今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


上司はデキル部下を取り込みたいと思っている(ビジネス心理学)

 

 

 

上司はデキル部下を取り込みたいと思っている

 

 

上司はデキル部下を取り込みたいと思っている

 

ということについて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

会社組織におきましては、管理者は、

 

そのグループ全体の成果の責任を負っています。

 

 

したがいまして、そのグループが成果を上げれば、

 

そのままその管理者の手柄となり評価が上がります。

 

 

逆に、そのグループの業績が良くなければ、

 

そのまま管理者の責任となり評価が下がります。

 

 

ですので、管理者としては、優秀な部下を

 

何としても手に入れたいと常に考えているのです。

 

 

以上のことから、上司はデキル部下を取り込みたいと

 

常に思っていると考えておくといいでしょう。

 

 

そこで、仕事を上手に遂行して、

 

自分の力を示し、デキル部下と思わせ、

 

あなたの存在感を示しておくといいのです。

 

 

そうしますと、上司から好かれ、

 

何かにつけて、目をかけてくれるようになります。

 

 

目をかけてもらえれば、

 

重要なポストを任せられたり、昇進したり、

 

給料やボーナスも上がっていきます。

 

 

このような状況を、作り出しておきますと、

 

何かあった時や企画を実行する時なども、

 

上司を動かし、協力してもらうことが

 

できるようになります。

 

 

人間は、一人では決して大きな成功を

 

勝ち取ることはできませんから、

 

上司を味方につけておくことは、

 

仕事をする上で、非常に心強い武器

 

なってくれるのです。

 

 

 

 

 

魅せることができないと人を使えない

 

 

魅せることができないと人を使えない

 

ということについて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

人間一人にできることは、

 

限度があり、限界があります。

 

 

一人でどんなに頑張ったって、

 

大人数のプロジェクトには、

 

成果の上でも圧倒的に

 

差を付けられてしまいます。

 

 

したがいまして、仕事をするなら、

 

より多くの人を仲間にし、協力してもらい、

 

みんなでチームを作って

 

取り掛かっていくのがよいのです。

 

 

そして、この社会での成功者と呼ばれる人達は、

 

ほぼ例外なく、人を使うのが非常にうまく、

 

人から好かれ、人が集まってくるような魅力を

 

備えていました。

 

 

人が集まってきて協力してくれるからこそ、

 

一人で仕事をする何倍も何十倍も、

 

時には、何百倍もの成果を上げることが

 

できるようになるのです。

 

 

では、どうすれば、人が集まってきて、

 

協力してくれるのでしょうか。

 

 

それは、もちろん、

 

人を引き付ける魅力を持つということ、

 

すなわち、魅せるということが

 

できるようになればいいのです。

 

 

では、どうすれば、

 

魅せることができるようになるのか。

 

これは、かなり大変なことです。

 

 

なぜなら、人生における生き様や、

 

これまでの経験、体験、実績、

 

心の強さ、大きさ、知恵と勇気など、

 

その人物の総合的なものから発するオーラが、

 

人を魅せる力となるからです。

 

 

したがいまして、平凡と生きていても、

 

なかなか人を魅せることができるようには

 

ならないということを覚えておいてください。

 

 

やはり、挑戦的な人生、

 

いつも何かに挑戦している

 

エキサイティングな人生を歩んでいる人の方が、

 

多くの魅力を醸し出すようになります。

 

 

考えてもみてください。

 

平凡に仕事をして生活をしていて、

 

いつも決まりきったことをして、

 

何も挑戦しない人の話って、

 

何にも面白くないですよね。

 

また、魅力を感じることもありません。

 

 

したがいまして、やはり、

 

まずは自分自身が面白い人生、

 

エキサイティングな人生を

 

歩んでいくことが必要となるということです。

 

 

と言いましても、いきなり、

 

サラリーマンをやめて起業しろとか、

 

いきなりアマゾンの奥地に探検に行けとか、

 

そんなことを言っているわけではありません。

 

 

そうではなくて、人生に少しでも多く、

 

新しいことや挑戦を取り込んでいく

 

ということなのです。

 

 

平凡でつまらない人生は、

 

つまらない人を作り出します。

 

 

逆に、エキサイティングで面白い人生は、

 

面白くて興味深い人を作り出します。

 

 

なぜなら、そのような人は、

 

