今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


臨床発達心理士

 

 

臨床発達心理士の資格について、

 

見ていくことにしましょう。

 

 

臨書発達心理士とは、

 

一般社団法人である

 

臨床発達心理士認定運営機構

 

認定する民間資格です。

 

 

発達心理学の知識と経験が
 
必要となる資格で、

 

資格申請の際には、

 

次の3つの条件を満たしている

 

必要があります。

 

 

●3つの条件

 

(1)発達心理学隣接諸科学修士課程を修了している。

 

(2)5つの指定科目(1科目4単位)全ての単位を、

 

 大学院の授業または資格認定委員会が開催する

 

 指定科目取得講習会で取得している。

 

(3)200時間以上の臨床実習の経験を有する。

 

 

発達心理学とは、

 

人間が年をとる際の発達的心理変化

 

追求する学問ですが、

 

この分野のスペシャリストとなることが

 

できるのが、この臨床発達心理士という

 

資格です。

 

 

なお、臨床心理士とは、
 
名称が似ていますが

 

別の資格ですので、

 

どうぞご注意ください。

 

 

ちなみに、臨床発達心理士は、

 

文部科学省の

 

スクールカウンセラー任用規定にて、

 

準スクールカウンセラーになれる資格
 
として規定されています。

 

 

したがいまして、

 

準スクールカウンセラーとして、

 

学校内の心理カウンセラー業務に
 
就くことも可能です

 

 

また、臨床発達心理士を取得した
 
後の活躍の場は

 

児童相談所や福祉施設、保健所、

 

保育所、幼稚園、

 

子育て支援センター、通園施設、

 

リハビリテーションセンターなど、

 

非常に多岐に渡ります。

 

 

さらには、盲・ろう・養護学校、

 

特殊学級、適応指導教室、

 

学童保育、障害者施設、作業所、

 

老人病院、老人保健施設、

 

老人ホームなどでも

 

多くの臨床発達心理士が
 
活躍しています

 

 

以上のように、非常に専門性が高く、

 

なかなか権威もあり、

 

社会的にも評価の高い資格ですので

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ



 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