今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


自分、他者、社会のためになるなら間違いはない(ビジネス心理学)

 

 

 

自分、他者、社会のためになるなら間違いはない

 

 

自分、他者、社会のためになるなら間違いはない

 

ということについて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

仕事をしていますと、本当にこれでいいのか、

 

悩むことが多いです。

 

 

本当に、このやり方でいいのか、

 

本当に、この方向に進んでいっていいのか、

 

いろいろと悩むのが人の常です。

 

 

そんな時、判断の目安となるのが、

 

自分、他者、社会の3者にとって

 

良いことなのかどうかを考えるということです。

 

 

もし、自分、他者、社会の3者にとって、

 

利益となること、良いことであれば、

 

まず、間違いがありません。

 

 

したがいまして、自信を持って、

 

その方向に突き進んでいけばいいのです。

 

 

さらに、神様にも喜んでもらえることであれば、

 

なおよしです。

 

 

神様は、人の魂が成長することを

 

非常に喜ばれます。

 

 

したがいまして、

 

自分、他者、社会の3者にとって、

 

 

良いことであり、さらには、

 

神様にも喜ばれることであれば、

 

決して間違いはないし、

 

成功へとつながる道であるということです。

 

 

もし、仕事をしている時に、

 

方向性に悩んだ時は、

 

ぜひ、上記のことを考えてみてください。

 

 

 

 

 

改良する癖を付けるとどんな仕事もうまくいく

 

 

改良する癖を付けるとどんな仕事もうまくいく

 

ということについて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

どうすれば仕事がうまくいくようになるのか、

 

その答えは、非常にシンプルです。

 

「改良する」ということです。

 

 

最初から仕事がうまくいくことはありません。

 

この社会は、そんなに甘いものではないし、

 

そんなに簡単にうまくいくようには作られていません。

 

 

なぜなら、我々の魂を鍛え上げることが目的で、

 

この地球が作られていますから、

 

人間が苦労して切磋琢磨するように、

 

物事は簡単にはうまくいかないようにできているのです。

 

 

ですから、一発でうまくいくなんて、

 

決して考えてはいけないのです。

 

 

では、一発でうまくいかず、

 

失敗したらどうすればいいのでしょうか。

 

 

これも、答えは簡単です。

 

改良すればいいのです。

 

 

なぜ、うまくいかなかったのか、

 

なぜ、失敗したのかをじっくり検討し、

 

改良して、次は失敗しなければいいのです。

 

 

簡単ですよね。

 

実践は難しいですけど。

 

 

それでも、改良を続けていれば、

 

いずれうまく行きます。

 

 

そう考えますと、失敗するということは、

 

非常にありがたいことであることが分かります。

 

 

失敗するからこそ、

 

改良が必要であることに気づくことができ、

 

改良をすることで、成功できるからです。

 

 

日本で一番のお金持ちである斎藤一人さんは、

 

「経営とは改良業である」と言っています。

 

 

どういうことかと言いますと、

 

経営者は、失敗から学び、

 

絶えず改良し続けることが仕事である

 

ということなのです。

 

 

そして、改良を続けていますと、

 

やがて、失敗しなくなり、

 

成功して莫大な利益を生むことが

 

できるようになるのです。

 

 

もちろん、同じ失敗を何度も繰り返してはいけません。

 

何の成長もないし、それではいつまでたっても

 

成功することがありません。

 

 

そうではなくて、失敗したら、

 

必ず改良を加えるということを癖付けるのです。

 

 

そうすれば、仕事だけでなく、

 

人間関係もうまくいくし、

 

家族関係もうまくいく。

 

 

あらゆる物事がうまくいくようになる

 

ということなのです。

 

 

失敗して改良する、

 

失敗して改良する。

 

 

仕事とは、この連続であるということを

 

覚えておいてください。

 

 

 

 

 

時間を取って面白そうな人と会って話をする習慣を付ける

 

 

時間を取って面白そうな人と会って

 

話をする習慣を付けるということについて、

 