人生そのものが物語であり、

 

エキサイティングなコンテンツであり、

 

話すこと全てが面白く、

 

活動しているだけで、周囲を魅了するからです。

 

 

以上、まとめますと、

 

成功するには人を動かせないといけない。

 

人を動かすには、魅せることができないといけない。

 

 

魅せることができるようになるには、

 

エキサイティング、かつ、冒険的、挑戦的な

 

人生を送るよう心がけるといいということです。

 

 

 

 

 

男らしい人ほど壮大なスケールの夢と希望を抱く

 

 

男らしい人ほど壮大なスケールの

 

夢と希望を抱くということについて、

 

解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

男らしい人は、

 

本能的に強さに憧れ、

 

出世欲、独占欲など、

 

多くのエネルギーを

 

持っています。

 

 

そして、壮大なスケールの

 

夢と希望を抱く本能を

 

持っております。

 

 

それは、なぜかと言いますと、

 

動物の世界では、

 

最も強くて偉大なオスが、

 

全てのメスを支配する

 

傾向があるのですが、

 

人間にも、そのような動物の

 

本能が引き継がれている

 

からです。

 

 

そのため、男性は、

 

本能的に、最も強くて

 

偉大な存在を目指すように

 

なっているのです。

 

 

人類の祖先を振り返りますと、

 

やはり戦乱の時代が多く、

 

男性は戦乱に

 

駆り出されたのですが、

 

最も強く、偉大で、

 

スケールの大きな夢を

 

達成した男性が、

 

多くの女性を支配し、

 

富や栄誉を独占する光景を

 

ずっと目の当たりに

 

してきました。

 

 

このような歴史においても、

 

男性の本能には、

 

トップになって

 

多くの女性や富、名誉を

 

支配しようとする欲求が

 

刻み込まれてきたのです。

 

 

その結果、現代人においても、

 

男らしい人ほど、本能的に、

 

壮大なスケールの夢と希望を

 

抱いたり、憧れるように
 
なっています。

 

 

ですから、仕事においても、

 

男らしい人ほど、

 

ロマンとスケールの大きさを

 

求めますから、できるだけ、

 

その欲求を満たせる仕事を

 

与えてあげると良いでしょう。

 

 

そうすれば、

 

無我夢中で仕事に取り組み、

 

大きな成果を上げてくれる

 

からです。

 

 

逆に、女らしい人ほど

 

現実的で小さなスケールの

 

夢と希望を抱きます。

 

 

女らしい人ほど

 

壮大でスケールの大きな

 

発想は生まれませんから、

 

仕事を任せたり、

 

指示を与えたりする時は、

 

あまりスケールの

 

大き過ぎる仕事は

 

任せすぎない方が

 

いいかも知れません。

 

 

もちろん、女性でも

 

スケールの大きな夢や

 

野望を抱いている人も

 

いますので、

 

一概には言えませんが、

 

傾向としては、

 

そのようなところが

 

あるのです。

 

 

そして、もちろん、

 

女性にしかできない仕事、

 

女性ならではの仕事も

 

たくさんありますから、

 

男性と女性のどちらが偉いとか

 

どちらが良いという

 

話ではありません。

 

 

男性も女性も

 

どちらも尊い存在ですし、

 

お互いの良さを持っています。

 

 

 

 

 

女性が誰かに相談するのは共感してほしいから

 

 

女性が誰かに相談するのは

 

共感してほしいからということ

 

について、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

女性につきましては、

 

人類が狩猟生活を送っていた

 

時代の名残りで、

 

共同体の安定を乱すことを

 

非常に気にする心理的特徴を

 

持っています。

 

 

また、いつも

 

共同体のメンバーと

 

心を共有できているかを

 

気にしますので、

 

女らしい人ほど、

 

誰かに物事を相談する

 

頻度が多くなります。

 

 

なぜなら、共感してもらって、

 

大丈夫だよと言ってもらって

 

安心したいからです。

 

 

共感してもらうと

 

共同体のメンバーと

 

心を共有できていると感じ、

 

本能が安心するのですね。

 

 

女性が誰かに相談するのは

 

共感してほしいからということを

 

知っておいてください。

 

 

そして、この心理を

 

知っておりますと、

 

男性上司は、女性部下が

 

相談に乗ってほしいと

 

やってきた時に、

 

しっかりと共感して

 

