今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


子供にとって家族は全ての始まり

 

 

子供にとって家族は全ての始まりです

 

 

どういうことかと言いますと、

 

子供が生まれて、少しずつ大きくなって、

 

自我を形成していく時、

 

全ての判断基準や基盤は、
 
家族から吸収するからです

 

 

平和な家庭で生まれた子供は、

 

平和を基準として物事を

 

判断するようになります。

 

 

暴力的な家庭で生まれた子供は

 

暴力を基準として物事を

 

判断するようになります。

 

 

批判的な家庭で生まれた子供は、

 

批判することを基準として物事を

 

判断するようになります。

 

 

愛情豊かな家庭で生まれた子供は

 

愛情を基準として物事を

 

判断するようになります。

 

 

憎悪に満たされた家庭で
 
生まれた子供は、

 

憎悪を基準として物事を

 

判断するようになります。

 

 

しがいまして、子供が育っていく時の
 
家庭環境が、どれほど

 

大きな影響を与えているのかを、

 

親御さんは、しっかりと認

 

識してほしいのです。

 

 

だからと言って、

 

最高の環境を子供に与えることは
 
難しいです

 

 

経済的な制限もあるでしょうし、

 

それぞれの家庭に事情があるからです。

 

 

しかしながら、最低限、

 

衣食住においては普通の生活をさせてあげて

 

愛情だけは、たっぷりと注いであげてください。

 

 

そうすれば、子供は、

 

すくすくと育ってくれます。

 

 

また、暴力や憎悪、批判や悪口は

 

家庭内からできるだけシャットアウト

 

してください。

 

 

そうしないと、子供が大きくなった時に、

 

暴力的で、憎悪に満たされ、
 
批判や悪口ばかりの人物になり

 

警察のお世話になってしまうことになります。

 

 

上述のように、

 

子供の自我形成期における家庭環境が、

 

いかに大切であるかと言うことを

 

認識してほしいと思います。

 

 

孟母三遷の教え」という

 

中国の故事成語がありますが、

 

あの偉大な孟子の母は、

 

子供の教育には環境が大切と考え、

 

なんと、三回も引越ししています。

 

 

もちろん、時代も国も違いますので、

 

日本の今の時代でも100%完全に

 

当てはまるわけではありませんが、

 

子供の成長にはいい環境が必要」ということは、

 

感じ取っていただけたのではないでしょうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ


関連ページ

子供は親の鏡
家族療法とは何なのか
ミニューチンの構造理論を家族関係に活かす
家族の愛に包まれて育った子供は世界に愛をばらまく
励まされて育った子供は自信を持つ
公明正大な家庭で育った子供は正義心を持つ
認めてもらえる家庭で育った子供は自分を大事にする
寛大な家庭で育った子供は我慢強くなる
批判ばかり受けて育った子供は批判ばかりするようになる
冷やかされて育った子供は、はにかみ屋になる
敵意に満ちて育った子供は誰とでも争うようになる
ねたまれて育った子供は罪悪感に悩まされるようになる
日本の子供は外国と比べて家事を手伝わない
洗濯機、掃除機、炊飯器が女性を解放した
家事を手伝わなくなったことの弊害
結婚は最も効果がある人生修行
一番手がかかった子に最終的に親は面倒をみてもらう
親からのマイナスの言葉は聞き流すと良い
家族間で協力体制をきちんと結んでおく
カルマを解消できないと家族として生まれ変わりやすい
家族を大切にすれば家族が残る
子供が生まれるとパパママと呼び合う夫婦の心理学
子供が生まれても呼び名が変わらない夫婦の心理学
広い意味では人類は全て家族である
口うるさい姑(しゅうと)との家族関係の心理学
亭主関白とかかあ天下の家族関係の心理学
抱きしめるとオキシトシンが出てストレスが減り幸福感が増す

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