な

 

性格で、霊感も強い傾向にあります。

 

 

・デジャヴを感じやすい人

 

日本語では「既視感(きしかん)」

 

とも呼ばれる「デジャヴ」ですが、

 

実際は一度も体験や経験をしたことが

 

ないにもかかわらず、以前にどこかで

 

体験したことのように感じる現象が

 

あります。

 

このような体験が多い人は、比較的

 

霊感も強い傾向にあります。

 

 

・他人のオーラが見える人

 

よく「オーラが見える」という人が

 

いますが、このような人は穏やかな

 

性格で、なおかつ霊感が強い人が

 

多いです。

 

 

・人格が高く、人から慕われやすい人

 

人格が高く尊敬できるような人、

 

また慕われやすいような人も霊感が

 

強い人が多いです。

 

 

 

●霊感はみんなが持っているもの

 

このように、霊感があると一般的に

 

言われている人は、霊感が強いという

 

だけであって、本来はみんなに

 

備わっている力であります。

 

 

遺伝的に先祖代々霊感が強い家系

 

というのも当然存在しますが、たとえ

 

祖父母や両親などにも霊感が全くなく、

 

本人も若いころは霊感が全くなかった

 

としても、突然霊能力が目覚める

 

ようなこともあります。

 

 

そのような時期になると、霊界から

 

の働きかけにより、なんとなく霊能力

 

が気になってきたり、霊感が欲しいな

 

と関心を持ったりなどと心の変化が

 

あります。

 

 

あなたは霊感が強い人でしょうか、

 

霊感が弱くてあまり霊などの存在を

 

感じない人でしょうか。

 

 

いずれにしても、霊というものは

 

存在しています。

 

 

たとえ霊が見えなかったとしても、

 

ご先祖様などを敬いながら、今世を

 

幸せに暮らしていきたいものですね。

 

 

 

 

 

オーラについて(スピリチュアル心理学)

 

 

「あの人はオーラがあるね」などと

 

よく言われますが、オーラとは

 

どんなものなのでしょうか?

 

本当に存在するものなのでしょうか。

 

 

今回は、そんなオーラについて、

 

ご紹介いたします。

 

 

 

●オーラとは

 

オーラとはよく聞く言葉かとは

 

思いますが、もともとは、「微風」や

 

「さわやかな空気」という意味がある

 

ギリシャ語の「アウラー」という

 

言葉であったり、「風」や「香気」、

 

「輝き」などという意味のある、

 

ラテン語の「アウラ」という言葉に

 

由来すると言われています。

 

 

現代で使われる時には、生体が発する

 

霊的な放射体や、エネルギーという

 

意味であったり、それが転じて、

 

人物や物体が発する霊的な雰囲気

 

などを意味することもあります。

 

 

イメージでは、人の周囲にぼんやりと

 

あるものであることが多いです。

 

 

芸能人など、きらびやかな感じの人に

 

対して使うときには、存在感だとか、

 

風格があるということを

 

「あの俳優さんはオーラがある」と

 

言ったりすることもありますよね。

 

 

 

●オーラが見える人の特徴

 

このようなオーラですが、これは誰に

 

でも見えるというものではありません。

 

 

では、どんな人がオーラを見ることが

 

できるのでしょうか。

 

 

・霊感が強い人

 

オーラが見える人は、霊感が強い人や

 

第六感が働きやすいような人に

 

多いようです。

 

 

・優しい人

 

霊感が強い人には、おだやかで

 

優しい人や性格の良い人が多い

 

と言われていますが、実際にオーラが

 

見える人にもそのような人が多いです。

 

 

・成功者

 

オーラが見える人というのは、他人の

 

オーラはもちろんのこと、自分自身の

 

オーラも見えます。

 

ですから、たとえばその日のオーラが

 

良いものか悪いものかを自分で判断し、

 

マイナスのオーラが出ている場合には

 

無理をせずにすんだり、危機を察して

 

悪い結果を回避するような能力にも

 

つながっているようです。

 

また、徳と金運のエネルギーを多く

 

蓄積している人も、オーラが大きく、

 

強くなります。

 

なぜなら、オーラとは徳のエネルギー

 

であるからです。

 

このような理由から、成功者には

 

オーラが見えるような人が多いと

 

言われています。

 

 

 

●オーラってどんな色?