あげないといけないことが

 

お分かりいただけると

 

思います。

 

 

男性は、目的主義であり、

 

目標を達成することを

 

最重要と考えておりますから、

 

女性が相談に来ると、

 

ついつい、ぱぱっと

 

解決策を提示して

 

終わりにしようとします。

 

 

実は、女性が相手だと、

 

これでは、マズイのですね。

 

 

男性部下に対しては、

 

解決策を提示することで

 

満足してもらえますが、

 

女性部下に対しては、

 

もっと共感を示さないと

 

いけないのです。

 

 

もし、共感を示さないと、

 

女性は、相談してみたものの

 

不満が残り、残念な気分に

 

なるのです。

 

 

したがいまして、

 

女性部下が相談に来ましたら、

 

とにかく共感を示すことに

 

全力を尽くすようにしてください。

 

 

 

 

 

長年に渡り一点集中し続けると前人未到の境地に到達できる

 

 

長年に渡り一点集中し続けると

 

前人未到の境地に到達できるという

 

ことについて、解説していきます。

 

(ビジネス心理学)

 

 

前人未到の境地とは、誰も踏み入れた

 

ことのない場所です。

 

 

仕事や趣味において、時々、

 

前人未到の境地に達するすごい人、

 

すなわち、達人が出現します。

 

 

そして、ここで知っておいて

 

いただきたいことは、前人未到の

 

境地に到達した人は、みんな、

 

たった一つのことに長年に渡って

 

一点集中してきたということです。

 

 

たとえば、ラーメンの達人なら、

 

ラーメン一筋に何十年も集中して

 

時間と努力を費やしてきたのです。

 

 

空手の達人であれば、空手だけに

 

何十年も集中して時間をかけて

 

練習してきたのです。

 

 

したがいまして、前人未到の境地に

 

達したいのであれば、一つを選んで

 

ください。

 

 

一つを選んで、他を捨てないと、

 

前人未到の境地には到達できない

 

ということです。

 

 

あれもこれもとやっていては、

 

絶対に大成しません。

 

 

なぜなら、時間には限りがあり、

 

全ての人が1日24時間しか与えられて

 

いないからです。

 

 

たとえば、前人未到の境地に

 

到達するのに3万時間の練習が必要と

 

しましたら、全ての時間を練習に

 

費やさないと間に合わないのです。

 

 

1日8時間練習したとしても、

 

3,750日すなわち約10年くらいは

 

かかる計算です。

 

 

もし、それが、テレビを見たり

 

映画を見たり、TVゲームをしたり
 
友達と毎晩遊びに行ったりして
 
おりましたら、時間が全く足りない
 
のです。

 

 

結局のところ、前人未到の境地に

 

到達したいのであれば、時間を

 

一点集中しないといけないことが

 

ご理解いただけると思います。

 

 

あれやこれやと手を出しすぎる

 

ことが、いかに成功から遠ざかる

 

行為であるかもご理解いただけると

 

思います。

 

 

ちなみに、大リーグのイチロー選手は、

 

ヒットを打って、塁に出ることに

 

一点集中しました。

 

 

ここで面白い点は、野球に一点集中

 

したのではないということです。

 

 

野球では、範囲が広すぎるのですね。

 

野球の中でも、特に、ヒットを打ち

 

塁に出ることに集中したのです。

 

 

したがいまして、一点集中するに

 

しましても、より狭い範囲に集中する

 

方が結果を出せるということも

 

知っておいてください。

 

 

虫眼鏡で太陽の光を集めて

 

紙を燃やす時も、より狭く一点に

 

光を集中させることが出来たら、

 

より速く紙を燃やせます。

 

 

これと同じように、範囲を広げて

 

あれこれ手を出しすぎると失敗するし、

 

範囲を広げすぎても失敗するということ

 

なのです。

 

 

そして、その理由は、人間一人に

 

与えられた時間には限りがあるから

 

ということです。

 

 

また、達人の数がこんなにも少ないのは、

 

一点に集中できる人が少なく、

 

あれやこれやに手を出して失敗する人が

 

