今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


災害における「引き寄せの法則」

 

 

災害における「引き寄せの法則」

 

について、解説していきます。

 

 

想念やイメージは、必ず現実化

 

しますから、破壊的な想念は

 

非常に危険であり、時に

 

災害をも引き寄せてしまいます。

 

 

近頃は、日本列島だけではなく、

 

世界的に異常気象となってきました。

 

 

猛暑による熱中症や巨大台風、

 

竜巻、豪雨や豪雨による水害、

 

土砂崩れ、地震など、数年前には

 

なかったような異常な気候や

 

災害などに悩まされておられる方も

 

多いかと思います。

 

 

次から次へとおこる災害に、

 

辛い思いをされている方も

 

いらっしゃることでしょう。

 

 

未来に希望が持てずに

 

無気力になってしまった方も

 

おられることでしょう。

 

 

災害がなかった地域の人は、

 

他人事のように思っている方も

 

おられるかもしれませんが、

 

地震大国である日本に住んでいる

 

私たちですから、これからも

 

様々な災害が起こり、

 

遭遇してしまうことが考えられます。

 

 

被害がなかった地域の方たちも、

 

他人事ではなく、「明日は我が身」と

 

いうことを考えておかなくては

 

いけません。

 

 

さて、災害における引き寄せの法則に

 

ついて考えてみましょう。

 

 

猛暑や台風、豪雨、竜巻、地震などの

 

自然災害は、人間の力では

 

どうしようもないように思いますね。

 

 

実は、これらの自然災害は、

 

日本人全体、あるいは、世界人類全体の

 

悪想念やカルマが創り出しているものです。

 

 

また、思い出してみてください。

 

地震が起こって大変な地域などの人に、

 

追い打ちをかけるように水害が

 

起こったりということはないでしょうか。

 

 

水害が起こって後片付けが大変な地域に、

 

追い打ちをかけるように高温が続くなど、

 

何か大変なことが起こってしまった地域で

 

さらに悪いことがおこることは多いものです。

 

 

これは、カルマが噴出するサイクルが

 

あるため、その時期に一気に発生すると

 

いうこともありますし、「引き寄せの法則」にも

 

関係してきます。

 

 

災害などが起こると、どうしても

 

「これ以上悪いことがおこったらどうしよう・・・」

 

「屋根が崩れてビニールシートを

 

 かけているのに雨が降ったらどうしよう・・・」

 

などというように、悪いことがあった場合に、

 

起こると嫌なことばかりを、ついつい考えて

 

しまいがちですよね。

 

 

このような人々の強烈な不安な思いが

 

多ければ多いほど、引き寄せの法則に

 

よって、更なる災害をも引き寄せて

 

しまうのです。

 

 

また、人的な被害としては、

 

リフォームなどの詐欺などにだまされて

 

トラブルになっているようなことも

 

ニュースになっていますよね。

 

 

こういう詐欺などの悪い人や

 

火事場泥棒のような変な人にも

 

遭遇してしまう可能性もあります。

 

 

できれば、このような災害などが

 

起こったとしても、これ以上、

 

起こってしまわないように、

 

悪いことがおこった場合には

 

難しいことだとは思いますが、

 

「命だけでも助かって良かった」とか、

 

「このくらいの災害ですんで良かった」など、

 

辛い時こそマイナス思考をせずに、

 

少しでも良いところを探して、

 

プラス思考やポジティブな言葉を

 

使うことを心がけたいものです。

 

 

また、常日頃から、日本人全体の想念に

 

破壊的なものが含まれておりますと、

 

やはり、破壊的な災害を引き起こし

 

やすくなります。

 

 

世界人類全体の想念に破壊的なものが

 

含まれている場合も、同じです。

 

 

したがいまして、我々一人一人が、

 

穏やかで平和な想念を持ち、

 

破壊的な想念を持たないように

 

なれるよう、レベルアップしていく

 

必要があります。

 

 

 

 









スポンサーリンク




関連コンテンツ







引き寄せの法則オススメ教材






ツイッターやってます






 
トップページ ツイッター 出版物一覧 オススメ教材