 

オーラは人によってさまざまな色が

 

あります。

 

赤、オレンジ、黄色、緑、青、紺、

 

白、黒などがあります。

 

ただ、黒い色というのは生きている人

 

には多くはありません。

 

なぜなら、黒いオーラというと

 

亡くなってしまった方のオーラで

 

あったり、体調が悪く今なんらかの

 

病気になっているような方、この色が

 

多いと言われています。

 

いずれにせよ、このオーラが現れた

 

ときには注意が必要です。

 

 

 

オーラは、いろんな色がありますが、

 

人によってもオーラの色は違いますし、

 

同じ人でもその日の気分や体調などに

 

よって色が変わることもあります。

 

るようです。

 

 

また、何色かが混在して存在している

 

ようなこともあります。

 

 

 

●オーラの色とその色を持つ人の特徴

 

赤い色のオーラを持つ人は、行動力が

 

あり、情熱的な方が多いです。

 

 

オレンジ色のオーラを持つ人は、

 

チャレンジ精神が豊かで、創造性が

 

ある方に多いです。

 

 

黄色のオーラを持つ人は、明るくて

 

陽気なタイプの人が多いです。

 

 

緑色のオーラを持つ人は、気づかいが

 

できて、協調性のある方に多いです。

 

 

青色のオーラを持つ人は、静かで

 

冷静で、心優しい人に多いです。

 

 

紺色のオーラを持つ人は、誠実で、

 

理想の自分に向かって努力をする人が

 

多いです。

 

 

紫色のオーラを持つ人は、神秘的な人

 

に多く、未来がわかる人や直感で

 

何かがわかる人が多いです。

 

 

白色のオーラを持つ人は、これらの

 

オーラを統合し、調和して発している

 

ということもあり、天才肌の人が

 

多いです。

 

 

 

●オーラを活性化するには

 

このように、人によって様々な色が

 

あるオーラですが、このオーラを

 

活性化させてプラスの力が多いオーラ

 

にするためには、どうすれば

 

よいのでしょうか。

 

 

・よく笑う。

 

笑う門には福来ると言いますが、

 

オーラもそうです。

 

良く笑い幸せそうな人は明るい

 

オーラを持つことができます。

 

 

・感謝をする。

 

愚痴などが増えていませんか?

 

何事にも感謝することによって、

 

オーラも高めることができます。

 

 

・姿勢を正す。

 

猫背だったり、下を向いてとぼとぼと

 

歩いていませんか?

 

姿勢を正し前を向くことによって、

 

オーラを高めることができます。

 

 

・生活習慣、食習慣を改善する。

 

生活習慣や食習慣が悪くなって

 

いませんか?

 

生活習慣、食習慣を改善し、体を大切

 

にすることによって、光り輝くオーラ

 

を手に入れることができます。

 

 

・体を動かす。

 

体をよく動かして血流をよくする

 

ことによって、オーラを高めること

 

ができます。

 

 

・愛を与える生活をする。

 

他の人に愛を与える生活をしましょう。

 

周りに人がいない場合には、動物や

 

植物にでもかまいません。

 

 

・プラス思考をする。

 

物事をマイナスにとらえるのではなく、

 

プラスに考えるようにしましょう。

 

そうすればオーラを高めることが

 

できます。

 

 

・他者に奉仕し徳を積む。

 

他者に奉仕し、他者を助け、

 

他者を喜ばせ、他者を元気付け、

 

他者に勇気を与え、励まし、

 

明るくすると、徳が積まれます。

 

そして、徳のエネルギーは、

 

オーラとして現れますので、

 

すなわち、他者に奉仕し徳を積むと

 

オーラも強く大きくなります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

体調を整え、いつも明るく朗らかな

 

