今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


些細な事で幸せな気持ちになる才能を磨くのが幸福への近道(幸福論とは&幸福感の心理学)

 

 

些細な事で幸せな気持ちになる

 

才能を磨くのが幸福への近道

 

ということについて、解説していきます。

 

(幸福論とは&幸福感の心理学)

 

 

幸せな気持ちや幸福感って、

 

人によって全く必要条件が

 

異なります。

 

 

価値観の違いにより、何を

 

手に入れたら幸せな気持ちに

 

なるのかが変わってくるのです。

 

 

幸福論とは何かと言いますと、

 

どうすれば幸福になれるか、

 

何が幸福なのかを論ずることです。

 

 

でも、幸福論は、各人で

 

大きく異なってきます。

 

 

それは、人により、幸福の基準や

 

条件が異なるからです。

 

 

でも、突き詰めて考えますと、

 

幸せな人生とは何なのかと言えば、

 

24時間365日のうち、何時間、

 

幸せな気持ちでいられたか、

 

幸福感を感じていられたか

 

ということです。

 

 

もし、全ての時間、幸せな気持ちで

 

いられたのなら、完全なる幸せな

 

人生となります。

 

 

まあ、全ての時間を幸せな気持ち

 

でいるのは、さすがに困難ですが、

 

幸せな気持ちでいられる時間を

 

増やすと、より幸せになるのです。

 

 

そして、些細なことで幸せな気持ち

 

になれる才能を持っている人は、

 

幸せな時間が非常に多くなりますし、

 

幸福になる近道であります。

 

 

ですから、些細な事に幸せの種を

 

見つけて、感動し、幸福感を感じ、

 

感謝できるようになれば良いと

 

いうことであります。

 

 

これが、幸福になるための

 

心理学と言えるでしょう。

 

 

些細な事に幸福感を感じられず、

 

逆に、大金持ちになれないと

 

幸せではない、美人と結婚

 

できなければ幸せではない、

 

スターになって有名人にならないと

 

幸せではないなどと考えている人は、

 

幸せな時間は少ないです。

 

 

なぜなら、簡単には大金持ちには

 

なれないし、美人と結婚もできないし、

 

スターになって有名にもなれない

 

からです。

 

 

そのようなことを追い求めていても、

 

達成できずに一生を終えてしまう

 

場合も多々あります。

 

 

そうではなくて、日常のほんの

 

些細なことで幸せを感じることが

 

できる人であれば、一日中、

 

幸せな気持ちでいることも

 

可能となるのです。

 

 

たとえば、「今日も一日生きることが

 

できました」と感謝し、幸せを感じる

 

ことができれば、生きているだけで

 

幸せとなります。

 

 

たとえば、食事があり、住むところが

 

あって、家族がいるということでも

 

感謝し幸福を感じられる才能があれば、

 

いつだって幸せに生きていけるのです。

 

 

また、ここが非常に重要なことで

 

ありますが、常に心の中が幸せな

 

気持ちで満たされていると、

 

鏡の法則の作用により、本当に

 

幸せな出来事が次から次へと

 

現れるようになってきます。

 

 

したがいまして、つねに幸福感を

 

保っていられるよう、才能を磨き、

 

心を訓練していく必要があると

 

いうことです。

 

 

と言いましても、無理にでも

 

幸福を感じるようになれと

 

いうわけではありません。

 

 

幸せは、無理強いできるもの

 

ではありませんからね。

 

 

そうではなくて、世界に対する

 

理解を深めていくようにすれば、

 

あらゆる物事が奇跡であり、

 

感謝すべきことであり、

 

幸せなことであることを理解

 

できるようになります。

 

 

そして、自然と、

 

些細な事でも幸福感を

 

感じられるようになっていくのです。

 

 

まず、何よりも、この地球上に

 

生まれてくることができたという奇跡に

 

感謝する必要があるでしょう。

 

 

全宇宙に何千兆と存在する

 

魂達のうち、わずか数十憶の

 

魂だけが、地球に生まれてこれた

 

のですから、その倍率の

 

すさまじいことが分かるでしょう。

 

 

そして、この肉体で喜びや痛みを

 

感じて体験できることが、いかに

 

魂にとって貴重なことであるかが

 

理解できれば、日常の些細な事に

 

対する感謝の気持ちや幸せを

 

感じる気持ちが湧きあがるかと

 

思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク








関連コンテンツ




関連ページ

幸福は外からやってくるものではなく内からやってくる(幸福心理学)
内面が幸福であると外界も幸福な環境になっていく(幸福心理学)
常に幸せなイメージを持ち続けると幸せになる(幸福心理学)
常に幸せな言葉を言っていると幸せになる(幸福心理学)
人間関係の円滑さも幸せには重要である(幸福心理学)
経済的な豊かさも幸せには重要な要素となる(幸福心理学)
寄付すると精神的&物質的豊かさを手に入れやすくなる(幸福心理学)
鏡の法則を理解することは幸福への早道(幸福心理学)
天から与えられた使命を全うすると幸せになれる(幸福心理学)
日々の仕事に全力を尽くし他者に奉仕すると幸せになれる(幸福心理学)
徳を積むことで幸せな気持ちが増大する(幸福心理学)
徳を積み霊位霊格を上げることで幸福感が増大する(幸福心理学)
争いは極力避けることが幸せな生活には欠かせない(幸福心理学)
他者を幸せにすることができれば自分も幸せになれる(幸福心理学)
他者に奉仕した時の喜びは幸せな人生には欠かせない(幸福心理学)
ソウルメイトと出会えば幸せ感は急激に増大する(幸福心理学)
結局のところ幸せは自分の気持ちの持ちようである(幸福心理学)
自分が不幸だと言ったり思ったりする人は幸福にはなれない(幸福心理学)
他者にかける言葉に注意すると幸せ感が増大する(幸福心理学)
大好きなことをやり続けると非常に幸せな人生となる(幸福心理学)
他者の悪口を言うと不幸が引き寄せられる(幸福心理学)
愚痴ばかり言っていると幸福になれない(幸福心理学)
他者をいじめたり他者を攻撃ばかりする人は不幸になる(幸福心理学)
世の中に恐怖や不安を広めたら徳を失い不幸になる(幸福心理学)
世の中に真実と安心、笑いと明るさを広めると幸せになれる(幸福心理学)
内観や瞑想をおこなうと内面から幸福になれる(幸福心理学)



引き寄せの法則オススメ教材




 
トップページ 出版物一覧 オススメ教材 鏡の法則について