今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


醜形恐怖症の心理学(症状&克服法)

 

 

醜形恐怖症の心理学について、

 

紹介していきます。

 

 

醜形恐怖症につきましては、

 

身体醜形障害とも呼ばれ、

 

自分の姿形を醜いと思い、
 
醜さに異常な恐怖を感じるという
 
症状です。

 

 

特に、女性に発症することが
 
多いのですが、

 

自分の体のある部分を

 

異常なほどに醜いと感じて、

 

悩み続けるのです。

 

 

太りすぎ、痩せすぎから始まり、

 

鼻が高すぎる、低すぎる、

 

背が高すぎる、低すぎる、

 

顔がきれいじゃない、

 

口が歪んでいるなど、

 

ありとあらゆる部分に醜さを感じ、
 
深刻に悩むのです

 

 

そして、ひどい場合は、

 

外出するのをやめて
 
引きこもったり、

 

自らの命を絶とうと

 

する人までいます。

 

 

また、自分の容姿の醜い部分が

 

気になって仕方がないため、

 

整形手術を繰り返し、
 
丸で別人のように
 
なってしまう人もいます。

 

 

外見心理学の視点から見ると、

 

確かに、女性は、
 
容姿で判断される割合が
 
非常に多いです。

 

 

これは、事実ですので、

 

やはり実生活で

 

実際に肌で感じますから、

 

「醜くてはいけない」、
 
「醜いのは悪だ」と
 
思い込むように
 
なってしまうのです。

 

 

また、テレビや映画などで
 
出てくる女優さんは、
 
美人ばかりですし、

 

コマーシャルなどにも、

 

美人ばかりが出てきますので、

 

目が美人に慣れてしまっています。

 

 

そして、その後に鏡を見ると、

 

ギャップのあまりの大きさに、

 

自分の容姿があまりにも醜いと

 

感じてしまうことも多いのです。

 

 

ですが、

 

テレビや映画に出てくる人は、

 

選ばれた何%かの人たちであり、

 

特別な人たちであるということを

 

忘れないでほしいと思います。

 

 

何万人に1人という狭き門を
 
突破してきた美人達なのです。

 

 

なお、醜顔恐怖症の原因に

 

つきましては、

 

幼少期に容姿について
 
親に言われたひどい言葉や、

 

思春期に友達や好きな人に
 
言われた言葉などに
 
大きなショックを受けて、

 

精神的外傷(トラウマ)に

 

なってしまっていることが

 

多いです。

 

 

また、整形手術を受けても、
 
思ったように変身できない
 
ことが多いため、

 

何度も何度も整形手術を

 

やり直して、

 

ついには人間味のない

 

別人のような顔になり、

 

もうどうすることも

 

できなくなって

 

しまうこともあります。

 

 

したがいまして、

 

整形手術をしても
 
醜顔恐怖症は治らないことを

 

まずは知ってください。

 

 

そして、幼少時、もしくは、
 
思春期の時に言われた言葉が
 
本当なのかを確かめてほしいと

 

思います。

 

 

なぜなら、

 

容姿に対する見方など、
 
100人いれば
 
100通りありますし、

 

人それぞれ好みがあり、

 

全員から同じように

 

見られているのでは

 

ないからです。

 

 

それに、日本人には、

 

目が悪く、視力が
 
低い人も結構いますし、

 

そのような人には、

 

外見はぼんやりとしか

 

映っていません。

 

 

そこで、周囲の人に、
 
「私の容姿って、どう思う?」と
 
聞いてみてください。
 

 

そうしましたら、人により、

 

「まあまあ」とか、

 

「いいと思うよ」とか、

 

「美人ではないね」とか、

 

色々言ってくると思いますが、

 

面と向かって「醜い!」と
 
言ってくる人は、

 

まず、いないでしょう。

 

 

でも、ここで気付いてほしいのは、

 

人それぞれ感じ方が違うし、

 

みんながみんな、同じように

 

同じ部分を醜いと思うなんて

 

ことはないということです。

 

 

また、容姿だけが重要とは
 
考えないでほしいと思います。
 

 

確かに、女性は容姿で

 

判断されることが多いです。

 

 

しかしながら、内面の魅力もまた、

 

相手を魅了するものだからです。

 

 

そして、心を磨くことで、
 
内面の魅力が出てきて、

 

容姿に関係なしに異性に

 

モテるようになるという事実を

 

知ってください。

 

 

また、容姿がイマイチということは、

 

内面を磨きなさいという神様からの

 

重要なメッセージと考えてください。

 

 

ですので、容姿はイマイチなのに、
 
異性にモテる人と仲良くなって、

 

色んな話を聞くといいです。

 

 

そのような人の話を聞くことで、

 

カルチャーショックを

 

受けることでしょう。

 

 

インナービューティと申しますか、
 
内観や瞑想をおこなうことで、

 

内面から輝きが出てきますから、

 

容姿がどうであれ、

 

人気が出てきますし、

 

周囲から重宝されるように

 

なっていきます。

 

 

やはり、最終的には、
 
このことを理解しない限り、

 

根本的な解決にはならないと

 

言えるでしょう。

 

 

なお、内観や瞑想については、

 

当ポータルサイトの

 

内観と瞑想の心理学」という

 

カテゴリーに記事がありますので、

 

興味があれば、お読みください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




関連コンテンツ



 
トップページ 電子書籍一覧 鏡の法則について あなたを進化させる 積徳のすすめ