多いからです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

ハロー効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
単純接触効果(ザイオンス効果)を仕事に応用する(ビジネス心理学)
アッシュの同調実験を仕事に応用する(ビジネス心理学)
バーナム効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ロー・ボール・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
ドアインザフェイス・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
フットインザドア・テクニックを仕事に応用する(ビジネス心理学)
スティンザー効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
セルフ・ハンディキャッピングを仕事に応用する(ビジネス心理学)
サブリミナル効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ロミオとジュリエット効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ネガティブフレームとポジティブフレームを仕事に応用する(ビジネス心理学)
希少性の原理を仕事に応用する(ビジネス心理学)
カリギュラ効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
リンゲルマン効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
ピグマリオン効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
宣言効果を仕事に応用する(ビジネス心理学)
割れ窓理論を仕事に応用する(ビジネス心理学)
返報性の原理を仕事に応用する(ビジネス心理学)
コレクター(収集家)の心理学を仕事に応用する(ビジネス心理学)
食事の席では相手を説得しやすい(ビジネス心理学)
頭がいい人ほどプレッシャーに弱い(仕事の心理学)
経営者や上司は部下がどれだけ伸びるかを見ている
仕事では時に演出やハッタリも必要となる
自分、他者、社会のためになるなら間違いはない(ビジネス心理学)
給料を払う側の人と接する機会を持つメリット
成果を上げるには一点に集中することが大切
これからはプロ中のプロにならないと食べていけない
職場でみんなから尊敬され愛されるよう努力する
管理者に必要な最大の能力はチェック能力
仕事はゲームと考えて数値管理をすると非常に面白くなる
サラリーマンの最大のお客さんは経営者である(ビジネス心理学)
仕事にゲーム性をどんどん取り入れて面白くしよう
仕事で病気になるのは向いていない証拠
注意されて素直に間違いを直す人はどんどん成長する
仕事とは他者が苦手なことを代わりにやってあげること
仕事を選んでいるのではなく仕事に選ばれている
仕事は徹底的にこだわって執着すると面白くなる
一つの物事に執着してこだわることがプロの大前提
収入が増えると嫌なことや大変なことも付いてくる
細かいことを大切にしないと絶対に成功しない
上司は部下の力量を知るのに何年もかかる
困難に直面した時その人物の本当の実力がわかる
仕事に夢中にならない限り大きな成績は残せない
仕事では学校と違ってカンニングが許される
超一流の職人や芸術家は必ず臆病で気弱な面を持っている
自分の意見や考え方は、優れた洞察力から生み出される(ビジネス心理学)
仕事ができない人を攻撃し責め立てる人の心理学
忙しければ忙しいほど仕事のオファーが舞い込む
働く(はたらく)とは傍(はた)を楽(らく)にすること
信用ができれば収入が後からついてくる
重要な会議の前には必ず根回しをしておく
会議では最後に意見を述べた人が最も印象に残り有利になる
数字は言葉よりは信頼できるが鵜呑みにしてはいけない
会議で不満を残さないため反対意見と少数意見を大切にする
お手伝いして協力すると協力者になってもらえる
会議で良いアイデアや鋭い指摘を多く発言すると印象に残る
自由放任主義の上司はセルフコントロールの原理を知っている
外向的な性格の人は周囲に他人がいると仕事がはかどる(ビジネス心理学)
内向的な性格の人は周囲に他人がいないと仕事がはかどる
自由放任主義の上司ほど内面はシビアで厳しい
相手の利害を把握できれば感情操作ができ全てがうまくいく
最初のうちは、とにかく忙しくすることが大切
部下を大切にすれば部下が残る
お客さんを大切にすれば、お客さんが残る
仕事の成功は小さな芽から始まり最後に大木になる(ビジネス心理学)
お客さんが利益を得ることができるように行動する
お客さんが価値を受け取れない物を売ってはいけない