解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

面白いアイデアを見つけるには、

 

どうすればいいかと言いますと、

 

最もいい方法は、面白そうな人と出会って、

 

話をすることです。

 

 

面白そうな人につきましては、

 

いつも面白いことを考えているから、

 

面白そうな人になっています。

 

したがいまして、面白いアイデアの宝庫なのです。

 

 

このような人物は、面白いアイデアが

 

どんどん湧いてくるし、人に教えるのが好きですし、

 

いつも面白いことを追及している人です。

 

 

ですから、面白そうな人と会って話をすると、

 

ものすごい量のアイデアを吸収することができます。

 

 

新聞や雑誌、ホームページやブログなんて、

 

比ではないほど、多くのアイデアをもらうことができます。

 

 

それに、面白そうな人は、

 

アイデアを人に話すのが好きなので、

 

無料でどんどんアイデアをくれます。

 

 

このような人とは、ぜひ仲良くなって、

 

親友になっておくと良いでしょう。

 

 

ちなみに、世の経営者で成功している人というのは、

 

やはり、貴重な時間を使ってでも、

 

人と会って話をするということを心がけています。

 

 

なぜなら、貴重なアイデアというものは、

 

やはり、実際に人と会って話をすることで

 

得られるものであると知っているからです。

 

 

逆に、新聞や雑誌、インターネットなどの情報は、

 

すでに他に知られていますし、どんどんコピーされますし、

 

二次情報、三次情報であるため、

 

アイデアとしての鮮度や価値を失っているものが

 

非常に多いのです。

 

 

したがいまして、仕事で業績を上げ、

 

成功したいのならば、

 

面白そうな人、面白い人に会って話をし、

 

たくさんアイデアをもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

日本で2番目に高い山を知っていますか?

 

 

日本で2番目に高い山を知っていますか?

 

(ビジネス心理学)

 

 

1番は、誰でも答えられますよね。

 

そうです。富士山です。

 

小学生でも答えられる問題です。

 

 

しかし、2番目に高い山はと言いますと

 

意外に知っている人は少ないです。

 

 

実は、日本で2番目に高い山は、

 

北岳(きただけ)なんです。

 

 

標高3,193メートルもあり、

 

結構高い山です。

 

 

山梨県と長野県に挟まった地点の

 

南アルプスに存在します。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

北岳なんて、聞いたことないし、

 

変てこりんな名前だなあと

 

感じたのではないでしょうか。

 

 

このように、何でもそうなんですが、

 

1番はしっかりと記憶されるのですが、

 

それ以外、2番以下は、

 

すぐに忘れられるということを

 

覚えておいてください。

 

 

と言いますか、忘れられる以前に、

 

存在すら知られていないのですから

 

驚きですよね。

 

 

このように、1番目と2番目には、

 

非常に大きな違いがあり、

 

天と地ほどの差があるということなのです。

 

2番目以降は、存在しないと同じです。

 

 

したがいまして、我々が仕事をおこなう上では、

 

何よりも、1番になることを目指してください。

 

 

2番目でいいじゃないかなどとは言わないでください。

 

北岳のように、存在すら知られない状況と

 

なってしまいます。

 

 

そして、覚えてもらえれば、たくさん仕事がやってきて、

 

オファーも多くやってきます。

 

 

逆に、存在すら知られていない状況では、

 

仕事がやってくるわけがありませんから、

 

儲けることも稼ぐことも、社会貢献もできないのです。

 

 

ですから、仕事におきましては、何よりもまず、

 

1番を目指すようにするといいのです。

 

 

もちろん、1番になるのは、非常に大変です。

 

それでも、範囲を狭めれば、

 

1番になれる確率は上がりますよね。

 

 

たとえば、全国で1番が難しいのなら、

 

県内で1番とか、町内で1番でもいいのです。

 

 

分野を絞ってもいいです。

 

とにかく、1番になれば、覚えてもらえるのです。

 

 

したがいまして、ビジネスをおこなう上では、

 

何でもいいので、とにかく1番になって、

 

