今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


病気における「引き寄せの法則」

 

 

病気における「引き寄せの法則」

 

について、解説していきます。

 

 

引き寄せの法則は万能でありますから、

 

病気を治すこともできます。

 

 

健康のイメージを持つことが

 

何よりも大切です。

 

 

恋愛や、お金なども

 

もちろん大切ですが、

 

人間は健康第一です。

 

 

いくら引き寄せの法則で

 

お金を引き寄せることができて

 

お金があったとしても、

 

いくら大好きな彼氏や彼女が

 

できたとしても、病気で入院していたら

 

人生を楽しむことができませんね。

 

 

近頃は、癌や脳卒中などの病気の他、

 

うつやパニック障害などの心の病気に

 

なる人も増えてきています。

 

 

日本は、先進国で比較的裕福で、

 

何でも手に入る国なのに、逆に心は

 

貧しくなってきているのかもしれません。

 

 

さて、まずは病気にならないように

 

予防することが大切ですが、

 

予防という面では、三食しっかりと

 

栄養のあるものを食べて、よく眠り

 

よく笑う生活をしていれば、

 

ある程度は防ぐことができるでしょう。

 

 

ただ、問題は、気を付けていたとしても

 

病気になってしまった場合です。

 

 

「引き寄せの法則」を使って、

 

なってしまった病気などを治すことは

 

できるのでしょうか。

 

 

まず、私たちは誰でもそうかと

 

思うのですが、普段は健康な人は、

 

「健康でありがたいな」などと

 

思いながら生活をしていないと

 

思います。

 

 

膝が痛い、腰が痛いなど

 

体のどこかに不調が出たり、

 

病気になってはじめて、

 

「健康って当たり前にあることだと

 

 思っていたけれど違うんだな」と

 

いうことに気が付く、なくして

 

初めて分かります。

 

 

「なんでもないようなことが

 

 幸せだったと思う」という歌詞も

 

ありますが、何もない健康な状態は

 

実は大変ありがたく、

 

幸せなことなのです。

 

 

そこで本題です。

 

 

「引き寄せの法則」では、

 

そのなんでもない当たり前の

 

状態に戻るイメージをすると、

 

その状態を現実化してくれるのです。

 

 

どうしても、病気やケガなどを

 

してしまうと、そうならないように、

 

悪化しないようになどと

 

マイナスのイメージを持って

 

しまいがちです。

 

 

自分がなってしまった病気の情報を

 

本やインターネットなどで

 

調べまくるようなことはないでしょうか。

 

 

確かに、病に対抗するための

 

知識は必要ですが、

 

「引き寄せの法則」の考えでは、

 

むやみやたらに情報を集め、

 

その結果、不安を持ってしまう

 

ような場合は、あまりオススメ

 

できません。

 

 

病気やケガをしている状態を

 

やめたい、これ以上悪化することを

 

避けたいなどと思うのではなく、

 

健康であるニュートラルな状態が

 

当たり前なことを思い出してください。

 

 

これから、健康な状態が当たり前に

 

手に入るようなポジティブなイメージを

 

持って、かつて、なんでもないと

 

思っていた健康な状態に戻ることを

 

ありがたく感じる、そんな感覚で

 

健康を引き寄せることに

 

挑戦してみると良いでしょう。

 

 

「病は気から」と言いますが、

 

病気はあなたの心が作っている

 

こともあります。

 

 

あなたが作ってしまった病気は

 

あなたが治せる、最高の名医は

 

自分の中にあるのだと気づくことに

 

よって病気を治すことができるのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ







引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 電子書籍一覧 オススメ教材 鏡の法則について