今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


抱きしめるとオキシトシンが出てストレスが減り幸福感が増す

 

 

抱きしめるとオキシトシンが出て

 

ストレスが減り幸福感が増す

 

ということについて、解説して

 

いきます。

 

 

人間の心理は、多分に脳内ホルモンの

 

影響を受けており、人間の感情も、

 

脳内ホルモンに支配されております。

 

 

したがいまして、家族関係をよくする

 

ためには、脳内ホルモンの影響に

 

ついても学んでおく必要があるでしょう。

 

 

脳内ホルモンの中でも、

 

オキシトシンは、幸せホルモン、

 

愛情ホルモンと呼ばれておりまして、

 

脳の視床下部で作られ、下垂体後葉

 

から分泌されるホルモンです。

 

 

このホルモンは、幸せ感を高める

 

すごい力を持っていて、ストレスを

 

軽減する作用も持っています。

 

 

そして、人間は、抱きしめられるほど、

 

オキシトシンが多く分泌されますので、

 

幸せ感を高めたいのなら、できるだけ、

 

抱きしめてあげたらいいのです。

 

 

もちろん、家族関係においても、

 

できるだけ多く、家族を抱きしめると

 

良いでしょう。

 

 

そうしましたら、お互いに幸せな

 

気分になれますし、ストレスも

 

軽減され、ハッピー状態に

 

なれるのです。

 

 

家族関係であれば、まずは、自分の

 

子供たちを、たくさんたくさん

 

抱きしめてあげると良いでしょう。

 

 

抱きしめてあげればあげるほど、

 

子供は幸せを感じてくれます。

 

 

また、夫婦も互いにできるだけ多く、

 

抱きしめあったらいいでしょう。

 

 

幸せな夫婦というものは、やはり、

 

抱きしめあう回数が多いものです。

 

 

自分の親に対しては、なかなか

 

恥ずかしいという人も多いですが、

 

気にならないのであれば、親を

 

抱きしめる機会もあっていいでしょう。

 

 

海外では、ハグという良い習慣が

 

ありますから、自分の親に対しても

 

気兼ねなく抱きしめますが、

 

この習慣は、ぜひ、日本にも

 

浸透してほしいところですね。

 

 

いずれにしましても、家族関係にて、

 

お互いが抱きしめあえる回数を

 

増やすことによって、幸せ感覚が

 

どんどん増加して、ストレスも

 

軽減されるということです。

 

 

まさに、いいことづくめの行動が、

 

「抱きしめる」という行動であった

 

のです。

 

 

家族が仲良く和気あいあいと

 

過ごしていくには、このような工夫も

 

必要になるということを知っておいて

 

ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ


関連ページ

子供は親の鏡
家族療法とは何なのか
子供にとって家族は全ての始まり
ミニューチンの構造理論を家族関係に活かす
家族の愛に包まれて育った子供は世界に愛をばらまく
励まされて育った子供は自信を持つ
公明正大な家庭で育った子供は正義心を持つ
認めてもらえる家庭で育った子供は自分を大事にする
寛大な家庭で育った子供は我慢強くなる
批判ばかり受けて育った子供は批判ばかりするようになる
冷やかされて育った子供は、はにかみ屋になる
敵意に満ちて育った子供は誰とでも争うようになる
ねたまれて育った子供は罪悪感に悩まされるようになる
日本の子供は外国と比べて家事を手伝わない
洗濯機、掃除機、炊飯器が女性を解放した
家事を手伝わなくなったことの弊害
結婚は最も効果がある人生修行
一番手がかかった子に最終的に親は面倒をみてもらう
親からのマイナスの言葉は聞き流すと良い
家族間で協力体制をきちんと結んでおく
カルマを解消できないと家族として生まれ変わりやすい
家族を大切にすれば家族が残る
子供が生まれるとパパママと呼び合う夫婦の心理学
子供が生まれても呼び名が変わらない夫婦の心理学
広い意味では人類は全て家族である
口うるさい姑(しゅうと)との家族関係の心理学
亭主関白とかかあ天下の家族関係の心理学

 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