「私は○○で1番です」という実績を前面に出して、

 

営業活動をおこなっていくといいのです。

 

 

会社でもそうですよね。

 

たとえば、精密ネジなら世界一とか、

 

○○市内では売上ナンバーワンとか、

 

そのようなものを何か持っている会社は、

 

ずっと生き残っていけます。

 

 

なぜなら、1番はしっかりと記憶してもらえるので、

 

仕事が来ますし、お店なら足を運んでくれるからです。

 

 

このように、人間心理におきましては、

 

1番はすぐに覚えてもらえますが、

 

2番以降は、全く覚えてもらえないということを

 

しっかりと念頭に置いて、活動していくべきです。

 

 

仕事で成功したいのなら、

 

とにかく、何かで1番になり、

 

その実績を前面に出して活動してください。

 

 

 

 

 

求人広告の写真は集めたい人のイメージを投影させると良い

 

 

求人広告の写真は、

 

集めたい人のイメージを

 

投影させると良いということに

 

ついて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

求人広告には

 

たいてい会社内の写真や

 

スタッフの写真などが

 

載っております。

 

 

実は、この写真に

 

集めたい人のイメージを

 

投影させておきますと、

 

集めたい人が

 

集まってくるように

 

なります。

 

 

なぜかと言いますと、

 

写真をぱっと見た時に、

 

人間心理においては、

 

自分と同じかどうかを

 

瞬時に判断するからです。

 

 

すなわち、自分と

 

同じカラーなのかどうか、

 

雰囲気的に似ているのか

 

どうかを判断するのです。

 

 

そして、あまりにも

 

自分とかけ離れていたら、

 

ここは違う、やめておこう

 

という心理になって、

 

求人に申し込まないのですね。

 

 

逆に、自分と似た感じの

 

カラーや雰囲気を持った

 

スタッフが写真に載っていたり、

 

職場の雰囲気や写真の

 

イメージが自分に似ていて

 

自分に合っていると感じたら

 

応募してくるのです。

 

 

類は友を呼ぶという

 

ことわざがありますが、

 

似たものは、やはり、

 

集まってくるのですね。

 

 

心理学用語では、

 

「類似性の要因」と

 

言われます。

 

 

人間誰しも、

 

自分に似ている

 

人物や場所に

 

集まっていくのです。

 

 

したがいまして、

 

求人広告に写真を

 

載せるのであれば、

 

集めたい人のイメージを

 

投影した写真を

 

掲載すればいいのです。

 

 

たとえば、

 

真面目な人を集めたいなら、

 

会社で一番真面目な

 

スタッフの写真を掲載したり、

 

スタッフみんなが真面目に

 

仕事をしている写真などを

 

載せればいいのです。

 

 

また、センスのある人を

 

集めたいのなら、

 

センスのあるスタッフの写真や

 

センスのあるイメージを

 

載せたらいいのですね。

 

 

性格が明るい人を
 
集めたいのなら、

 

スタッフの中で一番明るい人の

 

写真であったり、

 

スタッフみんなが笑ってる

 

明るくて楽しい写真などを

 

掲載したら良いのです。

 

 

以上、求人広告の写真は、

 

集めたい人のイメージを

 

投影させると良い

 

