今すぐ使える新時代の心理学講座~日常・仕事・恋愛・学校・スポーツで今日明日から使える実践技術~


相手のメールの文章と長さを合わせると調和が取れる

 

 

相手のメールの文章と長さを

 

合わせると調和が取れるということに

 

ついて、解説していきます。

 

 

人間心理においては、相手に合わせ、

 

同調すれば、良好な関係を築くことが

 

できます。

 

 

逆に、相手にさからい、同調しない

 

言動をおこなえば、相手を怒らせ、

 

関係を壊すことができます。

 

 

そして、この心理テクニックに

 

つきましては、メールの文章の

 

やりとりでも使えます。

 

 

メールのやりとりにおきましても、

 

相手の文章の長さ、頻度、文調など、

 

様々な要素を相手に合わせて

 

同調すれば、うまくいくということ

 

であります。

 

 

具体的に言えば、相手のメールが

 

長ければ、こちらも長めのメールを

 

返せば良いし、相手が頻繁にメールを

 

送ってくるなら、こちらも頻繁に

 

メールを送ると、相手に好感を

 

持ってもらえるということです。

 

 

また、相手が堅い文章を送ってくる

 

のであれば、こちらも堅い文章を

 

送れば良いし、相手が陽気な文章

 

送ってくるのであれば、こちらも

 

陽気な文章を送れば良いのです。

 

 

相手に同調することで、相手に好感を

 

持ってもらえる心理テクニックは、

 

メールのやりとりでも使えると

 

いうことです。

 

 

ちなみに、メールの相手と遠ざかり

 

たかったり、もともと敵対関係に

 

あったり、仲を悪くしたかったり

 

するならば、逆に、相手に同調

 

しなければ良いということです。

 

 

すなわち、相手の文章の長さ、頻度、

 

文調など、様々な要素を相手と反対に
 
して、非同調の態度を貫けば良いと

 

いうことです。

 

 

 

 









スポンサーリンク




関連コンテンツ







引き寄せの法則オススメ教材






ツイッターやってます






 
トップページ ツイッター 出版物一覧 オススメ教材