気分で過ごし、他者に奉仕して

 

徳を積むすことによって、オーラも

 

高めることができます。

 

 

上記の習慣を日々取り入れてみる

 

ようにしましょう。

 

 

 

 

 

チャクラについて(スピリチュアル心理学)

 

 

「チャクラ」という言葉を聞いたこと

 

がある方は多いかと思いますが、

 

具体的にそれがどんなものなのかと

 

いうと、ちょっとあいまいになったり

 

して説明しにくいのではない

 

でしょうか。

 

 

今回は、そんな「チャクラ」について

 

ご紹介いたします。

 

 

●チャクラとは

 

チャクラとは、日本語ではなく、

 

もともとはサンスクリット語で

 

「円」や、「円盤」、「車輪」、

 

「ろくろ」などを意味する言葉です。

 

 

ですが、近年の日本では、人の頭部や、

 

胸部、腹部などにあるとされる「中枢」

 

を示す語として用いられることが

 

多いです。

 

 

さまざまな説があるようですが、

 

体には「チャクラ」と呼ばれるものは

 

7つあります。

 

 

チャクラは霊的な肉体に存在し、

 

普通の人には見えないことが多いです。

 

 

ただ、霊視ができるような人では、

 

個人差はありますがチャクラを実際に

 

見ることができる人も存在します。

 

 

続いて、具体的にどこにどんな

 

チャクラがあるのか見ていきましょう。

 

 

 

●チャクラはどこにあるの?

 

さて、チャクラの場所については

 

個人差はありますが、体の各所に

 

存在します。

 

 

第1チャクラのムラダーラチャクラは、

 

肛門と性器の間にあリます。

 

 

第2チャクラのスヴァディスターナ

 

チャクラは、丹田と呼ばれる、おへその

 

数センチ下にあります。

 

 

第3チャクラのマニピューラ

 

チャクラは、みぞおちにあります。

 

 

第4チャクラのアナハタチャクラは、

 

心臓から胸の中央部にかけてあります。

 

 

第5チャクラのヴィシュダーチャクラは

 

のどや首の付け根中央部あたりに

 

かけてあります。

 

 

第6チャクラのアジナーチャクラは、

 

額の中央部分にあります。

 

 

第7チャクラのサハスラーラチャクラは

 

頭頂部にあります。

 

チャクラは霊的なものが見える人には

 

花弁状に見えると言われています。

 

1000枚の蓮(ハス)の花です。

 

 

これらのチャクラが開花すると、

 

他の人たちにはないような、

 

チャクラの性質の能力が発揮できる

 

ようになります。

 

 

 

●これらのチャクラは何を示すのか?

 

第1チャクラのムラダーラチャクラは、

 

生命力や情熱、行動力などを示して

 

います。

 

人間にとってはとても重要なチャクラ

 

だといわれていて、エネルギーなどの

 

根源ともなります。

 

このチャクラのバランスが崩れて

 

しまった場合には、不安感や恐怖感が

 

出やすくなり、体の調子がすぐれない

 

など不調が多くなりやすいです。

 

 

第2チャクラのスヴァディスターナ

 

チャクラは、信頼や、感受性の高さ、

 

精神のバランスや創造性などを示して

 

います。

 

このチャクラは性的なことに関しても

 

かかわりを持っています。

 

 

第3チャクラのマニピューラ

 

チャクラは、尊厳や意思、信頼や理性、

 

個性、自我、自信などを示しています。

 

 

自分らしさを示したり、自信を高める

 

ために必要な精神活動に対して重要な

 

チャクラだといわれています。

 

 

第4チャクラのアナハタチャクラは、

 

心臓付近にあり、感情や、愛、許し、

 

受容、希望などを示しています。

 

親子などの無条件の深い愛や思いやり

 

などを持っているときは何か心が

 

温かくなる感じがしませんか?