というお話でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

ハロー効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
単純接触効果(ザイオンス効果)を仕事に応用する(ビジネス心理学)
アッシュの同調実験を仕事に応用する(ビジネス心理学)
バーナム効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ロー・ボール・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
ドアインザフェイス・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
フットインザドア・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
スティンザー効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
セルフ・ハンディキャッピングを仕事に応用する(ビジネス心理学)
サブリミナル効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ロミオとジュリエット効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ネガティブフレームとポジティブフレームを仕事に応用する(ビジネス心理学)
希少性の原理を仕事に応用する(ビジネス心理学)
カリギュラ効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
リンゲルマン効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ピグマリオン効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
宣言効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
割れ窓理論を仕事に応用する(ビジネス心理学)
返報性の原理を仕事に応用する(ビジネス心理学)
コレクター(収集家)の心理学を仕事に応用する(ビジネス心理学)
食事の席では相手を説得しやすい(ビジネス心理学)
頭がいい人ほどプレッシャーに弱い(仕事の心理学)
経営者や上司は部下がどれだけ伸びるかを見ている
仕事では時に演出やハッタリも必要となる
給料を払う側の人と接する機会を持つメリット
上司はデキル部下を取り込みたいと思っている(ビジネス心理学)
成果を上げるには一点に集中することが大切
これからはプロ中のプロにならないと食べていけない
職場でみんなから尊敬され愛されるよう努力する
管理者に必要な最大の能力はチェック能力
仕事はゲームと考えて数値管理をすると非常に面白くなる
サラリーマンの最大のお客さんは経営者である(ビジネス心理学)
仕事にゲーム性をどんどん取り入れて面白くしよう
仕事で病気になるのは向いていない証拠
注意されて素直に間違いを直す人はどんどん成長する
仕事とは他者が苦手なことを代わりにやってあげること
仕事を選んでいるのではなく仕事に選ばれている
仕事は徹底的にこだわって執着すると面白くなる
一つの物事に執着してこだわることがプロの大前提
収入が増えると嫌なことや大変なことも付いてくる
細かいことを大切にしないと絶対に成功しない
上司は部下の力量を知るのに何年もかかる
困難に直面した時その人物の本当の実力がわかる
仕事に夢中にならない限り大きな成績は残せない
仕事では学校と違ってカンニングが許される
超一流の職人や芸術家は必ず臆病で気弱な面を持っている
自分の意見や考え方は、優れた洞察力から生み出される(ビジネス心理学)
仕事ができない人を攻撃し責め立てる人の心理学
忙しければ忙しいほど仕事のオファーが舞い込む
働く(はたらく)とは傍(はた)を楽(らく)にすること
信用ができれば収入が後からついてくる
重要な会議の前には必ず根回しをしておく
会議では最後に意見を述べた人が最も印象に残り有利になる
数字は言葉よりは信頼できるが鵜呑みにしてはいけない
会議で不満を残さないため反対意見と少数意見を大切にする
お手伝いして協力すると協力者になってもらえる
会議で良いアイデアや鋭い指摘を多く発言すると印象に残る
自由放任主義の上司はセルフコントロールの原理を知っている
外向的な性格の人は周囲に他人がいると仕事がはかどる(ビジネス心理学)
内向的な性格の人は周囲に他人がいないと仕事がはかどる
自由放任主義の上司ほど内面はシビアで厳しい
相手の利害を把握できれば感情操作ができ全てがうまくいく
最初のうちは、とにかく忙しくすることが大切
部下を大切にすれば部下が残る
お客さんを大切にすれば、お客さんが残る
仕事の成功は小さな芽から始まり最後に大木になる(ビジネス心理学)
お客さんが利益を得ることができるように行動する