お客さんが利益を得たらリピーターになり紹介してくれる
問題を見て見ぬふりをしている人は衰退していく
問題に真っ正面から向き合う事で人間は成長する
プロとしての自覚を持ち毎日真剣に学び続ける
学ばない人間が成長するはずはなく決して成功しない
仕事においては凡事徹底が成功への早道
自分勝手な部下には相手の立場で考える訓練を徹底する
横暴な上司であっても部下全員の申し入れには屈する
営業マンは内勤女性に好かれていないと仕事がうまくいかない
あまりに態度が悪い部下には解雇もあり得ることを告げる
上司に気に入られたかったら頻繁に報告に行けばいい
君にしか頼めない仕事と言われれば部下は発奮する
裏でコソコソ動く部下には証拠を見つけて恫喝すると良い
マイナス思考で気の弱い部下には褒め続けると良い
パワーハラスメントには反同調行動で対抗する
上司に反論するには質問形式にすると良い
コツコツ真面目に頑張る人より要領のいい人が出世する理由
仕事上のクレームを入れる時の正しい順序(ビジネス心理学)
「後から揉めるのを避けるため」と契約内容を事前に確認する
女性に指示を与える時は口頭か電話でおこなうと良い
地位や役割が人間を作る
一人の人間を上手に使えることが非常に価値がある
部下が一点集中型か同時進行型かを見極めてから指示を出す
パーキンソンの法則と仕事の量の関係
これぐらいできるはずと思って部下に接してはいけない
一つの物事にこだわって徹底的に執着した人だけ成功する
アイデアも知識も実行しなければ何の価値もない
歌手を天命として生まれてきた人は喉を壊すことがない
男性に対しては能力を褒めてあげると効果が大きい
女性に対しては皆に必要とされていると褒めると良い
会社も個人も知名度が最も富につながっていく
長期の計画を持っていると忍耐ができるようになる
仕事においては貸しを作りまくった人が最後に勝つ
過去に存在しても誰もやっていない空白のポジションを探す(ビジネス心理学)
ビジネスの種は日常の色んな所に転がっている
セミナーの後は必ずアンケートを取って参加者心理を満たす
男性がミスした直後に慰めるとプライドを傷つけてしまう
女性がミスして落ち込んでいたら話を聞いて共感してあげる(ビジネス心理学)
仕事において男性は自分の能力不足を最も恐れる
女性は自分が属する共同体全体が良くなる仕事に意欲を見せる
頑固な上司や部下に対しては、まず相手のやり方を受け入れる
女性の上司は部下を叱る時に過去も責めることが多い
常識や価値観のレールから外れないと大成功はできない
男性は昇進や評価がかかった仕事に意欲を見せる
自分に魅力が出て必要とされれば仕事はどんどんやって来る
本当に好きなことを徹底的に突き詰めるとビジネスになる
ビジネスでは参加者意識をくすぐることが大切
常識を超えるスゴイことをすると感動してもらえる
上司は部下に経験から来るコツを教えてあげると良い(ビジネス心理学)
「できない」「無理」と言ってばかりの部下への対処方法
いつも自分が社長ならどうするかを考える(ビジネス心理学)
部下を指導する時は自分のやり方を押し付けない
器が小さい人物の下では器の大きい人物は働けない
セミナーや講演では客に合わせた内輪ネタを交える
会社員は起業を意識して仕事をすると倍速で成長できる
ついに一人勝ちの時代がやってきた
人間は使命をおこなうと輝いて他者に感動を引き起こせる
一分野に徹底的に詳しくなれば専門家として評価される
他者を感動させる仕事ができる人は必ず本人も感動しやすい
他者に気づかせることができる人は必ず本人も気づきやすい
得意分野以外に安易に手を出すと大失敗をやらかす
使命における頑張りは全て必ず報われる
使命をおこなうと多くの評価者と賛同者が現れる
自分の得意分野に集中して真摯に取り組むことで成長できる
人の嫌がる面倒な道に成功がある
上司からの指示を鵜呑みばかりしていると限界が来てしまう
過去の成功にしがみつくと大失敗をしてしまう
心の底から本気で反省しないと何度も同じ失敗をしてしまう
朝の2時間が最も生産性が高いので有意義に使う
人間は知らない分野の内容は専門家の意見を信じ込む
会社に行きたくないと思うと色んな病気や事故が発生する
会議においては一度は発言しないと欲求不満が残る
グループの功績に賞を与えると更に協力的になる
結果が分からないとモチベーションが上がらない
仕事にプライドを付け加えるとやる気が増し不満が減る
仕事を減らされコミュニケーションを断たれると辞職する
人間は未完結の仕事にやる気を燃やす
楽しいグループ活動は仕事のやる気と幸せ感を生み出す
自信を持っているフリをすることが非常に大事
世の中は不況だろうが何だろうが常に優秀な人材を求めている
いつも明るくニコニコしている人は世の中に求められる
仕事はできるが常に不機嫌な人は出世できない



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 電子書籍一覧 オススメ教材 鏡の法則について