 

いわば、そのようなイメージの

 

チャクラと言えそうです。

 

 

第5チャクラのヴィシュダー

 

チャクラは、喉付近にあり、

 

コミュニケーションや、自己を表現

 

することを示しています。

 

 

第6チャクラのアジナーチャクラは、

 

額の中央部分にあり、洞察力や明晰、

 

将来の予見、推測、真理を見抜く、

 

脳などに関係します。

 

「第三の目」などともよばれていて、

 

たとえば直観やひらめき、

 

インスピレーション、知恵などを

 

示しています。

 

よく「第六感」という言葉を聞くと

 

思いますが、無意識に感じたり

 

するのは、このあたりのチャクラが

 

関係しています。

 

 

第7チャクラのサハスラーラ

 

チャクラは、頭頂部にあり、霊性で

 

あったり、奉仕精神や神との一体性を

 

示しております。

 

 

 

●チャクラのパワーを高めるためには

 

第1チャクラのムラダーラチャクラの

 

パワーを高めるためには、部屋の

 

片づけをしたり、バランスの良い食事

 

をとったり、やりたいことを我慢せず

 

好きなことをすると良いでしょう。

 

また、瞑想や内観、マインドフルネス

 

などをおこなうと効果が高いです。

 

 

第2チャクラのスヴァディスターナ

 

チャクラのパワーを高めるためには、

 

家族やペットと触れ合ったり、恋人と

 

デートをしたり、何か安心できて

 

楽しいようなことをすると

 

良いでしょう。

 

お洒落をして出かける、また

 

美術鑑賞や音楽鑑賞などをして

 

自分を高める努力をするのも

 

おススメです。

 

もちろん、瞑想や内観、マインド

 

フルネスなどをおこなうと効果が

 

高いです。

 

 

第3チャクラのマニピューラ

 

チャクラのパワーを高めるためには、

 

自分の好きな場所でリラックスして

 

すごし、決して自己否定をしない

 

ことが大切です。

 

自分を大切にする気持ちがこの

 

チャクラを安定させてくれること

 

でしょう。

 

また、瞑想や内観、マインドフルネス

 

などをおこなうと効果が高いです。

 

 

第4チャクラのアナハタチャクラの

 

パワーを高めるためには、当たり前の

 

日常を送ることができることを

 

感謝してください。

 

日常のこまごましたことなどに

 

愚痴が多いような方は要注意です。

 

なんでもない穏やかな日々が幸せ

 

なのだと感じることができれば

 

このチャクラは活性化されること

 

でしょう。

 

赤ちゃんや動物など自分が守って

 

あげなくてはいけないような立場の

 

ものに触れ合い微笑みかけるのも

 

おススメです。

 

また、瞑想や内観、マインドフルネス

 

などをおこなうと効果が高いです。

 

 

第5チャクラのヴィシュダーチャクラ

 

のパワーを高めるためには、何か自分

 

を表現するようなことをしたり、

 

言いたいことを我慢せずに話すように

 

すると良いでしょう。

 

もちろん、瞑想や内観、マインド

 

フルネスなどをおこなうことも

 

効果が高いです。

 

 

 

第6チャクラのアジナーチャクラの

 

パワーを高めるためには、自分に

 

降りかかることに対して肯定的に

 

考えることが大切です。

 

また、イメージする力を鍛えて直感を

 

大切にするようにすると良いでしょう。

 

そして、瞑想や内観、マインドフルネス

 

などをおこなうと効果が高いです。

 

 

第7チャクラのサハスラーラチャクラ

 

を高めるためには、瞑想や内観、

 

マインドフルネスなどをおこなうと

 

効果が高いです。

 

さらには、精神世界を大切にする

 

ことが重要です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

チャクラは、人間が持っている、

 

いわばエネルギーのセンターの

 

ようなものです。

 

 

これらのことを意識することによって、

 

エネルギッシュな、実りのある人生を

 

送ることができるでしょう。

 

(スピリチュアル心理学)