お客さんが価値を受け取れない物を売ってはいけない
お客さんが利益を得たらリピーターになり紹介してくれる
問題を見て見ぬふりをしている人は衰退していく
問題に真っ正面から向き合う事で人間は成長する
プロとしての自覚を持ち毎日真剣に学び続ける
学ばない人間が成長するはずはなく決して成功しない
仕事においては凡事徹底が成功への早道
自分勝手な部下には相手の立場で考える訓練を徹底する
横暴な上司であっても部下全員の申し入れには屈する
営業マンは内勤女性に好かれていないと仕事がうまくいかない
あまりに態度が悪い部下には解雇もあり得ることを告げる
上司に気に入られたかったら頻繁に報告に行けばいい
君にしか頼めない仕事と言われれば部下は発奮する
裏でコソコソ動く部下には証拠を見つけて恫喝すると良い
マイナス思考で気の弱い部下には褒め続けると良い
パワーハラスメントには反同調行動で対抗する
上司に反論するには質問形式にすると良い
コツコツ真面目に頑張る人より要領のいい人が出世する理由
仕事上のクレームを入れる時の正しい順序(ビジネス心理学)
「後から揉めるのを避けるため」と契約内容を事前に確認する
女性に指示を与える時は口頭か電話でおこなうと良い
地位や役割が人間を作る
一人の人間を上手に使えることが非常に価値がある
部下が一点集中型か同時進行型かを見極めてから指示を出す
パーキンソンの法則と仕事の量の関係
これぐらいできるはずと思って部下に接してはいけない
一つの物事にこだわって徹底的に執着した人だけ成功する
アイデアも知識も実行しなければ何の価値もない
歌手を天命として生まれてきた人は喉を壊すことがない
男性に対しては能力を褒めてあげると効果が大きい
女性に対しては皆に必要とされていると褒めると良い
会社も個人も知名度が最も富につながっていく
長期の計画を持っていると忍耐ができるようになる
仕事においては貸しを作りまくった人が最後に勝つ
過去に存在しても誰もやっていない空白のポジションを探す(ビジネス心理学)
ビジネスの種は日常の色んな所に転がっている
セミナーの後は必ずアンケートを取って参加者心理を満たす
男性がミスした直後に慰めるとプライドを傷つけてしまう
女性がミスして落ち込んでいたら話を聞いて共感してあげる(ビジネス心理学)
仕事において男性は自分の能力不足を最も恐れる
女性は自分が属する共同体全体が良くなる仕事に意欲を見せる
頑固な上司や部下に対しては、まず相手のやり方を受け入れる
女性の上司は部下を叱る時に過去も責めることが多い
常識や価値観のレールから外れないと大成功はできない
男性は昇進や評価がかかった仕事に意欲を見せる
自分に魅力が出て必要とされれば仕事はどんどんやって来る
本当に好きなことを徹底的に突き詰めるとビジネスになる
ビジネスでは参加者意識をくすぐることが大切
常識を超えるスゴイことをすると感動してもらえる
上司は部下に経験から来るコツを教えてあげると良い(ビジネス心理学)
「できない」「無理」と言ってばかりの部下への対処方法
いつも自分が社長ならどうするかを考える(ビジネス心理学)
部下を指導する時は自分のやり方を押し付けない
器が小さい人物の下では器の大きい人物は働けない
セミナーや講演では客に合わせた内輪ネタを交える
会社員は起業を意識して仕事をすると倍速で成長できる
ついに一人勝ちの時代がやってきた
人間は使命をおこなうと輝いて他者に感動を引き起こせる
一分野に徹底的に詳しくなれば専門家として評価される
他者を感動させる仕事ができる人は必ず本人も感動しやすい
他者に気づかせることができる人は必ず本人も気づきやすい
得意分野以外に安易に手を出すと大失敗をやらかす
使命における頑張りは全て必ず報われる
使命をおこなうと多くの評価者と賛同者が現れる
自分の得意分野に集中して真摯に取り組むことで成長できる
人の嫌がる面倒な道に成功がある
上司からの指示を鵜呑みばかりしていると限界が来てしまう
過去の成功にしがみつくと大失敗をしてしまう
心の底から本気で反省しないと何度も同じ失敗をしてしまう
朝の2時間が最も生産性が高いので有意義に使う
人間は知らない分野の内容は専門家の意見を信じ込む
会社に行きたくないと思うと色んな病気や事故が発生する
会議においては一度は発言しないと欲求不満が残る
グループの功績に賞を与えると更に協力的になる
結果が分からないとモチベーションが上がらない
仕事にプライドを付け加えるとやる気が増し不満が減る
仕事を減らされコミュニケーションを断たれると辞職する
人間は未完結の仕事にやる気を燃やす
楽しいグループ活動は仕事のやる気と幸せ感を生み出す
自信を持っているフリをすることが非常に大事
世の中は不況だろうが何だろうが常に優秀な人材を求めている
いつも明るくニコニコしている人は世の中に求められる
仕事はできるが常に不機嫌な人は出世できない



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 電子書籍一覧 オススメ教材 鏡の法則について