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

宇宙のはじまり
出来事言語から学ぶ
原因と結果の法則(鏡の法則)を理解する
陰陽の法則を理解する
調和とバランスの法則を理解する
生命進化の法則
万物流転の法則
円と周期の法則
エネルギー不滅の法則
代償の法則
慣性の法則
利子の法則
類友の法則
十分の一の原理(古代ユダヤの豊かになる知恵)
思考は現実化する
言葉を発すると再度その言葉を発しないといけない出来事が起きる
物事には7年周期と9年周期がある
今この時、最も必要な環境がつくられている
大切な物事には、単調な作業の繰り返しが多い
この世の中はシーソーゲームである
今後一切心配しないと決意して覚悟を決める
複雑なことは分解して単純にすると解決できる
人生を皆、何度も経験している
役割のある人は時期が来ると世に出てくる
神様は知恵をくれるが行動しないと実現しない
トラブルのある部分がフォーカスされて気になる
時間が早く過ぎることと、そうでないことの違い
お金が貯まらないのはお金の大切さを学ぶ時期
全ての人間には幸せになる権利だけではなくて義務もある
一度失敗したことは改良して二度と繰り返さない
目標を達成するには全てを集中させる必要がある
疑問点をなくしていくのが真の知恵
興味があるのは素質がある証拠
いつも同じ環境にいると価値観が凝り固まる
素晴らしい人や尊敬できる人を徹底的に研究する
自分と他者の魂を成長させ続けると幸せになれる
守護神霊の協力があってこその人生
何でも自分がやれることから一歩ずつ始めていく
自分の持てる力を全て出し切らないと病気や不幸が発生する
困った時や逆境に陥った時に学びの時間がスタートする
真理を理解できる人には真理を教える役目がある
自分がうまくいくと感じることを全部やると運勢が好転する
全力を尽くすと良いことが次々と起こる
他者のため社会のために生きると決意すると全てが変わる
真理には地位を超えて納得させる力がある
根本を放っておいては物事は解決しない
趣味は他者に貢献できるなら仕事になる
天職に至るまでに長い下積み期間がある
人はみな、ライフワークを持っている
夢や希望を失うと人間はやる気を失う
大変だけど楽しかったという人生が最高
不幸や事故、病気は、神の意志から外れたことによる
生きていくのに必要な豊かさ
小さな変化ほど注意が必要
気づいたらすぐ改めると魂が成長できる
やるべきことを行えば、次にすべきことが見えてくる
ことばの恐ろしさを知ることが非常に大切
変化しなければ取り残される
やる気を持続するには、結果が分かるようにする
心の時代の具体的到来
大きな目標を持ち、小さく分けてマイルストーンにする
流行には流されないように注意する
時代に逆らっても仕方がない
良いものに触れる効果は大きい
どんな行いでも後で必ず表に出てくる
使えない知識は持っていても意味がない
一つのことを続けるのはとても難しい
掃除をすると心が綺麗になる
人は学べば学ぶほど謙虚になり素直になる
何回も生まれ変わって才能を磨き上げていく
基準をグンと下げることで人生は楽しくなる
大切にしたものだけが残るようになっている
どんな些細な努力も積み上がると恐ろしい力を発揮する
歴史を振り返ると人生はどんどん良くなってきている
人生の困難は八方塞りだが上だけは開いている
人生は他者に感謝させるゲームと考える
人間は困っている時にこそ本当に学び成長する
義務の生き方から楽しくてワクワクする生き方に変える
せっかく神様が閃きをくれても行動しないと実現できない
困難にぶつかったら魂を成長させれば解決する
困っていないから学ぼうという意欲が湧かない
24時間の使い方が変われば人生も変わる
光を当てると闇は一瞬で消え失せる
神の力なくして人間は一秒たりとも生きられない
口から出る言葉により幸せになるか不幸になるかが決まる
口から発する言葉を変えると人生そのものが変わる
謙虚な心を持ち続けると一生成長し続けることができる
人生においては悩みは決してなくならない
人生はゲームであり遊びであると考えると心が軽くなる
どんな困難も魂を成長させるために発生する
死ぬと終わりと考えていると本当に死んだ時に混乱する
死んだ時は白い光の玉に向かって行くと良い
人生の全ての問題は120%の力を出せば解決する
神様はアイデアやひらめきを通して願いを叶えてくれる
霊魂はどんなことからも学びを得ている
人間は魂が成長できることが一番楽しいと感じる
目の前にいる人にどのように接するかが人生の岐路
恐怖から出た行動は失敗につながっている
つまらない世の中をいかに楽しく考えることができるか
他者の心を明るくしてあげるため、時にお世辞も必要
慌てたり焦ったりしてばかりなら、まだまだ修行が必要
満足と足りるを知った瞬間から幸せになれる
世の中はシンプルで当たり前のことでできている
お金は他者に奉仕した証なので無駄遣いはしてはいけない
面白くない人生を面白く楽しくする工夫が大切
正しい道には苦労が、楽しい道には楽しみが待っている
私達は悩みを解決するために何度も生まれてきている
勇気があるとは震えながらも一歩足を出すこと
何でも何回も練習しないとできないようになっている
自分の気持ちを常に明るく楽しくしているという修行
老後の計画だけでなく来世の計画も立てておく
天が味方している人は寿命が来るまで決して死なない
人生には必ず1回以上の大きな試練が入っている
才能は全て努力からしか培うことはできない
人生の成功は小さな芽から始まり最後に大木になる
死んだということを理解しないと浮遊霊や地縛霊となる
死んだ直後は苦しくないし痛くもない
自分の感情をコントロールできないことは罪である
生じる疑問を全て自分の頭で徹底的につぶしていく
疑問が湧いてもそのままにしておくと先に進めない
若い時は生意気なくらいが丁度いい
失敗しても命まで奪われることはないし再起も可能
過去に囚われず未来に怯えず今を一生懸命に生きる
成功体験が自分に自信を付けてくれる
自分に自信が付くと次の成功体験がやって来る
救世主(メシア)は、すでに日本に誕生している
ラプチャー(携挙)・アセンションは、すでに日本から始まっている
本を読むことにより表現力をつけよう
魂の年齢が若いと経験が少なく分からないことが多い
短命と長命も学びのため
お葬式は霊魂に死を知らせる大切なセレモニーである
真理を一つ理解するたびに魂はレベルアップする
魂の本当の年齢は、みんな同じ年である
人の心を明るくさせることが、どんなに重要であるか
まずは心を掃除しないと心を開くことはできない
一回の人生では全てを経験できないので人は何度も生まれ変わる
年齢を重ねても心だけは若いつもりでいる理由
快適さに満足して停滞してはいけない
人間も成長しないと植物と同じように死んでいく
自分の器が大きくなれば問題は小さくなり解決できる
器が大きくなると問題は問題とさえ感じられなくなる
人生が夢であることに全身全霊で気づくと人生を超越できる
暗い物事の明るい面を追求していくとジョークが発見できる
「若い時の苦労は買ってでもしろ」と言われる真の理由
死はいつ来てもおかしくないので全力で生きる
物事の真の理由を知ると人はワクワクと嬉しくなる
将来何かあった時のために今の時間を使いすぎない
もっと人生を楽しむという気持ちを持つ
あなたが変わらなければ何も変わらない
当たり前と考えると感謝できなくなる
まさかと思える経験が人の役に立つことが多い
心に太陽を思い浮かべ続けると霊位が上昇していく
観察(洞察)こそが正真正銘の偉大な力である
本音で生きると魂が喜び磨かれる
肉体は神様からの借り物なので文句を言ってはいけない
肉体の調子を気遣い健康でいることは大きな学びとなる
魂の進化の観点からは勝ち負けよりもプロセスが大事
魂の進化の観点からは負けも間違いも失敗もない
魂は体験学習のため性転換をして生まれてくることが多い
他者を幸せにしたいなら先に自分が幸せになる必要がある
霊位が上がると心の底から深い喜びが湧き上がる
真の意味では平凡な生活など存在しない
忍耐こそが最も地味でありながら最も重要な美徳である



当サイトの人気カテゴリーランキング